中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■通常24時間以内に発送可能です。■午後4時までのご注文は通常当日出荷。■クリーニング済み。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

教えて、金融のこと 北村センセイに聞く30の質問 単行本 – 2008/2/7

5つ星のうち 4.0 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

リアルな金融と金融業界のやさしい道案内。話題のサブプライム問題と証券化の仕組みや外資系金融、投資銀行、資産運用会社の儲けの実態、さらにファンド・マネジャーの高年収の仕組みから金融パーソンの勤務の実態まで! 『外資ファンド利回り20%超のからくり』など金融ビジネス関連の注目の著者・北村慶が、金融や金融業界に関心のある人、就職・転職活動にもすぐ役立つ知識を、女子大生の質問メールに答える形でわかりやすく解説。

内容(「BOOK」データベースより)

「外資系金融のお給料がいいのはなぜ?」「サブプライム問題の意味って何?」金融に興味のある人、就職・転職を目指す人が知りたいリアルな金融業界、教えます。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 237ページ
  • 出版社: 朝日新聞社 (2008/2/7)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4023302732
  • ISBN-13: 978-4023302730
  • 発売日: 2008/2/7
  • 梱包サイズ: 18.6 x 13 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,020,368位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
3
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(3)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
本の内容は、学生がメールで北村先生に質問し、それに回答をするという構成です。

登場人物の学生も大学3年生であり、金融機関への就職希望者を意識して書かれた内容です。
したがって、経済学部の方や将来の就職先を悩んでいる方にお勧めです。

しかしながら、「サブプライムローン」の問題などについてみかんに例えて書かれており、理解しやすいので金融工学に興味のある社会人にとっても楽しく読めると思います。

今までの著者の前作品の様な小難しさは全くないので、だれにでも気軽に読むことができる内容ですが、その分知識のある方にとって物足りなさを感じる点は否めません。

また、資産運用に関する内容は殆どありません。

従って、あくまでも経済学の勉強として読むことをお勧めします。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
「サブプライム問題」とは何なのか?
サブプライム問題を腐ったみかんに例えて、サブプラ〜証券化の仕組みをわかり易く教えてくれる。

他にも
・金融業界はどうやって儲けているのか?
・金融業界の社員はどんな仕事をしているのか?どれぐらい給料を稼いでいるのか?
・バブルとはなぜ起こるのか?
といった事を、現役外資系金融マンの北村氏が、初心者にわかり易く、リアルに伝えてくれる。

ただ、この本のメインの内容のひとつ
「学生が金融業界に就職するには・・・」という部分は、
残念ながら、2008年9月のリーマン破綻〜世界金融危機が起きた後では「外資系金融機関への就職はリスクが高いからやめておこう」という学生が続出するの間違いないだろう。

「サブプライム問題」や「バブル」といったキーワードを勉強したい入門者には、とてもわかり易いおすすめの一冊。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
著者の北村センセイは、現役のグローバル金融マンとのこと。
かたくるしい理論じゃなく、具体例で、「金融」のこと、そして「業界」のことが、
よ〜くわかりました。金融業界のことを知りたい人には、特におすすめです!
ところで、聞き手の斎藤さんって、なにもの? 就職できたのかしら? ちょっと気になります。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告