中古品:
¥ 1
+ ¥ 391 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 背ラベル汚れ有り。ジャケット日焼け有り。レンタル落ち品になります。若干の日焼け、稀なノイズ、音の歪がある場合がございます。クリーニング後に発送致します。レンタルシール等、綺麗に剥がせない場合はそのままの発送になりますのでご了承下さいませ。再生確認時に問題が発生した際にはメールにてご連絡させて頂きます。ゆうメールでの発送になります。5000円以上のご購入で佐川急便で発送致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

教祖誕生 [VHS]

5つ星のうち 4.6 7件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について

キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


登録情報

  • 出演: 萩原聖人, ビートたけし
  • 監督: 天間敏広
  • 形式: Color
  • テープ数:: 1
  • 販売元: ポニーキャニオン
  • VHS発売日: 1994/06/17
  • 時間: 96 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 7件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00005FU28
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

レビュー

萩原聖人、ビートたけし他、個性的な豪華キャストで贈る、新興宗教をテーマにしたブラックコメディ。
-- 内容(「VIDEO INSIDER JAPAN」データベースより)

製作: 鍋島嘉夫/田中迪
監督: 天間敏広
原作・出演: ビートたけし
脚本: 加藤裕司/中田秀子
撮影: 川上皓市
音楽: 藤井尚之
出演: 萩原聖人/玉置浩二/岸辺一徳/下條正巳/山口美也子/もたいまさこ/国舞亜矢
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 ぴょんきち 投稿日 2005/9/2
この映画、かなりおもしろかったです。
ロケ地は、茨城県霞ヶ浦沿いの鹿島鉄道鉾田線というローカル線の辺りでの撮影かと思います。途中「玉造駅」という看板が出てくるので間違いないでしょう。一度乗ったことがありますが、長閑な田園地帯が広がるいいところでした。そういえば、加藤晴彦さんの「早乙女タイフーン」もこのローカル線の終点駅がロケ地でしたね。こんなロケ地巡りもなかなかですよっ。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 マチルダ 投稿日 2002/11/23
原作ビートたけし、すごいなとおもう。この映画はふざけていながら、芯のあるテーマがある。いつだか、毒ガスの何タラ事件もこんなかんじだったとおもう。それにしてもロケ地はどこだったんだろう。綺麗な画面でした。役者選びもせんすあるなー。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Fyc2 投稿日 2007/5/7
いやぁ、本当に何回見ても面白い傑作ですね。

俳優が全員素晴らしい

いかにも団塊世代オヤジのビートたけし

中途半端なワルぶりが絶妙な岸部一徳

酒好きのセコイ教祖、下條正巳

勘違いし始めた時の顔が素晴らしい萩原聖人

そして何といっても玉置浩二。

強欲な俗人ばかりのなか、たったひとりインチキ

宗教を信じている。

たけしの女をヤってしまったところを暴かれる

ところなんて最高です。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 北の人 投稿日 2010/8/14
所謂“宗教団体”というものをディスっているが、この映画は何よりも現実のみを描いている。

“教祖”という置物の位置に置かれた人間は思わず「自分は本当に神様なんじゃないか」と調子に乗ってしまうのだが、神というものを実際に信じる和夫(萩原聖人)と駒村(玉置浩二)、誰よりも信じていない司馬(ビートたけし)と呉(岸部一徳)も結局は、自分の都合の良い時だけに神様を利用しているのが面白い。

その人間の身勝手の頂点は、司馬が駒村を刺してしまった場面に現れる。
駒村を刺してしまった司馬の心の中に神様が少しだけ顔を出すのだ。
宗教、信仰心の真実とはこうゆうことかと思い知る。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


関連商品を探す