中古品
¥ 563
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感があります。他は問題ありません。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

敗者のゲーム―金融危機を超えて<原著第5版> 単行本 – 2011/2/25

5つ星のうち 3.9 13件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 535

この商品には新版があります:

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

運用哲学の古典として投資家に読み継がれてきた全米50万部のロングセラー。グローバルな金融危機と株価暴落で、投資の原則は変わったのか? この間の市場の激変を踏まえて、7年ぶりに大改訂した投資家待望の書。

内容(「BOOK」データベースより)

時代の先を読む投資の金言。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 255ページ
  • 出版社: 日本経済新聞出版社; 原著第5版 (2011/2/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4532354390
  • ISBN-13: 978-4532354398
  • 発売日: 2011/2/25
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 13件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 127,825位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
「運用基本政策の堅持」「長期資産配分」の意義をお節介なまでにこんこんと説く、インデックス投資家のバイブル。とはいえ、本書で述べられている「敗者のゲーム」の概念をはじめとした資産運用に関する数々の考察は、インデックス投資家のみならず、あらゆるスタイルの投資家に重要な示唆を与えてくれること必至。「表現が回りくどい」「抽象論ばっかり」etcといった批判はあるものの、資産運用を語る上で外すことのできない「古典」としての地位は依然健在である。
今回の第5版も基本的なメッセージは変わらないものの、リーマン・ショック後の世相を反映してか、「投資信託をどう選ぶ」「2008年の大暴落」「資産家のためのアドバイス」の3章が新たに加わるなど、随所に加筆修正が為されている。
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
本作はリーマンショック後で期待が大きかったせいか前作を読んでいたせいか
直感的な所感となってしまいますが、「なぜ投資家は資産運用で勝てないのか」のほうが
読み応えを感じました。いずれか1冊読めばよいかと思います。両方 良書であることには
変わりありません
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
 三点でまとめると、以下のようなところでしょうか。
1)個人投資家は株式市場において、ミスをした回数が少ない方が勝てるというアマチュアのテニスプレーヤーのようなゲームプランに徹するべきで、もっとも薦められるのはインデックスファンドへの投資
2)投資で「アルキメデスの梃」となるのは時間。長時間保有し続ければ、必ず株価は上がるし、短期間で売買を繰り返せば、手数料を取られるだけに終わる
3) 投資家が市場リスクとともに意識しなければならないのは、インフレリスク。また、《リスクとは、必要な時に必要な資金を持っていない状態》(p.91)

 《人間は感情的な動物である。より働けば、それだけ多くの成果が得られてしかるべきだとも思っている。まったく非合理的な生き物なのである》なんていう言い方も好感が持てますね(p.48)。だいたい、人間は自己評価が高すぎます。だから失敗するんでしょうが。いままでもやっていないことですが、これからも絶対やらないようにしようと改めて思ったのはコモディティ商品取引。《コモディティ取引は、価格変動の投機にすぎない。経済的付加価値を生まない以上、投資とはいえない》(p.147)。

 この5版はリーマンショックを踏まえて書かれています。そして、見事なまでに破綻したアイスランドやマドフのケースと市場が違う
...続きを読む ›
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
・大多数の積極運用ファンドはインデックスに負けている
・さらに個人投資家に限ると、ほぼ全員がインデックスを下回っている
・これら負け組みファンドや投資家は積極的に運用するほど負けが大きくなる
・個別銘柄を選んだり、天底を捉えようとする努力は無駄であり損失を増やす
・それならばインデックスという市場の平均値に投資するのが合理的である

内容の掴みとしてはこのような事が書かれています。
投資の世界で幅を利かせている「カリスマ投資家」や「伝説のディーラー」達を真っ向から否定する内容です。
業界の利益からタブーとなっているこのような本を多くの人が読むべきだと思いました。
なにしろ書店に並ぶ投資本は、全て業者の宣伝といえるほど酷いですからね

追加。
この本にあるような投資法を自分なりに1年近くやってみました。
世界経済連動投信に毎月積み立てるような事です
確かに負けることはほぼ有りません
一時的に含み損になっても、積み立てている間にいつかは利益が出るからです
為替ヘッジ型だと、まず負けないと言って良いです。
大勝ちもありませんが、生涯を通じて大負けせずプラスにするには、確かに確実です
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
誰が何をいつ…そして自分自身は、経験、検証から来る結論。意地をはらず相場をはれ…その前に勝ちたいなら敗者を知ろう
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
アマチュアのゲームです。
個人投資家に向けたエールです。
プロがゴマンといる投資の世界で勝つためにはミスをしないこと。
ミスとは、つまり、目先の誘惑に負け感情的になり取引を行うこと。
なんだ、結婚と同じか、、、

リスクの管理が重要と書いているが、リスクって何?
持っている株なり投信がどこまで下がるとパニックになるか
そこを見極めるというが、、将来どこまで下がるかわからんじゃないの。
だから、現金の割合をどこまで下げられますかという話と思うが、
100%株に投資してもよし、というじゃないか。
ま、それでもいいんだけど。
インカムゲインでそれで暮らせれば、いくら下がろうがいいが、
キャピタルゲインも当てにするとなるとそうはいかんぜ。

ポートフォリオを決めて心安らかに過ごすことを推奨しておるが
テクニカルな面でなく、あくまでも敵は己の中にあるということを
くどくどと強調する本です。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー