残り13点(入荷予定あり)
お使いのスマホ、タブレット、PCで読めるKindle版(電子書籍)もあります。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
教材設計マニュアル: 独学を支援するために がカートに入りました
+ ¥350 配送料
お届け日 (配送料: ¥350 ): 4月20日 - 21日 詳細を見る
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: ▲ 外観:多少使用感、スレキズ・薄汚れ・薄ヤケ少々
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


教材設計マニュアル: 独学を支援するために (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2002/4/1

5つ星のうち3.9 27個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
単行本(ソフトカバー)
¥2,420
¥2,420 ¥1,198
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 教材設計マニュアル: 独学を支援するために
  • +
  • 授業設計マニュアルVer.2: 教師のためのインストラクショナルデザイン
  • +
  • 学習設計マニュアル: 「おとな」になるためのインストラクショナルデザイン
総額: ¥7,260
ポイントの合計: 72pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

商品説明

   これから企業研修などのための教材作成に取り組もうという人におすすめしたいのが本書。初めて独学で教材づくりにチャレンジする人を想定し、教材のイメージづくりから教材の作成、改善までを、アメリカの教育工学実践の中核となっているインストラクショナルデザイン(以下「ID」=さまざまな環境で最適な効果を上げる教育方法の設計)の考え方に基づき解説している。

   本書は10章で構成される。1から2章は「独学を支援する教材」のイメージをつかむ導入部で、3から4章はテストの役割、作成方法を説く。5から7章はプリント教材の設計、作成方法を解説。8から9章では実際に教材を試用し、改善する方法を示している。10章は本書の「まとめ」に相当し、独学を支援する教材の意義や教えることの意味などについて述べている。各章とも、冒頭に「学習目標」を箇条書きで掲げたうえで、「背景」、その章の「キーワード」、「事例」、「章のまとめ」を簡潔明瞭に記述。内容が理解できたかを確認するための「練習」と「フィードバック」も掲載しており、かなり丁寧なつくりになっている。また、「釣り入門」の教材づくりを「事例」に取り上げるなど、親しみがわく配慮がなされている点もうれしい。

   インターネットを活用したeラーニングの普及に伴い、IDはeラーニングを効果的に実施していくための手法として注目されている。それだけに、研修を受ける人も本書でIDの基本的な考え方を知っておくことは有益ではないか。(清水英孝)

出版社からのコメント

【好評の姉妹書】

『研修設計マニュアル:人材育成のためのインストラクショナルデザイン』
(鈴木克明 著)
『インストラクショナルデザインの道具箱101』
(鈴木克明 監修/市川 尚,根本淳子 編著)
『授業設計マニュアルVer.2: 教師のためのインストラクショナルデザイン』
(稲垣 忠,鈴木克明 編著)


【北大路書房の関連書】
『インストラクショナルデザインの原理』
(R.M.ガニェ,W.W.ウェイジャー,K.C.ゴラス,J.M.ケラー 著/鈴木克明,岩崎 信 監訳)
『学習意欲をデザインする:ARCSモデルによるインストラクショナルデザイン』
(J.M.ケラー 著/鈴木克明 監訳)
『インストラクショナルデザインとテクノロジ:教える技術の動向と課題』
(R.A.リーサー J.V.デンプシー 編/鈴木克明,合田美子 監訳)
『インストラクショナルデザインの理論とモデル:共通知識基盤の構築に向けて』
(C.M.ライゲルース,A.A.カー=シェルマン 編/鈴木克明,林 雄介 監訳)

出版社より

■『教材設計マニュアル』の概要

「インストラクショナルデザイン」の考えに基づき, 教材の設計・開発・改善を一歩ずつ学べるように工夫! 学校や大学・企業などで教えることに携わっている人,これから携わろうとしている人に向けての教材作成入門。教材のイメージ作りから改善までを一歩ずつ進めることができるように(各章はそれぞれ,学習目標・背景・キーワード・事例・まとめ・練習問題・フィードバックの7つで)構成。教材を見極める力もつけられる。

■本書『教材設計マニュアル』の目次

第1章 教材をイメージする

学習目標

背景/教材/教材の4条件/事例

第1章のまとめ

練習/フィードバック

第2章 教材作りをイメージする

学習目標

背景/Plan-Do-See/システム的な教材設計・開発の手順/事例

第2章のまとめ

練習/フィードバック

第3章 教材の責任範囲を明らかにする~出入口の話~

学習目標

背景/学習目標/事前・事後テスト/前提テスト/学習目標の明確化/事例

第3章のまとめ

練習/フィードバック

第4章 テストを作成する

学習目標

背景/相対評価と絶対評価/学習課題の種類:認知・運動・情意領域/言語情報と知的技能とそのテスト/運動技能とそのテスト/態度とそのテスト

ペーパーテストの形式/事例

第4章のまとめ

練習/フィードバック

第5章 教材の構造を見きわめる

学習目標

背景/課題分析/クラスター分析:言語情報の課題分析/階層分析:知的技能の課題分析法/手順分析:運動技能の課題分析法/態度の課題分析法/課題分析図を用いた出入口の再チェック/事例

第5章のまとめ

練習/フィードバック

第6章 独学を支援する作戦をたてる

学習目標

背景/導入-展開-まとめ/ガニェの9教授事象/導入:新しい学習への準備を整える/展開:情報提示と学習活動/まとめ:出来具合を確かめ,忘れないようにする/チャンク/指導方略表/学習課題の種類と指導方略/事例

第6章のまとめ

練習/フィードバック

第7章 教材パッケージを作成する

学習目標

背景/プリント教材の長所と短所/独学を助ける工夫/教材パッケージ/形成的評価の7つ道具/事例

第7章のまとめ

練習/フィードバック

第8章 形成的評価を実施する

学習目標

背景/形成的評価と総括的評価/学習者検証の原則/形成的評価の3ステップ/1対1評価実施の留意点/事例

第8章のまとめ

練習/フィードバック

第9章 教材を改善する

学習目標

背景/教材の改善/形成的評価の結果解釈/教材改善の手順/改善のコスト効果/事例/第9章のまとめ

練習/フィードバック

第10章 おわりに

学習目標

背景/情報活用能力と独学を支援する教材/これからの学校と独学を支援する教材/「リーダー」としての教師/要求されないことをやり続ける意志の力/「教える」の2つの意味/これから,ここから/復習の3つの方法

資料

教材を自作して報告書を作ろう/教材企画書の書き方/教材企画書の相互チェック/7つ道具チェックリスト/教材作成報告書の書き方/教材改善のためのチェックリスト/教材改善に役立つ ケラーのARCSモデル/教材の魅力を高める作戦 ARCSモデルに基づくヒント集/講義シラバス例/企業などにおける研修計画例

IDの「設計マニュアル」シリーズ

ID(インストラクショナルデザイン)とは?

教育を中心とした学びの「効果・効率・魅力」を高めるための手法。

学校教育の分野のみならず,医療・看護の分野や,

経営・ビジネスの世界でも注目を浴び,拡がりを見せている。

さらには,eラーニングや人生100年時代の生涯学習としても「使える」手法である。

北大路書房では

一般向け/学校向け/企業向け/学習者向けに,数々のID入門書を刊行!

インストラクショナルデザイン 教材 企業研修 独学 教育工学 授業改善 学習目標 事例 フィードバック eラーニング Plan-Do-See テスト 相対評価 絶対評価 クラスター分析 形成的評価 授業構想 振り返り 授業パッケージ 授業デザイナー メーガー 科学的方法論 学習目標  ブルーム タキソノミー ガニェ 学習指導案 評価方法 ARCS 学習意欲 プロジェクト学習 ファシリテーター 中原淳 システム的アプローチTOTEモデル評価の4段階モデル カークパトリック ROI IDの第一原理 ニーズ分析 パフォーマンス分析 アクションプラン 自己調整学習 認知的方略 メタ認知 メタ認知 自己調整学習者 学習スタイル 学びの深さ 学習意欲 アクションプラン 人生100年時代 アクティブラーニング ARCSキャロル 時間モデル ケラー ARCSモデル ガニエ 9教授事象
教材設計マニュアル: 独学を支援するために 授業設計マニュアルVer.2: 教師のためのインストラクショナルデザイン 研修設計マニュアル: 人材育成のためのインストラクショナルデザイン 学習設計マニュアル: 「おとな」になるためのインストラクショナルデザイン
著者 鈴木克明 著 稲垣 忠,鈴木克明 編著 鈴木克明 著 鈴木克明,美馬のゆり 編著
内容紹介 学校や大学・企業などで教えることに携わっている人,これから携わろうとしている人に向けての教材作成入門。教材のイメージ作りから改善までを一歩ずつ進めることができるように(各章はそれぞれ,学習目標・背景・キーワード・事例・まとめ・練習問題・フィードバックの7つで)構成。教材を見極める力もつけられる。 目標の設定,教材分析,指導案の書き方から評価の仕方まで, 一連のプロセスを「授業パッケージ」とし, 「よい授業」をするための必須を解説。 巻末の2種類のワークシート (「授業パッケージ制作シート」と「授業パッケージ交流シート」)で, 実践的に授業の質を高められるように編集。 21世紀型スキル,自ら学ぶ意欲,協同学習,反転授業など, 近年の動向にも対応させた改訂新版。 教えなくても学べる研修とは? 目標達成のための「最終手段」と研修を位置づけ, 学んだことがわからないままに終わってしまう事態からの脱皮を図る。 何をどう教える(学ぶ)かだけでなく, なぜ教える(学ぶ)必要があるのかを徹底的に問い, 業務直結型で組織に貢献できる研修設計をめざす。 自らの学びを,効果的で効率的で魅力的にデザインし,「学」んで「問」える「おとな」へと導く19の方略を提供する。メタ認知,ID理論,自己調整学習など,学び方を学べる本。明確な学習目標,具体的でわかりやすい事例,理解を深めるための練習問題とフィードバックを各章に配置した「設計マニュアル」シリーズ第4弾。

登録情報

  • 出版社 : 北大路書房 (2002/4/1)
  • 発売日 : 2002/4/1
  • 言語 : 日本語
  • 単行本(ソフトカバー) : 208ページ
  • ISBN-10 : 4762822442
  • ISBN-13 : 978-4762822445
  • 寸法 : 21 x 14.8 x 2.5 cm
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち3.9 27個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.9
星5つ中の3.9
27 件のグローバル評価
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2010年10月8日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2016年2月10日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
ベスト1000レビュアー
2002年8月1日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
24人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2015年4月14日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2015年3月24日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2009年3月9日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2008年6月30日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告