通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
教育の法―信仰と実学の間で (OR books) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ★中古になりますので多少のキズ、折れ、ヨゴレ、ヤケ、傷み等がありますが、いずれも重度のものではありません。状態の悪いものにつきましては、コメントを記載しております。また、迅速に発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

教育の法―信仰と実学の間で (OR books) 単行本 – 2011/2/9

5つ星のうち 4.3 6件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,944
¥ 1,944 ¥ 1
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 教育の法―信仰と実学の間で (OR books)
  • +
  • 未来の法―新たなる地球世紀へ (OR books)
総額: ¥4,104
ポイントの合計: 124pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

教育再生への挑戦。 学校への信頼、熱心な人格者としての教師、伸びていくことを喜びとする生徒。 ——そんな教育を、この日本からつくりたい。

内容(「BOOK」データベースより)

日本の学校教育に疑問をもつすべての人びとに捧げる。深刻ないじめ問題、その実態と具体的な解決法。尊敬される教師の条件と親が信頼できる学校のあり方。教育や学問には人生を変えるパワーがある。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 253ページ
  • 出版社: 幸福の科学出版 (2011/2/9)
  • ISBN-10: 4863951035
  • ISBN-13: 978-4863951037
  • 発売日: 2011/2/9
  • 梱包サイズ: 19 x 12.4 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 266,210位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
「唯物思想を突き詰めても、真の教育へは至らない」
「唯物的な思想の教員も、保身に走りいじめを隠蔽する」

この現状を打破するには、教員も子供も「心の柱」を持つべきであり、
宗教の力が必要になる、と説かれてます。

GHQにより日本神道が追い出されて久しいですが、
確かに、教員も子供も精神的支柱となるものが必要なのかなと日々感じます。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 implication 投稿日 2016/3/13
形式: 単行本 Amazonで購入
教育について書いてある本。教育って奥が深いのだなぁと思うきっかけになりました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
現実の教育現場にて、
生徒たちと奮闘しているものにとって、
しかも、この書籍の中にある
「学校」の内実と現実に戦っているものにとって、
この書籍の中に出てくる描写のあまりの的確さに、
身震いがする思いである。

しかも、
「今の日本には、
「子供をここに預けておけば大丈夫だ」と
いえる学校は基本的にはなさそうです。」という
教育に携わるものとして、思っていても
口に出せない事実まではっきりと書かれている。

この書籍にあるように、教育が全て失敗したわけではなく、
明治以降の長い目でみる限りやはり
成功した点があるのは間違いない。
日本の識字率は、外国に比べ高く、
そのことが日本を技術立国として押し上げる力になった。
そういう意味で、長期的には成功したという指摘は正しい。

問題は、1980年以降に導入された
悪平等主義とゆとり教育にて流された
「教育の左翼化」である。
それが、日本の子供たちの学力と自助努力の精神を奪っていった。
今や、この間まで、日本の都道府県さえ小学校で覚える必要がなく、
三桁の計算も、削除されていた。
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告