ポイント: 39pt  (1%)  詳細はこちら
無料配送: 5月14日 金曜日 詳細を見る
最も早いお届け日: 本日
6 時間 39 分 以内に注文した場合.
詳細を見る
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元 Amazon.co.jp
販売元 Amazon.co.jp
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
数量化革命 がカートに入りました
+ ¥350 配送料
お届け日 (配送料: ¥350 ): 5月15日 - 16日 詳細を見る
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: ▲ 外観:多少使用感、スレキズ・薄汚れ・薄ヤケ少々
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

数量化革命 (日本語) 単行本 – 2003/10/29

5つ星のうち4.5 14個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥3,850
¥3,850 ¥2,240
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 数量化革命
  • +
  • 科学の発見
総額: ¥5,995
ポイントの合計: 60pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

ヨーロッパ帝国主義が比類なき成功をおさめたのはなぜか?理由のひとつは、科学革命に先立つ中世・ルネサンス期に、人々の世界観や思考様式が、宗教的なものから普遍的・効率的なものに変化していたことだと著者は言う。数字、機械時計から楽譜、遠近法まで、幅広い分野に目配りしながら、そうした変化をもたらした数量化・視覚化という革命を跡づけてゆく西欧精神史。

内容(「MARC」データベースより)

数字、暦、機械時計、地図、貨幣、楽譜、遠近法、複式簿記…。ヨーロッパ帝国主義を成功に導いた、数量化・視覚化という世界観の革命。その変化を跡づけてゆく西欧精神史。

登録情報

  • 出版社 : 紀伊国屋書店 (2003/10/29)
  • 発売日 : 2003/10/29
  • 言語 : 日本語
  • 単行本 : 352ページ
  • ISBN-10 : 4314009500
  • ISBN-13 : 978-4314009508
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.5 14個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.5
星5つ中の4.5
14 件のグローバル評価
星5つ
70%
星4つ
20%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ
9%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

上位レビュー、対象国: 日本

2019年1月14日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年9月8日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2014年9月4日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
VINEメンバー
2009年5月6日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
カスタマー画像
5つ星のうち5.0 心の考古学
ユーザー名: しらま、日付: 2009年5月6日
歴史学者の手による本だが、歴史学という呼び名には収まらない。西ヨーロッパ人が数量化・視覚化という手段を手にするまでの経緯を示した「認識史」とでも呼ぶべきものである。「心の考古学」と言ってもいい。具体的には、時間、空間、絵画、音楽、数学、会計が取り上げられている。これらの領域では、程度や様式の差異こそあれ、底流する認識的基盤そのものは歴史的に見て比較的静的なものに思えるだろう。しかし中世ヨーロッパの人々にとっては、現実世界は時と場所と立場によって差異のある不均質なものであり、数は単に量を表すものではなくそれ自身がある種の特殊性を持つものであった。時間も重さも何もかも正確に測られることはなかったし、その必要もなかったらしい。

そうした世界観が、どのようにしてルネサンスや科学革命をもたらすにまで飛躍したのか。著者はそれを、信仰上・商業上の必要性と、神学におけるプラトンの再発見に求めている。中世は暗黒時代とよく言われるが、実際には行商人や両替商や神学者が、技術と数学の発達を伴いながら後の飛躍のための準備を着々と進めていた時代だったようだ。浅学ながら、複式簿記の発明者パチョーリは初めて知ったが、実践上の認識を発達させたという意味で、理念上の哲人であったアクィナスと並び称されていいのではないかと個人的に思う。

今日、われわれが「西洋的」と称するものの見方は近代西ヨーロッパのそれであって、それ以前は東洋のそれと比べてもそう変わるものではなかったようだ。数百年後・数千年後に同種の本が著される時、未来人の目に現代人の認識はどのような面で奇妙に映るのだろうか。いずれにせよ、人間の認識の歴史的・文化的側面を知る上で貴重な資料である。
このレビューの画像
カスタマー画像
カスタマー画像
16人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年9月16日に日本でレビュー済み
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2004年8月24日に日本でレビュー済み
30人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
ベスト500レビュアー
2016年9月3日に日本でレビュー済み
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
ベスト1000レビュアーVINEメンバー
2005年5月8日に日本でレビュー済み
40人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告