通常配送無料 詳細
通常1~4週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

数学ガール ゲーデルの不完全性定理 2 (MFコミックス アライブシリーズ) コミックス – 2012/1/23

5つ星のうち 5.0 4件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 566
¥ 566 ¥ 1
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 数学ガール ゲーデルの不完全性定理 2 (MFコミックス アライブシリーズ)
  • +
  • 数学ガール ゲーデルの不完全性定理1 (MFコミックス アライブシリーズ)
  • +
  • 数学ガール フェルマーの最終定理 2 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
総額: ¥1,769
ポイントの合計: 56pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

登録情報

  • コミック: 150ページ
  • 出版社: メディアファクトリー (2012/1/23)
  • ISBN-10: 4840140960
  • ISBN-13: 978-4840140966
  • 発売日: 2012/1/23
  • 梱包サイズ: 18 x 12.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
4
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(4)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック Amazonで購入
僕もゲーデル本を何冊か書いていますが、このコミックには脱帽です。
コミックの持つちからが文章を越えるのだと、これを見て初めて理解しました。
#若い人には当たり前なのでしょうが、僕は年寄りなものですから。(^^;)

1,2巻のうち、特に2巻が圧巻です。テーマパークとしての
形式系、数学の樹、僕のココロの中のイメージを、まるでお願いして
描いてもらったかのような絵に驚くとともに、やはり、若い世代には、
これが生活実感としてあるに違いないと確信しました。

まあ、こういうメンドクサイことはこのコミックの多くの読者には、
「どうでも良いこと」でしょう。不完全性定理を数学の定理として理解でき
るのは、比較的少数の数学的・論理学的能力のある人に限られてしまい
ます。しかし、それでよいのです。そういう理解は特殊能力のある人たち
に任せておけばよいことなのです。多くの人たちとって大切なことは、
そういう技術的細部の理解ではなく、このコミックが見事に再現している、
この定理にまつわるキモチを、素敵なストーリーを通して「楽しむ」
ことだと僕は考えます。
コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
結城浩の名作数学学園青春小説(?!)「数学ガール」の第三弾、「ゲーデルの不完全性定理」のコミック化。この第二巻で完結したけど、原作の雰囲気をよく出していて、とっても良かったと思う。

もちろん、原作自体は読んだんだけど、文系の私にはかなり難しいテーマ。コミック化されたこの本も、ところどころで解説はあるんだけど、ほとんどついていけなかったが、この小説もコミックも必ずしも数学が完璧に理解できなくても楽しめるところがすごい。むしろ、私のような数学素人にも数学という学問の楽しさを教えてくれるいい本だった。

このコミックも、原作の良さはそのままに生かしつつ、さらに「絵」を通じて、よりイメージを膨らまさせてくれた。数学ガールはいくつか他にも違う著者によってコミカライズされているが、この本で描かれたミルカさんが一番私のイメージに近くて、好みだった。

できれば、この著者によって、他の作品もコミック化してもらいたいものだ。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 さゆり VINE メンバー 投稿日 2012/6/14
形式: コミック Amazonで購入
まず先に大事なことを。

ゲーデルの不完全性定理は、この漫画を読んだだけで理解できる人は普通は居ないと思います。

何故なら、途中で長い証明を演出上カットしているからです。

本気で理解したいなら原作(小説)の方を読んで、さらに興味がでたら数学書を買って読むといいでしょう。

さて本編ですが、1巻の続きなので、1巻の最後の遊園地のシーンはユーリの妄想だったことがハッキリします。

(遊園地のシーンから始まるので)

何よりもミルカさんが飛び級でアメリカの大学に留学しちゃって居なくなるとこに至るまでは

テトラちゃんが大活躍してます。

そして最後は2年後、テトラちゃんが卒業するシーンで、最後の1ページは涙が出ました。

このシリーズではコミカライズする描き手が毎回別人なので画風が異なるんですが

このゲーテル版の3人娘(それとエィエィ)が一番可愛く描けてますね。

一口に美少女と言っても、ミルカさんの場合「美しい」と捉えるか「可愛い」と捉えるかで

画風も変わるんでしょうね。

でもなんだかんだいって、私はテトラちゃん派。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
ここまでわかっていたら数学に挫折しなかったかなぁ。数学と詩的な関係を垣間見る。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告