中古品
¥1
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: ◆◆◆おおむね良好な状態です。中古商品のため若干のスレ、日焼け、使用感等ある場合がございますが、品質には十分注意して発送いたします。 【毎日発送】
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


教育格差―親の意識が子供の命運を決める (日本語) 単行本 – 2006/6/1

5つ星のうち4.6 5個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥1
¥1
お届け日 (配送料: ¥350 ): 10月28日 - 30日 詳細を見る
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

本書では、格差社会からわが子を守るために知ってほしい情報を提供し、その解決策を提案する。第1章では私立と公立で受けられる教育内容の格差と中学受験の意味を考察し、第2章では地方と都市部の教育格差について考えてみた。第3章では、「教育格差」が社会に出てからどのような格差に結びつくのかという「結果の格差」を伝えることで、現代における教育の意義を伝えることにした。そして最後に、情報の格差が子供にどのような影響を与えるかの私見をお話しする。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

和田/秀樹
1960年生まれ。東京大学医学部卒業。東京大学附属病院精神神経科助手、米国カールメニンガー精神医学校国際フェローを経て、現在は精神科医。国際医療福祉大学教授(精神医学担当)。川崎幸病院精神科コンサルタント。一橋大学経済学部(医療経済学)非常勤講師。心理学をビジネスに応用するシンクタンク、ヒデキ・ワダ・インスティテュート代表。「緑鐵受験指導ゼミナール」代表。2005年、第5回正論新風賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 発売日 : 2006/6/1
  • 単行本 : 189ページ
  • ISBN-10 : 4569654010
  • ISBN-13 : 978-4569654010
  • 出版社 : PHP研究所 (2006/6/1)
  • 言語: : 日本語
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.6 5個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.6
星5つ中の4.6
5 件のグローバル評価
星5つ
80%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ
20%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2012年11月29日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2017年8月17日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2009年5月19日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2017年11月27日に日本でレビュー済み
2011年2月11日に日本でレビュー済み
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告