中古品
¥ 792
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【管理シールはビニール越しに貼付しております】 表紙に多少の汚れ、折れ、キズはあります。中身に40pほど折れあり。その他汚れはなく、タバコ臭もない全体的に状態の良い中古書籍でございます。防水しすみやかに発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

敗者のゲーム(新版) なぜ資産運用に勝てないのか 単行本 – 2003/12/4

5つ星のうち 4.3 32件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 481

この商品には新版があります:

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

運用哲学の基本を説いた古典中の古典といわれるロングセラーの最新版。米国バブル崩壊以後の動きを盛り込みデータ類も一新。21世紀の長期投資のための戦略と指針を解説した注目の書。個人投資家への助言も充実。

内容(「BOOK」データベースより)

投資家に読み継がれる運用哲学の古典!「投資界の常識」をくつがえしたエリスの法則とは。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 231ページ
  • 出版社: 日本経済新聞社; 新版 (2003/12/4)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4532350689
  • ISBN-13: 978-4532350680
  • 発売日: 2003/12/4
  • 梱包サイズ: 19 x 13.2 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 32件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 166,056位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
著者は、資産運用の真実を読者に伝えようとしています。
『簡単に儲けれる』という主旨の著作が、
世間に溢れる中、非常識と思える考え方と捉えるかもしれませんが
よい成績をあげ儲けることが、決して容易ではないことを
著者の経験とデータより証明しようとしています。

また、個人投資家向けで、より効率的で確実な投資法として
インデックスファンドを薦めています。

タイトルの『敗者のゲーム』は、
資産運用の世界が、ミスを少なくすることによって
よい成績が生み出すことにつながることを示しています。

また、哲学的と言えるような深くそして簡潔なメッセージも多く、
資産運用以外にも十分に役立ち知識がこの本には、紹介されています。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
~前の版も買って読みましたが、本書は、冷静にそしてわかりやすく投資という仕組みを解説しています。私は、勝ち負けという言葉で、資産運用を表現するのはいやですが、本書で言うのは、相手のミスを待つことが秘訣だということを言っています。少し考えれば、他者を出し抜こう等するアクティブファンドというものが、同じレベルのファンドマネージャーの競争~~になるので、費用がかかる割には、良い結果を得られないということが理解できます。結局、値上がりしても値下がりしても、投資家は販売手数料や信託報酬料を払い続けるわけです。必ず手数料という損をするのは投資家で、必ず利益が出るのは証券会社です。また、自分は他人より賢いと過信して、相場の上がり下がりのタイミングを見たり、チャート分析などをす~~ることは無意味だなと感じます。自分の予想が当たるのを自慢したい人や、趣味として株式を売買する人には本書は向いていません。
なお翻訳では、原著の順序を変えたりしているようです。またアメリカ特有のことで日本に当てはまらないことについて訳者が説明をしていないのは不便です。もう少し日本の読者向けの解説を付けるべきだと思います。~
コメント 75人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Amazon Customer VINE メンバー 投稿日 2007/10/28
形式: 単行本
多くのマネー関連の著作から引用され、推奨される本書。やはりそれだけの価値はある。

現代においては、多くの優秀な人材と豊富な資金量・情報を持つ機関投資家が市場の主役となったため、市場に勝ち続けることはほぼ不可能で、「ミスをした方が負ける」という「敗者のゲーム」になっているという。

個人投資家レベルで、世界でもトップクラスの優秀な人材と資金・情報を持つ機関投資家に勝とうなどというのは、最も無謀な戦いなのであろう。ディトレーダーはさしずめ、現代のドンキホーテとでもいうところか。

「投資家のドリームチームを集めたら、結局それは市場そのものになる」という事実は面白い。「面倒だから」という消極的な理由でなく、「それが理想的だから」という理由でインデックスファンド投資などのパッシブ運用を薦めているのは目から鱗だ。市場に勝つことではなく、長期の運用プランを持ち、感情に流されないことが大切、というアドバイスも貴重なものだ。

豊富なデータと、説得力のある論旨。さすが多くの人に薦められる名著。資産運用を少しでも考えている方にとっては、今でも必読の一冊といえるでしょう。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
著者は、インデックスファンド(市場平均)による長期投資が確実な投資法と述べています。

なぜなら、インデックスファンドは手数料が安いということに加え、機関投資家が9割を占めている市場では、アクティブファンドや個別株式等で他の投資家を出し抜くことは難しいからです。確かに過去の米国の株式ではそうでした。

しかし、バブル時に設定されたわが国の日経225やTOPIX連動ファンドが未だに、設定来の基準価額をはるかに下回っているのを見ると、疑問に感じます。

これには前提があり、それは「今後安定して成長が見込める成熟市場においてインデックスファンドは有効である」ということです。

すなわち、バブル崩壊以降の日本の株式市場など衰退市場は投資対象外であり、新興国などの玉石混交の急成長市場では、見極めて投資するアクティブファンドのほうが成績がいいこともあります。そのことについてあまり触れられてないので注意が必要です。

ちなみに、「なぜ資産運用に勝てないのか」ではなく「市場平均になぜ勝てないのか」が正しい意味です。
コメント 71人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー