通常配送無料 詳細
残り9点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数値計算のためのFortran90/95プログラミ... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆若干、カバーに日焼けがあります。カバーに使用感があります。他は問題ありません。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

数値計算のためのFortran90/95プログラミング入門 単行本(ソフトカバー) – 2007/7/18

5つ星のうち 4.7 11件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 3,456
¥ 3,456 ¥ 1,799

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 数値計算のためのFortran90/95プログラミング入門
  • +
  • Fortran90/95プログラミング
  • +
  • Fortran90入門-基礎から再帰手続きまで-
総額: ¥9,288
ポイントの合計: 203pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

本書は,プログラミング初心者はもちろん,学生時代はC言語は習得したが,社会人になってFortranで数値計算をしなければならなくなった,というような人を対象としているFortran解説書の決定版.フリーのコンパイラ「g95」と描画ソフト「gnuplot」の各OSへのインストール方法も付録にあるので,パソコンがあればどこでもはじめることができる.Fortranの文法は付録に掲載するが,実践的なプログラムはどうすれば書くことができるかを重点的に解説している.間違いやすいミスや,役に立つ情報をポイントとして随所に記載している.とにかく丁寧に書かれているので,勉強してみようという気にさせる一冊である.

内容(「BOOK」データベースより)

Fortranプログラミングの初歩から計算結果のグラフィック表示、さらに本格的な数値計算の基礎までを、すべてフリーウエアを使って学ぶ新しいタイプの自習書です。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 256ページ
  • 出版社: 森北出版 (2007/7/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4627847211
  • ISBN-13: 978-4627847217
  • 発売日: 2007/7/18
  • 商品パッケージの寸法: 22 x 15.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 188,002位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
Fortran90関係の本では、
森北出版のFortran90入門(基礎から再帰手続きまで) 新井親夫著
と併せて使うのがいいと思われる。
2つのメリット・デメリットを互助している。

本書のメリットは
・モジュールに関して78ページ(3,4,5章)を使っていて、分かりやすい
・配列の演算に関する新機能も紹介されている。
・フリーのコンパイラg95のコンパイル方法が丁寧に紹介されている

本書のデメリットは
・それぞれのオプションに関する(例えばopen文など)説明が不足している。
・ポインタを省略するのは理解出来るが、構造体は使うので省略しないでほしい
・6章の数値計算への応用は、この本以外から得られるし、この本は情報不足

デメリットの1つ目は
森北出版のFortran90入門(基礎から再帰手続きまで)でかなり補足できる。

2つの本で紹介不足であるのは、バイナリファイルの扱い方である。
どちらも例が少ない。実際に扱うほとんどのデータがバイナリであるのに、
なぜその扱いを丁寧に紹介しないのか?6章を削って、まるごと
バイナリデータの扱い方(open read write)を教えてくれれば、
5つ星であると思います。
コメント 37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 tkH 投稿日 2008/1/12
形式: 単行本(ソフトカバー)
数値計算を応用として実践的なサンプルプログラムが多く書かれている。
ある程度、習熟した人向けかと思いきや、初心者にもわかるようにわかりやすく
書いてあり、コンパイラの導入(Unix,Mac,Win)やgnuplotの導入(Unix,Mac,Win)
もコマンドが苦手と思われる初心者にもわかるように配慮されている。

さらなにこのレビュー記述時点で内容が新しい事もいい点の一つである。

十分に満足して使ってます。末永く付き合えそうです。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
初心者に役にたつ良書です。

Matlabでプログラムを書いていましたが、fortranに移行する必要があったのでこの本を買いました。

複数のファイルにプログラムをわける場合の変数の呼び出し方、global 変数の定義の仕方、interface moduleの説明など必要なことはすべて載っていました。おかげさまでmatlabからfortranへうまく移行できました。日本語でfortran90/95に関する本を4冊購入しましたが、これが一番良くかけていました。他の本では、プログラムを複数のファイルに分ける場合の書き方が載っていないのでちょっと長いコードを書こうとした場合に書き方が分かりませんでした。しかし本書では、詳しい例が載っているのですぐに複数のsubroutineがある場合の書き方も分かりました。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 kaizen #1殿堂 投稿日 2008/8/19
形式: 単行本(ソフトカバー)
GNUのFortranを使っている人から、いろいろ質問を受けても、自分で使ったことがなかったので、初歩的なところでつまずいていました。
本書では、最初の一歩を踏み出させてくれるので、大変助かります。
GNUのFortranがどれだけ規格に適合しているかの情報が、どこにあるか探しています。
現在、Fortranの規格は、ISO/IEC 1539-1:2004です。JISはまだ改定されていないようです。
[...]でJISは閲覧できます。
標準化の動向は
[...]
で分かります。現在Fortran2008の制定中で、最新の文書は
ftp://ftp.nag.co.uk/sc22wg5/N1701-N1750/N1723.pdf
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
修士論文でプログラミングが必要になるだろうと思い、自習用に購入して進めています。
いろいろ訳あって計算機科学の講義は取っていず、数値計算に関するプログラミングはしたことがありませんでした。Fortranも予備知識はほとんどありませんでした。(NAGのページを少し読んだくらい?)

全てのサンプルプログラムを打ち込みながら、演習問題もすべてやっています。テーマもはっきりしていますし、演習問題で線形代数の内容が扱われるので、「こんな構文どう使うんや?」ということにはあまりならないと思います(エラーの内容を読ませることも問題になっており、教育的)。そう考えるとモチベーションも保ちやすいですし、独学しやすいと思います。本書のプログラムをすべて読みこんで、演習問題もやればかなりFortranに対して自信がつくのではないでしょうか? 演習問題のレベルについては、ちゃんとサンプルプログラムが理解できていれば解けるようなものが多いので、やる価値がありますよ。学生に教えたフィードバックが生かされているので、陥りやすいミス等もちゃんと考慮されています。

ただ、doループを抜けるときに論理式の判断でif exitを使っていたのですが、後からdo while文の存在を知りました。。。これについて補足的にでも書いていてくれたら良かったのにと思います。また他
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー