購入オプション

期間限定キャンペーン
  • ポイント
    キャンペーン
    今回の購入で、次回以降のお買い物に利用できる
    ポイントを獲得できます
  • Kindle 価格:
    ¥1,463
    獲得ポイント:
    732ポイント (50%)
割引: ¥ 77 (5%)
Kindle 価格: ¥1,463

(税込)

獲得ポイント:
732ポイント (50%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

一部のプロモーションは他のセールと組み合わせることができますが、それ以外のプロモーションは組み合わせることはできません。詳細については、これらのプロモーションに関連する規約をご覧ください。

シェアする
Kindleアプリのロゴ画像

無料のKindleアプリをダウンロードして、スマートフォン、タブレット、またはコンピューターで今すぐKindle本を読むことができます。Kindleデバイスは必要ありません 詳細はこちら

Kindle Cloud Readerを使い、ブラウザですぐに読むことができます。

携帯電話のカメラを使用する - 以下のコードをスキャンし、Kindleアプリをダウンロードしてください。

KindleアプリをダウンロードするためのQRコード

[結城 浩]の数学ガールの秘密ノート/微分を追いかけて

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。

数学ガールの秘密ノート/微分を追いかけて Kindle版

5つ星のうち4.6 57個の評価

価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
¥1,463
単行本 ¥1,540 ¥464
この本はファイルサイズが大きいため、ダウンロードに時間がかかる場合があります。Kindle端末では、この本を3G接続でダウンロードすることができませんので、Wi-Fiネットワークをご利用ください。

Fashion x Sports タイムセール祭り開催中 5/16[月]23:59まで
期間限定で人気商品がお買い得。最大10%ポイント還元のポイントアップキャンペーンも同時開催中。 今すぐチェック
【注目の新刊】: 紙とKindle本が同日発売の新刊、予約中のタイトルをご紹介。 今すぐチェック【待望のKindle化】: 紙書籍で人気を博した本の電子化新着情報をご紹介。 今すぐチェック
※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きなディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

タブレット端末での読書には無料アプリ Kindle for iPadKindle for Android をご利用ください。
このシリーズの次の5巻 シリーズの詳細を見る
紙の本の価格 : ¥ 8,140
Kindle 価格: ¥ 7,735
¥ 405の割引 (5%)
獲得ポイント: 3868 pt (50%)
上のボタンを押すと注文が確定し、Kindleストア利用規約に同意したものとみなされます

商品の説明

著者について

結城浩 1963年生まれ。
プログラミング言語、デザインパターン、暗号、数学などの分野で入門書を執筆。
代表作は『数学ガール』シリーズ。
J.S.バッハの「フーガの技法」が大好きな、プロテスタントのクリスチャン。
2014年度日本数学会出版賞受賞。
--このテキストは、tankobon_hardcover版に関連付けられています。

出版社からのコメント

【シリーズ累計40万部突破! 】
【2014年度日本数学会出版賞受賞! 】
全国学校図書館協議会選定図書
--このテキストは、tankobon_hardcover版に関連付けられています。

出版社より

TOP

登録情報

  • ASIN ‏ : ‎ B00Y9EYOIW
  • 出版社 ‏ : ‎ SBクリエイティブ (2015/4/17)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2015/4/17
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • ファイルサイズ ‏ : ‎ 89923 KB
  • Text-to-Speech(テキスト読み上げ機能) ‏ : ‎ 有効になっていません。
  • X-Ray ‏ : ‎ 有効にされていません
  • Word Wise ‏ : ‎ 有効にされていません
  • 本の長さ ‏ : ‎ 251ページ
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.6 57個の評価

著者について

著者をフォローして、新作のアップデートや改善されたおすすめを入手してください。
Brief content visible, double tap to read full content.
Full content visible, double tap to read brief content.

結城浩 1963年生まれ。

プログラミング言語、デザインパターン、暗号、数学などの分野で入門書を執筆。最新作は『数学ガール』シリーズ。J.S.バッハの「フーガの技法」が大好きな、プロテスタントのクリスチャン。2014年度日本数学会出版賞受賞。

Twitter: https://twitter.com/hyuki/

メールマガジン: https://bit.ly/hyuki-mm

note(ノート): https://mm.hyuki.net/

ホームページ: https://www.hyuki.com/

著書一覧

2020年『数学ガールの秘密ノート/確率の冒険』

2020年『数学ガールの秘密ノート/複素数の広がり』

2019年『数学ガールの秘密ノート/学ぶための対話』

2019年『数学ガールの秘密ノート/ビットとバイナリー』

2019年『C言語プログラミングレッスン入門編 第3版』

2018年『数学ガールの秘密ノート/行列が描くもの』

2018年『数学ガール/ポアンカレ予想』

2018年『プログラマの数学 第2版』

2017年『数学ガールの秘密ノート/積分を見つめて』

2016年『数学ガールの秘密ノート/やさしい統計』

2016年『数学ガール/ゲーデルの不完全性定理』英語版 "Math Girls 3: Goedel's Incompleteness Theorems"

2016年『数学ガールの秘密ノート/場合の数』

2015年『数学ガールの秘密ノート/ベクトルの真実』

2015年『暗号技術入門 第3版 秘密の国のアリス』

2015年『数学ガールの秘密ノート/微分を追いかけて』

2014年『数学文章作法 推敲編』

2014年『数学ガールの秘密ノート/数列の広場』

2014年『数学ガールの秘密ノート/丸い三角関数』

2013年『数学ガールの秘密ノート/整数で遊ぼう』

2013年『数学ガールの誕生 理想の数学対話を求めて』

2013年『数学ガールの秘密ノート/式とグラフ』

2013年『数学ガール フェルマーの最終定理(3)』コミックス(原作)

2013年『数学文章作法 基礎編』

2012年『数学ガール/フェルマーの最終定理』英語版 "Math Girls 2: Fermat's Last Theorem"

2012年『Java言語プログラミングレッスン第3版(上巻)』

2012年『Java言語プログラミングレッスン第3版(下巻)』

2012年『数学ガール/ガロア理論』

2012年『数学ガール フェルマーの最終定理(2)』コミックス(原作)

2012年『数学ガール ゲーデルの不完全性定理(2)』コミックス(原作)

2011年『数学ガール』英語版 "Math Girls"

2011年『数学ガール/乱択アルゴリズム』

2011年『数学ガール フェルマーの最終定理(1)』コミックス(原作)

2011年『数学ガール ゲーデルの不完全性定理(1)』コミックス(原作)

2009年『数学ガール/ゲーデルの不完全性定理』

2009年『数学ガール(下)』コミックス(原作)

2008年『数学ガール/フェルマーの最終定理』

2008年『数学ガール(上)』コミックス(原作)

2008年『新版暗号技術入門――秘密の国のアリス』

2007年『数学ガール』

2007年『Java言語で学ぶリファクタリング入門』

2006年『増補改訂版Java言語で学ぶデザインパターン入門マルチスレッド編』

2006年『新版Perl言語プログラミングレッスン入門編』

2006年『新版C言語プログラミングレッスン文法編』

2006年『新版C言語プログラミングレッスン入門編』

2005年『改訂第2版Java言語プログラミングレッスン(上巻)』→2012年『第3版』

2005年『改訂第2版Java言語プログラミングレッスン(下巻)』→2012年『第3版』

2005年『プログラマの数学』

2004年『増補改訂版Java言語で学ぶデザインパターン入門』

2004年『結城浩のWiki入門――YukiWikiではじめる みんなで作るWebサイト』

2003年『改訂版Java言語プログラミングレッスン(上巻)』→2005年『改訂第2版』

2003年『改訂版Java言語プログラミングレッスン(下巻)』→2005年『改訂第2版』

2003年『暗号技術入門――秘密の国のアリス』→2008年『新版』

2002年『結城浩のPerlクイズ』

2002年『Java言語で学ぶデザインパターン入門マルチスレッド編』→2006年『増補改訂版』

2001年『Perl言語プログラミングレッスン入門編』→2006年『新版』

1999年『Java言語プログラミングレッスン(上巻)』→2003年『改訂版』

1999年『Java言語プログラミングレッスン(下巻)』→2003年『改訂版』

1998年『改訂第2版C言語プログラミングレッスン入門編』→2006年『新版』

1998年『Perlで作るCGI入門基礎編』

1998年『Perlで作るCGI入門応用編』

1996年『新版C言語プログラミングのエッセンス』

1995年『C言語プログラミングレッスン文法編』→2006年『新版』

1994年『C言語プログラミングレッスン入門編』

1993年『C言語プログラミングのエッセンス』

『数学ガール』のイメージビデオは、曲:よよだいんさん、動画:myuさんによるものです(許諾済み)。

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.6
星5つ中の4.6
57 件のグローバル評価
星5つ
70%
星4つ
18%
星3つ
12%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2019年2月10日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2021年1月26日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2016年3月23日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2018年12月8日に日本でレビュー済み
カスタマー画像
5つ星のうち4.0 単体ではおすすめできないけど
2018年12月8日に日本でレビュー済み
微分とは何か, とりあえず知るには良い入門書だと思う. 関数の微分は関数の瞬間変化率を意味することが強調されている. ただ, 滑らかな曲線の微分が各点における接線(或いは接ベクトル)を求めることを意味するのは殆んど示されていない. 確かに解析学は定量的な分野だが, 幾何学的な意味もより強調してほしかった. また, パスカルの三角形を用いて
(d/dx)x^n=nx^(n−1)
の証明への道のりを緩やかにしているのは良いと思う. しかし
e^x=1+x+(1/2!)x^2+(1/3!)x^3+…
と定義するのは何故か説明はない. 確かに
(d/dx)e^x=e^x
は解析学のおもしろい話題だが, 指数関数の冪級数による定義は初学者にはわかりにくいだろう. マクローリン展開という背景の説明はない. またこの冪級数が一様収束することにも触れてほしかった.

また, 幾何級数の和の公式
Σ_(n=0→∞)r^n=1/(1−r) (|r|<1)
を既知としている箇所がある.

ただ, 定量的な分野である解析学が豊富にある図説や配置を工夫した文章などで視覚的にもわかりやすく説明してあると感じたので, 解析学を始める第一歩のうちの一冊としてなら充分良い本かもしれない. 代数的には実数の0乗を1と定めることを知っていれば殆んど読める.
このレビューの画像
カスタマー画像
カスタマー画像
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
ベスト1000レビュアー
2015年6月3日に日本でレビュー済み
20人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2020年1月2日に日本でレビュー済み
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2022年2月15日に日本でレビュー済み
2019年5月29日に日本でレビュー済み
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
問題を報告

この商品には、不適切な内容が含まれていますか?
この商品は、著作権を侵害していると思いますか?
この商品には、品質または書式設定の問題が含まれていますか?