通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数学ガールの秘密ノート/やさしい統計 (数学ガール... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品【帯あり】。表面と小口にわずかにスレ・キズがありますが、本文は書き込みも無く良好な状態です。ゆうメールまたは、クロネコメール便にて発送いたします(補償はございません)。土日祝祭日は発送できないことがございます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

数学ガールの秘密ノート/やさしい統計 (数学ガールの秘密ノートシリーズ) 単行本 – 2016/10/29

5つ星のうち 4.1 19件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 1,200

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 数学ガールの秘密ノート/やさしい統計 (数学ガールの秘密ノートシリーズ)
  • +
  • 数学ガールの秘密ノート/場合の数 (数学ガールの秘密ノートシリーズ)
  • +
  • 数学ガールの秘密ノート/ベクトルの真実 (数学ガールの秘密ノートシリーズ)
総額: ¥4,860
ポイントの合計: 147pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

【シリーズ累計40万部突破! 】
【2014年度日本数学会出版賞受賞! 】

数学ガール、統計に挑む。


現代を生きるすべての人にとって必須の教養と言うべき「統計」をテーマに、
「僕」と三人の数学ガール(ミルカさん、テトラちゃん、ユーリ)が
楽しい数学トークを繰り広げる、最高の統計入門書。

▼本書の構成
あなたへ
プロローグ
第1章 グラフのトリック
第2章 平らに均す平均
第3章 偏差値の驚き
第4章 コインを10回投げたとき
第5章 投げたコインの正体は
エピローグ
解答
もっと考えたいあなたのために


----------------------
●登場人物紹介

「僕」
高校二年生、語り手。
数学、特に数式が好き。

ユーリ
中学二年生、「僕」の従妹。
栗色のポニーテール。論理的な思考が好き。

テトラちゃん
高校一年生、いつも張り切っている《元気少女》。
ショートカットで、大きな目がチャームポイント。

ミルカさん
高校二年生、数学が得意な《饒舌才媛》。
長い黒髪にメタルフレームの眼鏡。


「僕」の母親。

瑞谷女史
「僕」の高校に勤務する司書の先生。
----------------------

内容(「BOOK」データベースより)

「偏差値って、こういう意味だったの?」「僕」と三人の少女が統計の謎と魅力に迫る絶妙の数学トーク。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 312ページ
  • 出版社: SBクリエイティブ (2016/10/29)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4797387122
  • ISBN-13: 978-4797387124
  • 発売日: 2016/10/29
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13.2 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 19件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 6,066位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 toy landers VINE メンバー 投稿日 2016/11/22
形式: 単行本 Amazon Vine レビュー ( 詳しくはこちら )
読み始めの印象はとても興味深い内容で進められていくのですが…。

第3章から急に話が込み入ってきます。 きっと理系の素養がある人にとってはそれでも読み進められる話になっているのだとは思います。 第3章からは数式がたくさん出てくるようになって、質問者のキャラクターの疑問点(ひっかかり)の意味も分からなくなってしまいました(これは本当に個人の理解度によるので本当の印象は人それぞれだと思います)。

そいういう意味でも数学好きの人にとってのやさしい話であるのかもしれません。 第2章までの話でも十分に得るものはあるので、そこまで読むだけでも良いのかもしれません。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazon Vine レビュー ( 詳しくはこちら )
【数学ガール】と言うタイトルから「制服姿の萌え美少女が優しく教えてくれる、ラノベ張りに挿絵タップリな解説書」を連想してしまった方は、私と同類の勘違いな人種ですので「回れ右」してお帰り下さい。(完)

(→続き)本書は【数学ガールの秘密ノート】シリーズで、かなり後回しにされていた【統計】をテーマとしており、「数学」では無く小学生の「算数」レベルから、順を追って解説されています。
著者は数学だけで無く、プログラムにも精通した方で、初期にはJAVA
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 shut_row VINE メンバー 投稿日 2016/11/29
形式: 単行本 Amazon Vine レビュー ( 詳しくはこちら )
タイトルからあまり期待せずに読んでみましたが、非常に勉強になりました。
自身はコンサルタントとして、各種プレゼン資料で、統計を活用したグラフや数字などを見せることがありますが、
本書で解説されている中身を理解しているのと、していないのとでは、分析やプレゼンの質が格段に違うと思います。

例えば、第一章で、グラフをどう見せるか、読み解くかの話から始まっていますが、ここから秀逸です。
縦軸の最大値、最小値の設定であったり、二軸の活用であったり、円グラフの見せ方であったり、
コンサルとして、プレゼン資料を作る際に、意図的にこうしたメッセージを伝えやすくするための演出をしますが、非常に参考になります。

また、確率論など、少し前に話題になったソーシャルゲームのガチャの問題などを踏まえると、
統計に関する最低限のリテラシーは、誰にとっても重要であり、こうした数字を読み解く能力は、日常の中でも重要になってます。

会話の掛け合いのような形で展開されるので、理解に合わせて進められるかと思います。
自身は文系なので、そこまで数学に強いわけではないですし、ある程度理解しきれない所もあり、読み飛ばしたりしましたが、
とても勉強になりました。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
ついにきましたね統計。
大学でも習うような知識も入っててわかりやすくていいと思います。
大学で統計習い始めたけど全然わからないっていう方にもオススメできます。
高校生が読んでも面白いと思います。
ただ統計を学ぶきっかけづくりに最適なので、これで統計全てを完璧にするとかそういうのは無理なのでご注意ください。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
「中学生・高校生でも楽しく読める」というコンセプトの数学読み物なので、内容的にも「高校の教科書+α」程度。
出てくる数式も高校レベルのものなので、数学の知識が無い人が「統計(あえて"学"はつけない)」の基礎知識を得るにはいいと思います。
具体的には、以下のような知識になりますので、すでに統計学の入門書を読んでいる読者には物足りないでしょう。

・平均値/中央値/最頻値の違いが説明出来るようになる
・期待値や正規分布の概念を理解できるようになる
・偏差値が具体的にどのような方法で計算されているのか分かる

シリーズのコンセプトを踏まえると、成功しているとは思います。
本書の数式が難しいという人は、同シリーズの「式とグラフ」「数列の広場」「場合の数」あたりを一緒に読むとよいでしょう。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック