この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

敵は中国なり―日本は台湾と同盟を結べ 単行本 – 2000/11

5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

商品説明

「台湾に亡命したい」直木賞作家、深田祐介と「リップンチェンシン(日本精神)」の台湾人女性、金美齢が交互に展開する台湾・中国・日本論である。
「正しい歴史認識」と「罪の償い」を唱え続ける中国の論理に納得し、「日中友好」と「ひとつの中国」を疑わない戦後日本のパラダイムに立てば、2人の中国脅威論は政治的バイアスのかかった危険思想と映るかもしれない。しかし、そうした与件をひとまずどけ、金が台湾人の実感で語る旧日本の台湾経営と「中華思想」なるものの実態に虚心に耳を傾けてみると、いままで見えていなかったものが見えてくる。たとえば、台湾人が生活倫理として信じているという「リップンチェンシン」である。敗戦で日本人が引き揚げた後、「台湾の民衆の間で自然発生的に生まれた」この言葉を、どれだけの日本人が知っていただろうか。日本人の後にやってきた中国人の非道を恨む台湾の人たちが、日本の植民地時代を懐かしんで言いだした「日本精神」は今も生きていて、「日本精神で経営している店だから信用できる」というように使われている。これに対して、「中国式」は「ルーズ」「無責任」「欺瞞」を表す言葉だそうである(第4章「台湾で生きている日本精神」)。「台湾にとって幸せだったのは日本から理想主義者が来たことである」(李登輝元総統が深田に語った言葉)という歴史認識も耳新しい。
中国を「日台共同の敵」とする考え方に異論があるにしても、私たちの先人が台湾の歴史に刻んだ業績を「犯罪」として片付けることの傲慢さを思い知らされる本である。(伊藤延司)

内容(「BOOK」データベースより)

日中友好という卑屈外交を即刻やめよ。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 245ページ
  • 出版社: 光文社 (2000/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4334972837
  • ISBN-13: 978-4334972837
  • 発売日: 2000/11
  • 梱包サイズ: 17.6 x 11.4 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,512,115位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.3
他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(3)

トップカスタマーレビュー

2005年8月23日
形式: 単行本
0コメント| 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年9月19日
形式: 単行本
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2017年2月5日
形式: 単行本|Amazonで購入
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。台湾 古書