通常配送無料 詳細
残り8点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
教団X がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ●ページは良好な状態です。●カバーなどの外観は、中古のため多少の使用感や擦れ、ヨレ、細かな傷があることがありますが、良好です。●帯なし
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

教団X 単行本 – 2014/12/15

5つ星のうち 2.7 173件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,944
¥ 1,944 ¥ 317
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 教団X
  • +
  • コンビニ人間
総額: ¥3,348
ポイントの合計: 102pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

絶対的な闇、圧倒的な光。
「運命」に翻弄される4人の男女、
物語は、いま極限まで加速する。
米紙WSJ(ウォール・ストリート・ジャーナル)年間ベスト10小説、
アメリカ・デイヴィッド・グーディス賞を日本人で初受賞、
いま世界で注目を集める作家の、待望の最新作!

謎のカルト教団と革命の予感。
4人の男女の「運命」が重なり合い、この国を根底から揺さぶり始める。
神とは何か。運命とは何か。
著者最長にして圧倒的最高傑作。ついに刊行。

内容(「BOOK」データベースより)

謎のカルト教団と革命の予感。自分の元から去った女性は、公安から身を隠すオカルト教団の中へ消えた。絶対的な悪の教祖と4人の男女の運命が絡まり合い、やがて教団は暴走し、この国を根幹から揺さぶり始める。神とは何か。運命とは何か。絶対的な闇とは、光とは何か。著者最長にして圧倒的最高傑作。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 576ページ
  • 出版社: 集英社 (2014/12/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4087715906
  • ISBN-13: 978-4087715903
  • 発売日: 2014/12/15
  • 梱包サイズ: 19 x 14.2 x 4.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.7 173件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 8,367位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
スリの作者じゃなきゃ読まない作品。
実力派が本能のままに好きなこと書いたら、こうなったんだ。荒々しくて、媚びてなくて、これはこれで嫌いではない。
成功したものだけが出来る仕事。
内容はともかく、作者の本性を見たような気がした。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
著者の作品は初めてだが、陰鬱なテーマと展開のわりに伊坂幸太郎のような、書くこと自体を楽しんでいる感じがあった。蘊蓄多目なところもにている気がする。なので「ブンガク」と肩肘張らずに、やや厚目のミステリだと思うとそこそこ楽しめた。これ読んで人間に絶望することも神の存在に思いを馳せる必要もない。ただ少しだけ我が身を振り返る、そんな手応えの小説だと思う。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
純文学のジャンルや中村さんの小説が好きで、その流れで購入しました。私は中村さんの初期の本を主に読んでいたので、それとはかなり違うものだというように感じました。内省的な物語から、外に外に出て行くようなイメージを持ちました。
「教団Xの背景や洗脳方法についての記述が少なく引きこまれない」というレビューが多かったのですが、そのような描写は必要ないのかなとに考えています。それらについて書くのはミステリやSFで、登場人物に代弁させることで中村さんご自身の考えを写している本著には却って蛇足になると思いました。物語上の仕組みを理解するのではなく、小説全体の根底にあるものを受け止め読み手がどう消化していくかという読み方が向いているとおもいます。
人間の原子や意識について・宗教について・経済のシステムについて・過去の戦争と右傾化している日本について等、中村さんご自身の見識は大変興味深く、純粋に知識として吸収することができました。

世界に対する中村さんの考えの代弁という側面を抜きにしても、悪や性という普遍的なテーマを扱ったものとして、身に迫る心地がしました。
見出しにも書いたのですが、この本(そして純文学というジャンル)は大衆文学とは目的が違うと私自身は考えています。どちらが優れているとかそういうものではなく、純文学は読者(もしかしたら筆者)を救った
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
いまいち感じるものがありませんでした。
サスペンス的な展開の部分にも伏線というほどのものはなく、謎多き人物の独白でも全てがスッキリ分かるということがなく、もやもや。一方でセックスシーンは唐突で妙に長い。純文学とはこういうものだと言われればそうかもしれませんが、やたら宣伝されているのでもう少し一般向けかと思ってしまっていました。
出来事には現実味がなく、そのなかで参考文献からの知識だけが奇妙な存在感を示しています。
神について、登場人物があれこれ考えを巡らしている内容は興味深いけれど、物語の展開や登場人物に魅力を感じなかったので、小説という形をとる必要があったのか疑問です。エッセイで良いのではないでしょうか。宗教というか、哲学に興味が湧いたので、参考文献のほうを読んでみようかなと思います。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
アメトークでの絶賛など、その高評価に期待して購入しました。が、まるで参考文献を丸暗記したかのような登場人物の台詞と作者のイデオロギーを伝えたいだけのような都合のいいストーリーに辟易しました。
現政権やネット等、作者が不快に思っている事を全て陰謀論で纏めて批判していますが、この作品の売り方にこそ陰謀を感じます。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
「教団X」と呼ばれるカルト宗教集団と、
それに関わる男女を描いた作品。

主要な登場人物たちに感情移入することが出来ず、
また、彼らの一つ一つの行動の根拠や理由を
理解することが出来ないことが多かった。

作者が伝えたいことを、理解することは出来る。
しかし、あまりにも観念的かつ抽象的、
そして悪意に満ちており不快感が募ってしまった。

ブッダ(仏教)、宇宙、素粒子、魂、脳科学、意識など、
難解な理論をページを割いて展開する意図も解りかねた。
性描写や凌辱シーンに関しても、
女性を理解できない男性の表現だと思った。

最もガックリ来たのは、「教団X」の教祖の
最後の行動(指示)である。
目的や内容が意味不明であり、
「最後に何かが起こるはず」という
かすかな期待を完全に裏切られてしまった。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー