¥815
通常配送無料 詳細
残り15点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
敗者烈伝 (実業之日本社文庫) がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

おすすめ商品の読み込み中
お客様へのおすすめ商品

カートに追加中...

カートに追加されました

追加されませんでした

商品はお客様のカートに入っています。

カートを見る

追加されませんでした

本商品をカートに追加する際問題が発生しました。 後でもう一度試してください。
申し訳ありませんが、現在おすすめ商品を表示する際に問題が発生しています。 後でもう一度試してください。
ショッピングを続ける
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


敗者烈伝 (実業之日本社文庫) 文庫 – 2019/10/4


その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
文庫
¥815
¥815 ¥700
この商品の特別キャンペーン まとめ買いで日用品等が30%OFF。 1 件
  • まとめ買いで日用品等が30%OFF。
    Amazon.co.jpが販売、発送する【A】対象の日用品等と【B】ドラッグストア・ビューティー・お酒・ベビー&マタニティ・ペット・ホーム・家電・オフィス用品・スポーツ&アウトドア・本などをまとめて購入すると、注文確定時に【A】が30%OFF。10/10(木)から10/30(水)まで。詳しくは キャンペーンページをご確認下さい。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)


本まとめ買いクーポン
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売、発送する【A】対象の日用品等と【B】ドラッグストア・ビューティー・お酒・ベビー&マタニティ・ペット・ホーム・家電・オフィス用品・スポーツ&アウトドア・本などをまとめて購入すると、注文確定時に【A】が30%OFF。10/10(木)から10/30(水)まで。詳しくは キャンペーンページをご確認下さい。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

よく一緒に購入されている商品

  • 敗者烈伝 (実業之日本社文庫)
  • +
  • 婆娑羅太平記 道誉と正成 (集英社文庫)
  • +
  • 士道太平記 義貞の旗 (集英社文庫)
総額: ¥2,817
ポイントの合計: 28pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるブックカバー
好きなデザインを選んで取り付けよう! 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

信長も光秀も皆敗者だ――
“敗れた英雄”に学べ!
歴史に学び、現代を勝ち抜くヒントがこの一冊に!!
河合敦さん絶賛!(『早わかり日本史』著者)

本能寺で織田信長を討った明智光秀は、なぜ数日で勝者から敗者へ転落したのか――
歴史小説界の旗手・伊東潤が、古代から戦国、幕末・明治まで、
日本史上に燦然と輝きを放ち、敗れ去った英雄たち25人の「敗因」に焦点を当て、
真の人物像、歴史の真相に迫る歴史エッセイ。
源頼朝、徳川家康ら、最後まで勝ち抜いた歴史の勝者を語る「勝者烈伝」併録。

【本書で取り上げた人物】
蘇我入鹿――頂点から一気に没落した国際派
平 将門――調子に乗りすぎた野心家
藤原頼長――厳格に過ぎた摂関政治の護持者
平 清盛――事を急ぎすぎてすべてを失った独裁者
源 義経――己の力量を過信した天才武将
高 師直――建武の新政をぶち壊した婆娑羅者
足利直義――愚兄への甘えから墓穴を掘った賢弟
足利義政――戦国時代を招いた無気力将軍
太田道灌――己の手腕を頼みにしすぎた大軍略家
今川義元――一瞬の油断が命取りになった海道一の弓取り
武田勝頼――人間洞察力に欠けた最強の侍大将
織田信長――己を克服できなかった史上最強の英傑
明智光秀――白と黒の二面性を併せ持った謀反人
北条氏政――慎重さが足枷となった名家の四代目
豊臣秀次――独裁者に操られた悲劇の後継者
石田三成――有能でありながらも狭量な困った人
豊臣秀頼――時代の波に押し流された賢き人
天草四郎――勝算なき戦いに駆り出された美少年
徳川慶喜――思いつきで動き回って自滅した小才子
松平容保――将軍に利用されて捨てられたお殿様
大鳥圭介――最後まであきらめない理系指揮官
榎本武揚――薩長政府に徹底抗戦した気骨の人
江藤新平――正義を貫きすぎた硬骨漢
西郷隆盛――肥大化した人望にのみ込まれた人格者
桐野利秋――西郷への敬愛に殉じた最後の志士

コラム「勝者烈伝」
源頼朝――恐妻家の墓穴
足利尊氏――気分屋天下を取る
徳川家康――敵を知り、己を知れば――
大久保利通――そして誰もいなくなった

内容(「BOOK」データベースより)

本能寺で織田信長を討った明智光秀は、なぜ数日で勝者から敗者へ転落したのか―歴史小説界の旗手・伊東潤が、古代から戦国、幕末・明治まで、日本史上に燦然と輝きを放ち、敗れ去った英雄たち25人の「敗因」に焦点を当て、真の人物像、歴史の真相に迫る歴史エッセイ。源頼朝、徳川家康ら、最後まで勝ち抜いた歴史の勝者を語る「勝者烈伝」併録。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 352ページ
  • 出版社: 実業之日本社 (2019/10/4)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4408555363
  • ISBN-13: 978-4408555362
  • 発売日: 2019/10/4
  • 梱包サイズ: 15.2 x 10.6 x 1.2 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 3,310位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

まだカスタマーレビューはありません

星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう