通常配送無料 詳細
残り8点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数学ガールの秘密ノート/式とグラフ がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【良い】カバー:スレ、ふちヨレ、小ヤケがありますが、読む分には問題ありません。アルコール除菌済!帯無し。通常24時間以内に配送業者に出荷致しまして配送となります。迅速丁寧な対応を心掛けております。 配送方法:日本郵政ゆうメール。当店より追跡は出来ますが、追跡番号はありませんので、追跡が御必要になった場合は当店まで御連絡頂きますよう宜しくお願い致します。また、配送期間につきましてAmazonが自動で左記の期間を表示しておりますが、通常発送日より4日以内に到着しております。日曜・祝日での御配送は致しておりませんのでご了承下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

数学ガールの秘密ノート/式とグラフ 単行本 – 2013/7/16

5つ星のうち 3.6 11件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,296
¥ 1,296 ¥ 621

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 数学ガールの秘密ノート/式とグラフ
  • +
  • 数学ガールの秘密ノート/整数で遊ぼう
  • +
  • 数学ガールの秘密ノート/丸い三角関数
総額: ¥4,428
ポイントの合計: 134pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

『数学ガール』の新シリーズ誕生!

新シリーズ『数学ガールの秘密ノート』の第一作です。
「僕」と三人の少女(ミルカさん、テトラちゃん、ユーリ)が、家と学校で、楽しい数学トークを繰り広げます。
中学・高校レベルの数学が中心ですが、
やさしい数学の中にも思いがけない発見があります。
各章の最後に掲載した「問題」を解くことで、読者は自分の理解を確認し、実力を高めることができます。
この『数学ガールの秘密ノート』シリーズで数学の基礎を固め、『数学ガール』シリーズにチャレンジしましょう。

----------------------
●登場人物紹介

「僕」
高校二年生、語り手。
数学、特に数式が好き。

ユーリ
中学二年生、「僕」の従妹。
栗色のポニーテール。論理的な思考が好き。

テトラちゃん
高校一年生、いつも張り切っている《元気少女》。
ショートカットで、大きな目がチャームポイント。

ミルカさん
高校二年生、数学が得意な《饒舌才媛》。
長い黒髪にメタルフレームの眼鏡。


「僕」の母親。

瑞谷女史
「僕」の高校に勤務する司書の先生。
----------------------

出版社からのコメント

【シリーズ累計40万部突破! 】
【2014年度日本数学会出版賞受賞! 】

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 232ページ
  • 出版社: SBクリエイティブ (2013/7/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4797374144
  • ISBN-13: 978-4797374148
  • 発売日: 2013/7/16
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 18.1 x 2.7 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 52,950位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
工学系の大学院修士1年生である僕として内容は大変面白かった。当書を購入した理由は、1.中学生の家庭教師をやっているため教材として使えるか確認するため、2.自身の中学数学の再理解のために購入した。

内容に関しては他のレビューで言及されているため、当レビューはこの本を読むに相応しい対象者について述べたい。

結論を言うと、中学数学に習熟した高校生が読むに相応しいレベルの書籍だと思う。中学数学が分からない人には難しく感じるだろう。

内容は中学生1,2年で習う程度である。が、この本で中学生1,2年生レベルの勉強を再度1から勉強しなおせるわけではないことに注意してほしい。因数分解や式展開、連立方程式は解ける前提で書かれている。

また、文章もノベルのような書きぶりではあるが数学書のような表現を多用している。このため、中学レベルの数学に苦手意識があり、丸っ切り数学が分からない人には難しく感じることだろう。

当書は、中学数学の授業で形式として覚えた数学の知識に、「何故そうなるのか」という基礎を付け足して体系的な知識として理解することに向いている。

そのため、中学数学に習熟した高校生が読むに相応しいレベルの書籍だと結論づけた。

僕個人の感想としては、授業では分かりにくい反比例や連立方程式の本質を新しく理解できたため大変面白い内容であった。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
2時間ほどで読めた。

えっ!そういうことだったんだと再発見できた一冊。

原点はOriginのOで数字の0ではなかったんですね。。

勘違いしていました。

比例と反比例もちゃんと理解していなかった。

グラフの動かし方とか今なら理解できる内容だった。

やりなおせば意外と数学できるようになるのかな。

研究問題もブログに書いてみる。

数学ってどこから難しくなるんだろう。

何の教材をやれば良いんだろうとか、どこまで身につけるべきなんだろう。

と今まで考えていたけど、数学への接し方がなんとなく、なんとなくわかったような気がする一冊だった。
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
今まで、数学ガールシリーズを読んできたので、今回は易しい。でも、実際の授業で使えそうだと思いました。整数の話の方も購入しようかと考えています。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
内容は特に文句なく、シリーズの他作品同様わかりやすいと思います。
ただKindle版は書いてあるとおり固定レイアウトなので、文字が読みにくいです。
大きなタブレットだとそうでもないのかな…?
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 秘密ノートシリーズの一冊目だけあって、格別に丁寧で易しく、数式に文字を使い出した中学生なら誰でもわかりそうです。

 "方程式"の右辺はゼロだと今まで思っていたのですが、「方程式を解く」とは「方程式が成り立つ未知数を全部見つけること」という定義と、連立方程式という言葉から、関数も方程式と呼んでいいことを初めて知りました。なので、主人公は"y=x^2-2x"を「放物線の方程式」と呼んでいるわけです。

 多項式の次数をシルエットと見なした例からは、「データとは(座標軸群への)シルエットである」という本質も垣間見られます。「データより座標軸をどうとるか(モデリング/認識/バイアス/思い込み)の方が重大だ」ということ(i.e.メディア・リテラシー)に多くの人が気が付くと、世の中変わるのでは?と思います。数学にはそういう「秘密の」Innovation力(謀叛力)が潜んでいます。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Sum_quod_eris VINE メンバー 投稿日 2013/8/25
形式: 単行本
 数学ガールシリーズの中高校生バージョン。評者の数学力はおそらく高1レベルだと思うが、ほとんど引っかかること無く読めた。非常にわかりやすい。数学への興味がこれでわく(かも)。
 個人的には恒等式と図形の関係(P9)で、「ほう!」と思い、P209の「接点とはなにか?」の問題で「なるほど」だった。
 
 # あと、これは完全に個人の趣味だが、ユーリのキャラがちょっとうざい。本書は会話部分と式と図でほとんど理解できるので、彼女の会話部分はほとんど飛ばして読んだ。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック