¥ 1,512
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
教えて、お坊さん! 「さとり」ってなんですか がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

教えて、お坊さん! 「さとり」ってなんですか 単行本 – 2016/11/18

5つ星のうち 5.0 4件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 1,434

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 教えて、お坊さん! 「さとり」ってなんですか
  • +
  • ラブ、安堵、ピース 東洋哲学の原点 超訳『老子道徳経』
総額: ¥3,132
ポイントの合計: 61pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

32歳の仏教女子が6名の賢僧に学んだ究極の「安心道」

32歳の熱心な仏教女子が、仏教の神髄ともいえる「さとり」について、6名の賢僧に学んだ珠玉の対話集。インターネット寺院・彼岸寺で連載した「ひらけ! さとり!」をもとに書籍化。

第1章:「つながり」をたのしんで生きること(藤田一照さん・曹洞宗国際センター所長)
第2章:夢であると気づいた上で夢を生きること(横田南嶺さん・臨済宗円覚寺派管長)
第3章:「いま」という安らぎの中に生きること(小池龍之介さん・月読寺住職)
第4章:自分をまるごと受けいれて生きること--泥仏人生(堀澤祖門さん・三千院門主)
第5章:死では終わらない物語を生きること(釈徹宗さん・如来寺住職、相愛大学教授)
第6章:「ほんとうのいのち」に従って生きること(大峯顯さん・専立寺前住職、大阪大学名誉教授)

内容(「BOOK」データベースより)

32歳の仏教女子が6人の賢僧に学んだ究極の「安心道」

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 256ページ
  • 出版社: KADOKAWA (2016/11/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4041045894
  • ISBN-13: 978-4041045893
  • 発売日: 2016/11/18
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 13,024位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
4
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(4)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
「仏教ファン」を自称する著者が、仏教界の若手僧侶から大御所までを相手に、
仏教のど真ん中である「さとり」について語り合う対話形式の本です。

登場する6人のお坊さんの人選について、著者は出版インタビュー([...])で
次のように述べています。

「『わたし』という枠、『わたし』という物語の向こう側からの語りに、
きっと「さとり」と呼ばれる世界へのヒントはあるのだろう、と、そういう確信がありましたので。
だから、そうした地点からの語りを聞かせてくれるだろうと直観した方に、直接、対話を申し込んでいましたね。」

仏教は様々な枠に気付き、その枠の外へ出ることを促してくれるものですが、
最近刊行されている仏教本を見ても、この枠の中での物言いに留まっているものが多いように感じます。

そういった本で述べられているのは、この「わたし」の問題をいかに解決していくかということです。
それはそれでよいとは思いますが、その「わたし」と「わたしに生じる諸問題」という対立構造は、
結局どこまでいってもなくなるものではなく、問題を解決し続けようとする限り、根本的な安心を
見出すことは難しいのではないでしょうか。

本書はこの「わ
...続きを読む ›
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
仏教と切っても切り離せない「さとり」の定義。
時に大いなる発想の転換をはかられる記述もあり、学びの多い内容でした。
聞き手の小出さんは、柔軟な感性を持って常にさとりと向き合っている方と感じます。
小出さんを通し、語り手のさとり観が安らかに引き出されています。
素晴らしい語り合いを脇から拝聴している心地でした。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 piccolosan 投稿日 2016/11/28
形式: 単行本
小出さんのブログを毎日読んでいる者です。

この本のすばらしいところは、あくまでも、小出さん = 一般人の立場から書かれた本であるということ。【悟り】は、すべての人にまんべんなく起こり得るものだということを実感できる、生きるヒントになってくれる本だと思います。

お坊さんとのインタビュー本ですが、お坊さんのあたたかい言葉もさることながら、聞き手の小出さんの言葉の節々から、仏教への深い知見が感じられます。また読み返そうと思います。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
目から鱗の言葉や、深く考えさせられる話題が載っていて、面白い本です。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック