通常配送無料 詳細
一時的に在庫切れ; 入荷時期は未定です。 在庫状況について
注文確定後、入荷時期が確定次第、お届け予定日をEメールでお知らせします。万が一、入荷できないことが判明した場合、やむを得ず、ご注文をキャンセルさせていただくことがあります。商品の代金は発送時に請求いたします。
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆状態は概ね良好です。中古ですので多少の使用感がありますが、品質には十分に注意して販売しております。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

数学ガール ゲーデルの不完全性定理1 (MFコミックス アライブシリーズ) コミックス – 2011/4/23

5つ星のうち 4.2 6件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 566
¥ 566 ¥ 1
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


この商品には新版があります:

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 数学ガール ゲーデルの不完全性定理1 (MFコミックス アライブシリーズ)
  • +
  • 数学ガール ゲーデルの不完全性定理 2 (MFコミックス アライブシリーズ)
  • +
  • 数学ガール フェルマーの最終定理 3 (フラッパーコミックス)
総額: ¥1,769
ポイントの合計: 56pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

人気シリーズ『数学ガール』の第三弾がついにコミック化! 繊細な筆致で少年少女の揺れ動く心を描く名手・茉崎ミユキが、数学と青春を融合させて数学の世界に誘う人気シリーズ『数学ガール』を描いたとき、読者は美少女たちとの淡い青春に心動かされながら、知らぬ間に「ゲーデルの不完全性定理」の世界に足を踏み入れる。新感覚青春物語、誕生。


登録情報

  • コミック: 160ページ
  • 出版社: メディアファクトリー (2011/4/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4840137889
  • ISBN-13: 978-4840137881
  • 発売日: 2011/4/23
  • 梱包サイズ: 17.8 x 13 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック Amazonで購入
一作目、二作目の作家さんのより、正直言って数学的内容の理解度では下です。説明が圧倒的に少ない。
もしかして、スタンスがストーリー重視になっている?とはいえ、重要視するほどのストーリーでもないと思いますが・・・。
雰囲気だけで数学部分をスルーするには惜しいくらい良い「お題」なので、実にもったいないですね。
やっぱりページ制限がきついのでしょうか。

キャラクターの親密度で言えばより親しみやすい絵柄とも言えますが、ちょっと年齢層が下っぽくて表情もオーバー気味なので、
テトラちゃんならともかくミルカさんだとイメージが随分砕けすぎてしまう気がします。
数式や論理も唐突で説明が不充分なので「なるほどこいつは面白い」的な数学の興奮があまりありません。これが一番の不満点。
ここがきちんとしていないとコミカライズの意味はないと思うんですが・・・。

一作目は、粗末な絵でしたが挿絵だと割り切れば読めなくもなかったですし、原作本を読むよりは楽でした。60点かな。
二作目は、画力も充分で数学的内容の説明バランスも良かったのですが、一部どうしてもページ制限のためか数式だけになって
しまうページがありました。残念。80点。
今作は、感情表現が似合う親しみのある絵柄でストーリーに重
...続きを読む ›
1 コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
「理系最強の萌え」で話題になっているベストセラー小説「数学ガール」のコミカライズ。

裏面の「ネコウサの定理」という論理クイズ、最初はオリジナル要素かな?と感じましたが、原作の導入で出てきた帽子クイズをアレンジしているようですね。このような原作への愛情を感じる引用やアイデアが多く嬉しいです。原作の大筋を損なわずに漫画作品としてのストーリー起伏も加わり視覚的に楽しめる工夫が随所に仕込まれています。

絵の雰囲気は表紙を見て良いと感じられたら中身は期待を裏切らない可愛い作画で安心です。
後輩テトラちゃんが表情豊かで愛らしく描かれておりミルカさん派でしたが心が揺れます。ですが最後のミルカさんのあの表情で続く、なんて…。

勉強・発見することの楽しさに出会える作品として、是非、現役学生さんにも読んで欲しい一冊です。
こんな可愛い漫画から数学の楽しさに触れられていたら、私も人生変わっていたかも…と思ってしまいます。

私は数学の美しさや学ぶことの楽しさを教えてくれた原作のファンですが、数学パートを全ては理解できなかったのも事実です。この漫画の難易度なら「数学ガール」世界を苦手意識を感じることなく体感できると思います。気に入ったら原作小説版に読み進むもよし、他のコミカライズと読み比べるもよし、「
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 さゆり VINE メンバー 投稿日 2012/6/9
形式: コミック Amazonで購入
数学ガール、フェルマーの最終定理、本巻と、すべて描き手が違いますが

この作品でのキャラクターの描き方が今のところ一番気に入ってます。

ミルカさん=スレンダーでメガネ美人

テトラちゃん=ロリフェイスで巨乳で安産型(笑)

ユーリ=妹系

という感じですが、3人とも可愛くなってます。

テトラちゃんに惚れ直しました。

さて、今回のテーマはゲーデルの不完全性定理ということで

全2巻ですが、1巻目では、まず「無限」「極限」を扱うところまでで終わります。

印象としては、ミルカさんが(性格が)丸くなった感じ。

テトラちゃんが突っ走る感じ。ユーリはジェラシーの塊(笑)

フェルマーの最終定理でユーリは二人とも会ってますが

根本的に世界観が同じで、パラレルワールドなので

この巻でも、ユーリとミルカさん&テトラちゃんは「初対面」のところから始まります。

これは良作だと思う。2巻でどうやってゲーデルの不完全性定理にたどり着くか楽しみ。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告