敬愛なるベートーベン [DVD] がカートに入りました
数量:1

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 1,900
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: 森之丘 ZAKKA&BOOKS
カートに入れる
¥ 1,900
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: 福岡屋
カートに入れる
¥ 1,900
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: サザンフィールド
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

敬愛なるベートーベン [DVD]

5つ星のうち 4.0 42件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 1,374 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 2,730 (67%)
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:23¥ 1,022より 中古品の出品:9¥ 860より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 売れば売るほどお得なキャンペーン実施中。宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • 敬愛なるベートーベン [DVD]
  • +
  • 不滅の恋/ベートーヴェン [DVD]
  • +
  • アマデウス [DVD]
総額: ¥4,411
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: エド・ハリス.ダイアン・クルーガー.マシュー・グッド.フィリーダ・ロウ.ニコラス・ジョーンズ.ラルフ・ライアック
  • 監督: アニエスカ・ホランド
  • 形式: Color, Dolby, DTS Stereo, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 東北新社
  • 発売日 2007/11/07
  • 時間: 104 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 42件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000UX9EYU
  • EAN: 4933364611451
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 7,200位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

“第九"演奏シーン!映画史に残る、感動と高揚の12分!ダイアン・クルーガー(『トロイ』『戦場のアリア』)、エド・ハリス(『めぐりあう時間たち』『ビューティフル・マインド』)が師弟を超えた愛を熱演、これぞ“ベートーヴェン映画"の最高傑作!!
【STORY】
1824年ウィーン。うら若き女性がベートーヴェン(エド・ハリス)のアトリエにやってくる。彼女の名はアンナ(ダイアン・クルーガー)。作曲家を志す彼女は、ベートーヴェンの新曲のコピイストとして雇われたのだ。期待に反し、女性のコピイストが来た事に憤るベートーヴェンだったが、やがて彼女の才能を認め、アンナは彼の作曲を支える存在となる。初演を間近に控え、昼夜を問わない創作活動を通して、二人の間には師弟愛以上の感情が芽生えていく。そして、遂に「交響曲第九番ニ短調」初演の日、耳の聞こえぬ恐怖を抱えながらも、オーケストラを指揮するために、
ベートーヴェンはケルントナートーア劇場の舞台に立つ・・・。生涯に渡り、愛を成就させることのできなかった孤独な音楽家として知られるベートーヴェンの音楽家としての苦悩と脆さを、女性ならではの感性で描く音楽映画の決定版!

【特典映像】
オリジナル予告、日本版劇場予告、主役2人のインタビュー映像、etc
【初回限定特典】
豪華アウターケース付き。※初回特典は数に限りがございますので、ご注文はお早めに。※初回限定版をご希望の場合、単品でのご注文をお願いします。他の商品とあわせてご注文されますと、それらの商品の発送可能時期によりましては、初回特典付をお取り置きできない場合がございますので、ご了承ください

Amazonレビュー

情熱的で力強い人間ドラマ。ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンの人生最後の数カ月に一部史実に沿った『敬愛なるベートーヴェン』は、この巨匠が取り憑かれた男であり、最大に革新的であるのに本人は聴くこともでない生涯の集大成といえる作品を作曲していたことが描かれている。ベートーヴェンはほとんど耳が聞こえず、金遣いの荒い甥との関係に幻滅し、若い女性作曲家のアンナ・ホルツ(ダイアン・クルーガー)に心引かれる。アンナは曲を楽譜にする写譜師としてベートーヴェンの元で働くことになる。女子修道院に客人として滞在し、ぼんやりとした技師と婚約しているアンナは、ベートーヴェンの感情の起伏の激しい天才ぶりに引きつけられる。半分の時間で、ベートーヴェンはアンナに引かれ、彼女の魂をまっすぐに見ているようだ。残りの半分の時間では、アンナのことを自信がないだの、お世辞は言うなだのどなりつけている。決して弱虫ではないアンナも負けじと言い返す。アンナが反抗すればするほど、ベートーヴェンは彼女の中に自分と同類である魂を見出していき、自分の脆さと芸術を作り出すことの重荷を打ち明けられる相手として認めていく。エド・ハリスのベートーヴェンは苦痛に苛まれているが、打ち負かされてはいない。心の奥底では自分の責任を充分に理解していて、ただ崩れていくことはできない男に見える(“神はたいていの男の耳元では囁く”ベートーヴェンは言う。“私の耳元では叫ぶんだ”)アニエスカ・ホランド監督(『オリヴィエ オリヴィエ』)は堂々として、優しさと暴力が交互に現れる人間ドラマを撮った。いくつかのスリリングな瞬間があり、そこには輝かしい交響楽第九番の初演に耳を傾ける観客たちの感動の場面も含まれている。(Tom Keogh, Amazon.com)

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 mozartfan トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2012/12/27
形式: DVD Amazonで購入
 第九交響曲の初演が描かれますが。それは本作の主題ではありません。第九は主人公のアンナが写譜係として雇われるきっかけであり、その任務の達成ではありますが、まだ映画は半ばです。本作の主題は弦楽四重奏曲の大フーガにあります。
 大フーガは決して聞きやすい曲ではありません。ベートーヴェンは「神の意志」を聞いて書き付けた曲だと言いますが、感想を求められたアンナは「醜いわ(ugly)」と答えます。現代人の多くの人もアンナの感想が妥当なものだと言うことでしょう。しかし、ベートーヴェンは「醜いが、美しくもある。分らなければ美意識を鍛えろ。腹の底をえぐるような音楽だ。新しい言葉だ。神の言葉だ。二人で完成させよう」と答えます。アンナ自身の曲をベートーヴェンはオナラみたいだと酷評します。アンナはベートーヴェンの模倣者(コピーィスト)でしかない。既にベートヴェンはずっと先へ行っていたのでした。ベートーヴェンは酷評したことをアンナに謝罪しますが、自分自身は構造にこだわらない曲を作り出します。耳が聞えなくなって、無音(silence)の世界に入り、魂の声を聞けるようになったのだと彼は言います。
 完成した大フーガは聞き手が途中で次々と立ち去るほどの不評。聞き手の大公は難聴のせいだと言います。しかし、ベートーヴェンは気にしませんでした。その場で突然倒れた彼はベッドの上からアンナに指示し、最
...続きを読む ›
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
この映画のミソは神と音楽の関係。
ベートーベンが「神は私の頭の中を音で一杯にした後に耳を聴こえなくした」と語るが、彼の音楽の根源には、彼の人生をかくあらしめた神に対する追及ないし神への復讐そしては神の賛美があるのではないかと考えさせられた。西洋音楽は神との対決なくしてあり得なかったことを改めて思うのである。

そこで、神とは何か。私を私としてこの世にあらしめた運命(生まれ、親、環境、時代その他)が神のまず第一。
第二に神にいくら語りかけても努力しても悲しんでも苦悩しても、神は沈黙をもって答えるのみ(例:「沈黙」遠藤周作)ということが第二。
そして第三、神こそは真実の愛=グルーヴの一瞬(緊張とか絶頂とか)(と思いたい)。

かくして、神=運命+沈黙+愛であり、音楽は神との対話である。[...]
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
「”第九”誕生の裏に、耳の聞こえない女性がいた」というのが、この作品のテーマである。物語は死の床に瀕したベートーヴェンのもとに若き女性アンナが馬車で駆けつける場面から始まる。背景に流れているのは弦楽四重奏曲「大フーガ」である。数年前、彼女とベートーヴェンとの出会いの回想に戻る。『第9交響曲』の初演を3日後に控え、写譜が進まないことに苛立ちを深めるベートーヴェンのもとに写譜屋の代理として彼女が訪れる。彼女は大胆にもロ長調からニ長調への転調をロ短調に書き換える。「なぜこんな事をしたのか」というベートーヴェンに「変更ではなく修正です。あなたの魂がそうさせたのです。こうして爆発寸前の緊張感を高めるのです」と言って実際にピアノで弾いてみせる。ベートーヴェンは23歳の彼女の若さに驚きながらも「私の心をこれほど認めてくれるとは」と感心し、「帰ってから一緒に仕事をしよう」と言って夕食に出かけ、酒場の主人に「神の使いかもしれん」と打ち明ける。実際彼女はその後も写譜を正確に行い、第9交響曲の初演では年老いて指揮の補助を出来ない写譜屋フレーマーに替わってオーケストラの最前列で指揮の補助を見事に務める。ぐれて道徳的に堕落しながら涙を流す甥のカールも含めて感動の余り総立ちになって万雷の拍手を送る聴衆たちの熱狂をベートーヴェンに振り向かせて見せたのも彼女であった。しかし一人暮らしで不潔極まりないベートーヴェン...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 街道を行く #1殿堂トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2010/2/7
形式: DVD
晩年のベートヴェンが描かれています。怒りっぽく、頑固で、癇癪もちでと、とても付き合いにくそうな人として伝わっている、”楽聖”。人間の身体には収まりきれないような量のエネルギーが充満しているようです。天才と呼ばれるひと達に共通するのではないでしょうか。この映画は、「第九交響曲」初演を巡るエピソードから始められています。ベートヴェンが生きた当時のウィーンの街並みや住まいやオーケストラが再現されていて、それらを背景として描かれる「第九」の初演。この場面だけでも観る価値はあると思います。あの数え切れないほどの名曲を産み落とした作曲家の素顔をしりたいという思いがある限り、ベートヴェンは描かれ続けてゆくでしょうね。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック