通常配送無料 詳細
通常1~4週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 2002年1版6刷・帯なし。カバー(上下部にヨレ+折れ線+汚れ+スレ破れ+凹み傷)に多少のヨレ・スレ+本自体にしなり+小口&天地等に汚れと焼け等+ページに潰れ跡+軽めの使用感ありますが年代の割りに綺麗な方だと思います。ご注文確認後、迅速に対応してメール便でお届けいたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

数学的経験 単行本 – 1986/12

5つ星のうち 4.0 3件のカスタマーレビュー

その他(10)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 5,184
¥ 5,184 ¥ 2,185
ペーパーバック
"もう一度試してください。"
¥ 2,296 ¥ 1,795

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 数学的経験
  • +
  • 百頭女 (河出文庫)
総額: ¥6,264
ポイントの合計: 189pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



ニーア オートマタ 美術記録集 ≪廃墟都市調査報告書≫
ヨルハ部隊員達が旅する世界をアートとともにめぐるワールドガイド 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

数とは何か,集合とは何か,数学の証明とは何か,数学における直観とは何かなどといった事柄を親しみやすく解説した数学が見える本.

内容(「BOOK」データベースより)

数学とは何か?どの様に作られ、発展され、使われるのだろう?本書は高い水準を保ちながら、これらの問いを発し、それに自ら答えようとする極めて興味深い読物であり、すべての現代人へのメッセージとなっている。原著は、全米図書賞、科学賞授賞。6ヵ国語に翻訳され、好評ロングセラー中。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 436ページ
  • 出版社: 森北出版 (1986/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4627052103
  • ISBN-13: 978-4627052109
  • 発売日: 1986/12
  • 商品パッケージの寸法: 21.4 x 15.2 x 3.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 173,027位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 tomomori トップ100レビュアー 投稿日 2014/8/14
形式: ペーパーバック Amazonで購入
出版社の謳い文句に「the educated lay reader向け」とかあるが、いやー、どうかなー。著者氏たちは明らかに数学者向けに書いてるようなんだが。本書は数学本として有名な古典。数学科の学生さんなど、ご興味があったらどうぞ。
400頁ほどの本書だが、半分くらいは数学哲学なので、ワタシのようなシロートでもちゃんと入れるし、深いし、感動する。数学プラトン主義を追いかけて本書に迷い込んだ数学無能力者である私には、残り半分はチンプンカンプンであるが。数学プラトン主義とは、「数学は人間意識とは無関係に存在する」という考えで、哲学界ではかなり劣勢の立場の方々。その代表格がクルト・ゲーデルだ。一方、「数学はあくまで人間意識の産物」だと断じたのがウィトゲンシュタインで、まあ、こちらが勝った、と見ていい。哲学界では、ほぼ完勝かも。で、私は当の数学者たちの考えが知りたかった。本書は「数学者は全員がプラトン主義者だ」と挑戦的なほどに堂々と書いている。おお、形而上学の荒野の最後の用心棒。ならばウィトゲンシュタイン存命中に闘えば良かったのに、とシロートは思うのだが、しかし数学者はわざわざ辛い思いをしてまで眼光鋭い有名哲学者と闘ったりはしないのだな。そんなエネルギーがあったら数学に向ける。
初期のバートランド・ラッセルがプラトン主義者だったと本書でちゃんと指摘されてもいる。クルト
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
数学に関するエッセイ集。やや哲学的か。
「数学の書物ではなく、数学についての書物である。やむなくいくらかの数学を含まねばならなかったが」とのこと。
数学の実質や哲学、数学的知識がいかにして抽出されるか、数学とコンピューターはどう関わっていくかなどを歴史や人物伝などを軽く、幅広く交え語ってゆく。
数学に関わる人や数学に興味のある人なら面白く読めるのではないだろうか。
ある程度数学史や前提知識、読み進める意欲がないと所々難しい。
そして翻訳が逐語的な直訳でかなり読みづらい部分が多く読書欲を削がれる。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2002/2/5
形式: 単行本
この本の中には数学的な考えが詰まっていると私は思う。またそれは日常生活の中にも生かす事が出きるようにも思う。結構値段のはる本ではあるが読んでみる価値は充分に有る。これにあわせて他の数学に関する本も読んでみると数学と言うものが高校の授業よりも面白く感じられる。先生の話す根拠の無い説明を聞くよりも本を読む事の方が理解しやすく、教科書を見るよりも面白い。そう思わせる本でした。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す