Facebook Twitter LINE
  • ポイント: 49pt (3%)
通常配送無料 詳細
残り13点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
教養主義のリハビリテーション (筑摩選書) がカートに入りました
+ ¥ 343 配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 POTE-YA
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 帯あり。比較的使用感も少なく、概ねキレイな状態です(Amazonコンディションガイドラインに準拠しております)。ゆうメールで迅速に発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

教養主義のリハビリテーション (筑摩選書) 単行本(ソフトカバー) – 2018/5/15

5つ星のうち 3.8 8件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2018/5/15
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 821
この商品の特別キャンペーン まとめ買いでオーディオ・情報家電が10%OFF 1 件


booksPMP

【まとめ買いキャンペーン開催中】

本・雑誌を3冊以上を購入する際、クーポンコード「1111」を入力すると最大12%ポイント還元!今すぐチェック

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 教養主義のリハビリテーション (筑摩選書)
  • +
  • 終わらない「失われた20年」 (筑摩選書)
総額: ¥3,456
ポイントの合計: 160pt (5%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるAmazonオリジナルブックカバー
10種類のロゴ入りデザインから好みのデザインを印刷して取り付けよう。 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

● 「対話的教養」の時代へ!

「知の下方修正」と、「歴史感覚の希薄化」が進む現代日本。
いまや読書そのものが、消滅しかねない――。

こうしたなか、教養をバージョンアップさせるには、何が必要か?

気鋭の批評家・大澤聡氏が、鷲田清一、竹内洋、吉見俊哉の諸氏と、それぞれ対論。
第4章には大澤氏の語り下ろし、「全体性への想像力について」を収録。

教養主義の来歴を問い、現在を照射し、未来を展望する、比類なき書!

〔目 次〕

はじめに

第1章 【現代編】 「現場的教養」の時代……鷲田清一×大澤 聡
1 リーダー・フレンドリー? / 2 日常のことばで考える / 3 パッシブにならない
4 コミュニケーション圏の外へ / 5 タコツボ化と総合 / 6 水平の深みとパララックス
7 のっぺりした世界に歴史性を / 8 アートの新しい活用法

第2章 【歴史編】 日本型教養主義の来歴……竹内洋×大澤 聡
1 教養主義の起源をめぐって / 2 マルクス主義と日本主義 / 3 文学部的なものの盛衰
4 丸山眞男と吉本隆明 / 5 卓越化から平準化へ / 6 研究者の劣化スパイラル
7 「上から目線」というけれど / 8 文化ポピュリズムの構造

第3章 【制度編】 大学と新しい教養……吉見俊哉×大澤 聡
1 「いま・ここ」を内破する知 / 2 ジャンル混淆性と再帰的設計 / 3 とある改革私案
4 第三の大学の誕生? / 5 フレーム構築力を身につける / 6 専攻の二刀流主義を導入せよ
7 エンサイクロペディアへの回帰 / 8 教養としてのアーカイブ活用

第4章 【対話のあとで】 全体性への想像力について……大澤 聡
マーケティング時代の読書/読書の消滅?/読書革命と出版大衆化/日本型教養主義の履歴/
獲得された教養/精読か、濫読か/なぜ速読したいと思うのか/「放置型読書」の時代/
この身体を通過させる/全体性への想像力を/歴史観なき歴史/
テンプレ化する社会/対話的教養とはなにか

〔著者紹介〕
大澤聡(おおさわ・さとし)
1978年生まれ。批評家。近畿大学文芸学部准教授。専門はメディア論/思想史。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。博士(学術)。著書に『批評メディア論――戦前期日本の論壇と文壇』(岩波書店)、編著に『1990年代論』(河出ブックス)、『三木清教養論集』『三木清大学論集』『三木清文芸批評集』(以上、講談社文芸文庫)などがある。

内容(「BOOK」データベースより)

教養が危機に瀕している。お手軽な本が氾濫し、歴史感覚の希薄化が進み、知の下方修正が止まらない。専門家の世界では知のタコツボ化が進み、他分野に無関心な研究者も少なくない。メディア環境が大きく変わるなか、教養主義のバージョンアップには何が必要なのか。気鋭の批評家が竹内洋、吉見俊哉、鷲田清一の諸氏と、教養主義の来歴、未来をめぐって対論。最終章で「来るべき教養」を展望する、比類なき書!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 224ページ
  • 出版社: 筑摩書房 (2018/5/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 448001666X
  • ISBN-13: 978-4480016669
  • 発売日: 2018/5/15
  • 梱包サイズ: 19 x 13.2 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 136,064位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

8件のカスタマーレビュー

5つ星のうち3.8

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

8件中1 - 8件目のレビューを表示

2018年5月18日
Amazonで購入
15人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年5月23日
Amazonで購入
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年5月28日
Amazonで購入
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
ベスト100レビュアー
2018年9月12日
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年6月29日
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年7月14日
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年8月31日
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告