通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
数学ガール 下 (MFコミックス フラッパーシリー... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

数学ガール 下 (MFコミックス フラッパーシリーズ) コミック – 2009/7/23

5つ星のうち 4.0 12件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 637
¥ 637 ¥ 1

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 数学ガール 下 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
  • +
  • 数学ガール 上 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
  • +
  • 数学ガール フェルマーの最終定理1 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
総額: ¥1,911
ポイントの合計: 60pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

登録情報

  • コミック: 183ページ
  • 出版社: メディアファクトリー (2009/7/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4840125864
  • ISBN-13: 978-4840125864
  • 発売日: 2009/7/23
  • 商品パッケージの寸法: 17.8 x 12.8 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 12件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 レボリューショナリウエルス トップ1000レビュアー 投稿日 2015/10/14
形式: コミック Amazonで購入
原作は読まずにコミック版から入りました。

上巻は中学高校レベルの数学ベースでしたが、下巻は受験数学の数論(代数)でここまで出したら凄いな、って感じのレベルです。学校数学だとすっ飛ばす母関数の概念というかイメージを、ページを割いて表現しようとしている所は好感が持てました。

上巻で出てくるミルカさんの不可思議なレキャラ設定は、理系萌えで販売促進狙いなのか?と思ってました。ただ、下巻を最後まで読んだところで、オイラーの名前が出てきました。あとがきに、次はフェルマー、その次はゲーテルの話だとありました。ガウスは出てこないんだーと思ったんですが、「数学は科学の女王であり、数論は数学の女王である」というガウスの言葉から、ミルカさんのキャラ設定はガウスの象徴? という側面もあるのかなと思わなくもないですが、深読みしすぎの気もしています。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Amazon Customer VINE メンバー 投稿日 2009/7/24
形式: コミック
結城浩のジュブナイル数学小説を漫画化したもの。絵の感じは、あまり好みじゃないと思ったんだけど、予想以上に小説の雰囲気を維持していた。

取り上げられているフィボナッチ数列なんてほとんど分らないけど、主人公の高校生三人が数学の楽しさ、美しさに魅かれる気持ちがよく分る。

難しい問題を自分で解いた時の達成感。パズルと一緒で答えを知ることが目的ではなく、解く行為、プロセスにこそ喜びを感じる。

結城浩のあとがきに、小説の第3作を執筆中という記載があった。それも楽しみだが、このコミックの続編も読みたい。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 さゆり VINE メンバー 投稿日 2012/5/29
形式: コミック Amazonで購入
上巻でのラストが、あーいう形だったので

もっとミルカさんと「僕」の距離が縮むと思ってたんですが

そうはならなかったようです。意味深な終わり方で。

数学部分の内容は、もうさっぱりわかりません。展開式はわかるけど。

フェボナッチ数列をきっちりnに関して閉じた関数にしたミルカさんも凄いけど。

第100項まで手計算したテトラちゃんも凄い。

そして最終的に振り返ってみると、この「上下巻」は、オイラーの定理に関係する話だったわけですね。

以後、フェルマーの最終定理、ゲーデルの不完全性定理というふうにサブタイトルがついて

どの数学者の功績をテーマにしてるかが、わかりやすくなった感じですね。

で、ミルカさんも、テトラちゃんも「僕」に恋してる感じなので(読めばわかると思いますが)

最終的に、どちらを選ぶみたいな話にはならずに終了します。

そこで自分が「僕」だったら、どうするかなぁ、と妄想してみたり。

やはり知的でメガネ美人のミルカさんを嫁にして

テトラちゃんは、親に頼んで養子縁組してもらって「妹」になってもらう、という
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
本書は「萌える数学本」としてベストセラーになっている「数学ガール」を漫画化したもので、「数学ガール 上」の続編です。原作のシーンを適宜切り取って漫画化した感じです。主な感想...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック