通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数学ガール/乱択アルゴリズム (数学ガールシリーズ... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバー付き。カバーに使用に伴う擦れが若干あります。一読したところ、内部に書き込み、焼け、破れはありませんが、完全なチェックができませんので、見落としの可能性があります。少しでも見落としが気になる方は、他の方からの購入をお願い申し上げます。中古本として問題なく読める状態です。商品はクリスタルパックで丁寧に梱包して迅速に発送させていただきます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

数学ガール/乱択アルゴリズム (数学ガールシリーズ 4) 単行本 – 2011/2/26

5つ星のうち 4.5 13件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,052
¥ 2,052 ¥ 1,100
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 数学ガール/乱択アルゴリズム (数学ガールシリーズ 4)
  • +
  • 数学ガール/ガロア理論 (数学ガールシリーズ 5)
  • +
  • 数学ガール/ゲーデルの不完全性定理 (数学ガールシリーズ 3)
総額: ¥6,048
ポイントの合計: 183pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

商品の説明

内容紹介

待望の第四弾、ついに刊行!!

数学書としては異例のベストセラーとなった「数学ガール」シリーズの第四弾です。
今回のテーマは、乱択アルゴリズムです。私たちは、乱数や確率を用いることで、
未来への確定的な予測を行ったり、複雑な解析をシンプルにすることができます。

本書では、こうしたランダムの力が生み出す世界を、
純粋数学的な側面とプログラム的な側面の両方から解説し、乱択アルゴリズムの理解を目指します。
コンピュータの得意な新入生リサが登場し、彼らの淡い恋に新たな進展も見られます。
シリーズの読者はもちろん、数学に関心のある読者に最良の一冊です。

----------------------
●登場人物紹介

「僕」
高校二年生、語り手。
数学、特に数式が好き。

ユーリ
中学二年生、「僕」の従妹。
栗色のポニーテール。論理的な思考が好き。

テトラちゃん
高校一年生、いつも張り切っている《元気少女》。
ショートカットで、大きな目がチャームポイント。

ミルカさん
高校二年生、数学が得意な《饒舌才媛》。
長い黒髪にメタルフレームの眼鏡。


「僕」の母親。

瑞谷女史
「僕」の高校に勤務する司書の先生。
----------------------

出版社からのコメント

【シリーズ累計40万部突破! 】
【2014年度日本数学会出版賞受賞! 】

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 480ページ
  • 出版社: SBクリエイティブ (2011/2/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 479736100X
  • ISBN-13: 978-4797361001
  • 発売日: 2011/2/26
  • 梱包サイズ: 21 x 14.6 x 3.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 13件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 65,766位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
独特の語り口で物語を読むようによめた。

特徴の或ある著作
シリーズものにしたことがよい
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
 私は大学の数学科に入ったけれど挫折して、今はプログラマーみたいな仕事をしています。今となっては全部忘れてしまいましたが、ゼミでは確率論を勉強しました。

 この本では基本的な部分がくわしく説明されおり、最終章の「乱択アルゴリズム」の解説や評価まで無理なく理解できます。アルゴリズムの解析についても大変ていねいに説明されており、実際にステップ数を計算しているので、アルゴリズムのオーダーなどについて知らない人には大変有益です。

 この本のいろいろな所でも述べられているように、数学で大切なことは、数式が意味することを、自分なりに具体的な例やイメージを作って理解することだと思います。この本を読み終わって、プログラミングのためにも、もう一度、確率論を勉強しなおしてみたくなりました。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
 数学ガールも本作で4作目。amazonの検索で「数学」と打ち込むと、この本が一番最初に検索されます。スゴイ。
 決して易しい内容ではない本書が、これだけ売れているということは驚きです。

 当方高校で数学を教えているのですが、結城氏の本からは教員として多くのことを学びました。
 教育現場ではしばしば、「難しいことを簡単に教えられる教員が優秀だ」と言われるのですが、これは必ずしも正しいわけではありません。難しいことはやはり難しいことなのであり、それを簡単に説明しようと思うと、ある程度の「端折り」が必要です。それはオイシイ所取りの学習の導入としては有効かもしれませんが、そうして得た知識は所詮浅く不正確なものです。
 面白いトピックを取り上げた数学書は沢山ありますが(142857×2=? など)、結果のみを見せて、「はい、面白いね」で終わっているものが少なくありません。その点結城氏の本は「なぜそうなるのか」というプロセスをできるだけ正確に説明しようとしています。加えて、それが一方的な説明でなく、馴染み易い言葉を使って、我々が理解に到達するまでじっと待ってくれます。
 結果や公式だけで「分かったつもり」になるより、式と式との繋がりや、その式の背景にあるものを感じられた方が、問題を解く喜びはひとしおです。
 
 結城氏の本は内容も然ることながら、「学びの姿勢」を知るのに良い一冊であると思います。
 
コメント 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
シリーズ第四巻です。第一巻が楽しかったので、それから毎巻読んでます。第二巻、三巻は題材に土台無理があったのか、
それぞれ後半は読むのが辛かったのですが、今巻は割と最後まですんなり読めると思いました。
巻を重ねるごとに本の厚さが厚くなってますが、図や式にスペースを割いてるだけで、難しい内容が詰まってるわけじゃないです。
アルゴリズム以外は、理系ならば高校〜大学の教養科目レベルの確率と線形代数ですかね。懐かしかったです。
本書でのアルゴリズムは、有名なやつが取り上げられているので、少しプログラミングをやったことがあるならそのオーダーまで知っているでしょう。
そのオーダーを実際にアルゴリズム解析して導いてみようという目標で、それが乱択アルゴリズムだと確率が絡んでくるわけです。
確率が絡むアルゴリズムの正しさをどう評価するのかが一番の見所だと思います。

スターリングの近似はやったことがあるのかないのか記憶が曖昧ですが(笑)、
個人的には見覚えのある問題が多かったので物語ばかり追ってました。
ストーリーの出来は置いといて、主人公たちが青春してるって感じで良いんじゃないでしょうか。
なにより問題に直面して悩んで、考えて、理解に至るってプロセスが良いですね。その分冗長になりますが。
...続きを読む ›
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 結城さんの数学ガールのシリーズはどの本も、数学を本格的に勉強していなくても、普通では理解不可能な現代の数学の世界を、高校生(高校卒業程度の力の人)にもわかりやすく導いていってくれます。この本では、パソコンのプログラムの理論を利用して、NP問題へのアプローチを紹介してくれています(たぶん?)。
 私には、数学の内容はなんとなくでしかわからないのですが、魅力的な登場人物が、高校生の微妙な揺れる心情を見事に表現しているところが、単なる数学の入門書にはないこのシリーズの魅力だと思います。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー