通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数学ガール/フェルマーの最終定理 (数学ガールシリ... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
コンディション: 中古品: 良い
コメント: Amazon倉庫より24時間以内に発送。送料無料・保証付。概ね良好です。書き込みはありません(細かな見落としはご容赦頂ければ幸いです)。amazonが管理していますので、在庫切れキャンセルはありません。除菌クリーニング済みです。現品限りです。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

数学ガール/フェルマーの最終定理 (数学ガールシリーズ 2) 単行本 – 2008/7/30

5つ星のうち 4.3 20件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,944
¥ 1,944 ¥ 714
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 数学ガール/フェルマーの最終定理 (数学ガールシリーズ 2)
  • +
  • 数学ガール (数学ガールシリーズ 1)
  • +
  • 数学ガール/ゲーデルの不完全性定理 (数学ガールシリーズ 3)
総額: ¥5,832
ポイントの合計: 177pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「数学史上最大の難問」に挑む待望の第2弾

オイラー生誕300年記念として2007年6月に刊行された、数学読み物『数学ガール』の続編です。
今回のメインテーマは、「フェルマーの最終定理」。
《この証明を書くには、この余白は狭すぎる》という思わせぶりなフェルマーのメモが、
数学者たちに最大の謎を投げかけたのは17世紀のこと。
誰にでも理解できるのに、350年以上ものあいだ、誰にも解けなかった、
この数学史上最大の問題が「フェルマーの最終定理」です。
20世紀の最後にワイルズが成し遂げたその証明では、
現代までのすべての数学の成果が投入されなければなりませんでした。

本書『数学ガール/フェルマーの最終定理』では、ワイルズが行った証明の意義を理解するため、
初等整数論から楕円曲線までの広範囲な題材を軽やかなステップで駆け抜けます。

本書で取り扱う題材は、
「ピタゴラスの定理」「素因数分解」「最大公約数」「最小公倍数」「互いに素」といった基本的なものから、
「背理法」「公理と定理」「複素平面」「剰余」「群・環・体」「楕円曲線」まで、多岐にわたります。
数学が苦手な読者は「わかんない」が口癖のユーリと歩んでください。
数学が得意な読者はミルカさんの魅惑的な講義にチャレンジ。
いっしょに問題を考えたり、数学的な議論を繰り広げたり、
そして数学的な話題がいつのまにか日常生活に関連していたり……。
重層的に入り組んだ物語構造は、どんな理解度の読者でも退屈することはありません。

数学読み物として、青春物語として、そして《教えること》と《学ぶこと》の意味を考える教育書として、
本書はさまざまな読書の喜びを読者に提供するでしょう。

----------------------
●登場人物紹介

「僕」
高校二年生、語り手。
数学、特に数式が好き。

ユーリ
中学二年生、「僕」の従妹。
栗色のポニーテール。論理的な思考が好き。

テトラちゃん
高校一年生、いつも張り切っている《元気少女》。
ショートカットで、大きな目がチャームポイント。

ミルカさん
高校二年生、数学が得意な《饒舌才媛》。
長い黒髪にメタルフレームの眼鏡。


「僕」の母親。

瑞谷女史
「僕」の高校に勤務する司書の先生。
----------------------

出版社からのコメント

【シリーズ累計40万部突破! 】
【2014年度日本数学会出版賞受賞! 】

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 368ページ
  • 出版社: SBクリエイティブ (2008/7/30)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4797345268
  • ISBN-13: 978-4797345261
  • 発売日: 2008/7/30
  • 梱包サイズ: 20.8 x 15 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 20件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 74,209位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
2晩で一気に読みました(2時間×2=4時間程度)。このような数学の題材を一気に読ませる著者の筆力に脱帽します。女の子たちの言動にドキドキ・ワクワクしながら、"フェルマーの最終定理"に関係する数学の"肝"が自然に分かるようになっています。(フェルマーの最終定理の証明に関する詳細は"軽やかにスキップ"されていますが、証明の道具立て・論理構成は分かる仕組みになっています) 女の子たちにも数学にも萌える主人公("僕")に感情移入しました。「大学への数学」レベルの数学に興味のある読者(高校生以上)なら楽しく読めます。前著(数学ガール)を読んでなくとも読めるように構成されています。時折出てくる難しい言葉に戸惑うかもしれませんが、"ユーリ"や"テトラ"がその読者の戸惑いを代弁し、主人公やミルカさんがその疑問に上手く答えていますので、ご安心を。読み終えると、代数(数式)と幾何(図形)の架け橋が頭の中に掛っていることにお気づきになることでしょう。数学って楽しい("数楽")ですね。(^-^)v
主人公がテトラに数学を教えている様子を読むと、自分が高校生の時に同級生(女子)に数学を教えていた時のことを思い出し、ページをめくる毎に甘酸っぱい青春時代の思い出がフツフツと湧き上がってくる思いでした。「○○クン、どうしてこんなこと思いつくの?」と本書のテトラ/ユーリのような質問をよく投げかけられたも
...続きを読む ›
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
高校生の男女の恋愛小説?をベースにしつつ、内容は数学書です。
フェルマーの最終定理の証明を理解するために必要な数学的な知識(素数、剰余と合同、群・環・体、オイラーの公式、フライ曲線、etc)や証明の手法(背理法、無限降下法)を会話形式いや式展開を交えながら読めます。
基礎的な数学から応用問題へ反転しく方法、そして証明の途中を省略しない説明があって数学書として非常に親切。
大学で数学科にいた人は少し冗長に感じるかもしれませんが、一般の人はこれほど分かりやすい数学書をあまり見たことがないでしょう。
高校や大学の時に手に取りたかった一冊です。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
結城 浩には、品がある。本書でも氏の品がにじみ出ている。

筆者の他の書籍では、
主にプログラミング言語の啓蒙書らで知っていたが、
それら書籍でも、誠実にひとつひとつ丁寧に内容を噛んで含めるように、
そして諭すようにちょっとずつ解説していく様子が非常に好感が持てた。

そうして、読者を決して置いてけぼりにしない。
わかりやすいが、内容自体は、決して簡単ではない。

そうした態度が本書でも貫かれている。
本書を読む前と後とでは、数式に態度がめっきり変わっている自分に気づく。

「数式」を前に、
わからない、なんだか難しそう、という、先入観で捉える前に、
ひとつひとつ実直に、まずは、数式を読んでみよう、と思える。

正直、主人公と女生徒とのやり取りの「萌え」部分については、
免疫が無いせいか、かなり面食らって、「(このやりとりは)果たして必要か」
という気にもなったが、
本書を読み進める上で、スパイス、というか甘みとなっているのは確かだろう。
(この甘味がなければ、より無味乾燥であったかもしれない。
 そういう意味で、本書にはふさわしい味付けだったろう。
 筆
...続きを読む ›
コメント 72人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
数学は純粋な学問で、あくまでも理論でひたすら追求すべき存在。だが、出来上がったモノに何を感じるかは個人の自由。
そしてそれをあぶり出すように書くのも書物の自由。
この本だけではフェルマーの最終定理がわかったとは言えない。だけど、そのエッセンスはふんだんに散りばめられている。
これ以上に理解したいなら専門書に進めばいいし、この本の内容ですら理解が厳しいなら、何十回と読み書きすればいい。
立派な数学の勉強じゃないか。どんな本でも素晴らしい勉強になると思うけどな。まして読みやすいのだから、全く問題はないかと。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 鈴木一義 投稿日 2016/3/9
形式: 単行本 Amazonで購入
数時間前に届いたばかり。読みやすいけど、易しいとえ言えない内容だと思う。頑張って最後まで読みすすめたい。昨年数学検定準1級に合格した小学2年生の子の部屋にあったということで話題になったということなので、もっと簡単かというとそうではないなという印象だ。考えが甘いということか・・・
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー