中古品
¥ 1,257
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

救済 マイケル・ジャクソン 児童性的虐待疑惑(1993年)の真相 (ALL THAT’S MJ) 単行本 – 2011/1/13

5つ星のうち 4.8 19件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,900 ¥ 1,000
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

【本書の概要】
本書は、マイケル・ジャクソンに対して起こされた、1993年の児童性的虐待訴訟における彼の無実を、可能な限りの角度から検証したものです。著者のジェラルディン・ヒューズは、1993年にマイケル・ジャクソンが13歳の少年(原告)とその父親エヴァン・チャンドラーから性的虐待で民事訴訟を起こされたとき、法務秘書として原告側代理人であるバリー・ロスマン弁護士のもとで働いていました。ロスマン弁護士事務所内で秘かに進められていた「マイケル・ジャクソンから金を強請(ゆす)るための陰謀」の一部始終を目撃した著者は、その情報をマイケル・ジャクソン側弁護団に渡しました。しかし、マイケル側弁護団の変更に伴い、この民事訴訟は、はからずも和解という形で終結しました。和解の条件に守秘義務が盛り込まれていたため、著者がマイケル側弁護団に渡した情報は一切、公にされることはありませんでした。

また、検察は最初からマイケル・ジャクソンを有罪と決めつけ、原告の少年とその父親が訴えた内容が事実かどうか十分な検証を行わなかっただけでなく、マイケル・ジャクソンにとって有利な証拠を意図的に隠しました。そしてメディアは、情報提供者には多額の提供料を支払い、その情報の信憑性を確認することなく、あたかも性的虐待が実際にあったかのように、あらゆる卑劣な手段を使って書き立て、報道し続けました。自社の売上を伸ばすことに躍起となって、偏向・歪曲報道の手を休めることなく、史上最も成功したスーパースターをその頂点の座から引きずり降ろしたのです。

無実の偉大なスーパースターに集団で襲い掛かり、彼にとって耐えられないほど辛い試練の始まりとなった、1993年訴訟の舞台裏で、一体何が起こっていたのか? 「事実が明らかにされないままでは、マイケル・ジャクソンは人々の心の中で『有罪』の烙印を押されたままになってしまう」、「この訴訟がなぜ和解という形を取らざるを得なかったのか、その理由をぜひ多くの方に知ってほしい」、との強い思いから、著者は意を決して、本書を世に送り出すことにしました。

なお、原著が発行された2004年前後、および、それ以降に起こったさまざまな出来事(FBI捜査ファイルの詳細、コンラッド・マレー医師のプロポフォール投与方法に関する検視官のコメント等)については、「訳者追記」として、本書の巻末に追加されています。

内容(「BOOK」データベースより)

1993年、マイケル・ジャクソンが13歳の少年(原告)とその父親エヴァン・チャンドラーから性的虐待で提訴されたとき、著者は法務秘書として、原告側代理人であるバリー・ロスマン弁護士のもとで働いていた。ロスマン弁護士事務所内で秘かに進められていた「マイケル・ジャクソンから金を強請るための陰謀」の一部始終を目撃した著者が、原告側の偽証を暴き、マイケル・ジャクソンの無実を「証明」する。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 280ページ
  • 出版社: メディカル パースペクティブス (2011/1/13)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4861134811
  • ISBN-13: 978-4861134814
  • 発売日: 2011/1/13
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 19件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 489,613位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 mjjlap 投稿日 2011/1/13
形式: 単行本
93年。マイケルの身に起こった災難の序幕。最初の少年への虐待容疑。
彼のイメージはこの一件からズタズタにされ。そのダメージは晩年もずっとひきずることとなり。次なる同様の疑惑と裁判が彼を苦しめたことは言うまでもありません。

当時その原告側の代理人弁護士事務所で秘書をしていた著者は。マイケルとは面識はなく、マイケル側と関わりはないそうです。でも執筆することに著者の信念を感じます。

当時の丁寧な記録。
訳者の方の追記の補足記事などもあります。功績や慈善もあります。
分かりやすさの点でも 読みやすいです。

でっちあげ。金目当てのゆすりの。証言者。

語られる真実の本。  世間で、無実の彼を擁護することが難しい中で、勇気を持ち、真実を語りも。決してそれは報道されなかったとゆ彼への悪意ある偏向はいったい何だったのか。

こうして彼が亡くなってから 日本でも読まれるようになるわけですが。
マイケルに着せられていたあの汚名。本人が亡くなっているから今更もうどうでもいい とは到底思えません。

子供とゆ存在を心から愛していたマイケルが
何を背負って何と戦って、生きたのか。
いかにバカバカしい疑惑により 彼が 苦しめられたのか。

今もまだ偏見を持っている方にこそ 読んで頂きたい本です。
コメント 57人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 robin 投稿日 2011/1/18
形式: 単行本
 アフロダイテ・ジョーンズ著の「マイケル・ジャクソン裁判」と同様に、重要な本だと思います。
訳本が出て目にふれることができることに感謝します。
 
 周知のことですが、93年の児童性的虐待疑惑事件についての詳細が語られています。
 
 無実であることはすでに分かっていることですが、原告側の弁護士事務所で法務秘書として働いていたジェラルディン・ヒューズの客観的な記述というものに
興味をひかれましたし、何より彼女の勇気に、敬意をもって読みたいと思いました。
 
 結果、やはり読んでよかったと思います。
 
「和解」にしても、当時マイケルが無実なら、何故和解に合意したのかと、批判を浴びたそうですが、そうせざるを得なかった背景が詳しく綴られています。
ここでは法律用語がバンバン出てきて、私などは熟読しないと、理解が困難な部分があるのですが、それでもできるだけわかるように、かみくだいて解説して
くれており、知っていた気でいたことを、まず反省しました。
 
 要は、裁判で闘うには、非常に不利な、マイケルの憲法上の権利が著しく無視された状況下にあったということなのです。
全くもって理不尽なことです。恐喝という立派な犯罪が計画されてたにもかかわらず、
...続きを読む ›
コメント 41人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 響子 殿堂入りレビュアートップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2011/1/28
形式: 単行本
本書の著者は、1993年のM・ジャクソンを提訴した少年(原告)側の代理人のロスマン弁護士事務所で働いていた人。
弁護士事務所で進められていた「陰謀」の一部始終を目撃し、情報を当時のM・ジャクソン側の調査担当官に渡していたにもかかわらず、マイケル側の弁護士の変更、民事訴訟が和解で集結した為、公になることがなかったという。
本書の冒頭に、ジョゼフ・W・ジャクソン氏から、日本のファン・支持者に向けてのスペシャル・メッセージが掲載されている。

まず、翻訳ものとしては大変読みやすいと感じた。
もともとの原稿も非常によく整理されているのか、当時の資料、証言、状況、関係者が理解しやすいと思う。
メディアの偏向報道の怖ろしさ、欲望に目がくらんだ多くの人々の犠牲になったマイケルが痛ましい。
なぜ原告側の少年の父が、あのような脅迫を行ったのかの経緯、背景も良く理解できた。
彼があらゆる面で「あの訴訟」を起こす理由があったこと、担当弁護士の人間性にも触れている。
少年、少年の父母、弁護士、医師、マイケル側の私立探偵、マイケルと当事者の状況、行動、言動が綿密で詳細。
2009年12月22日、情報公開法に基づき、FBI操作ファイルが公開された時、マイケルが性的虐待を行った事実を裏付ける証拠はなかったという。
...続きを読む ›
コメント 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
私は特にマイケルのファンではなかった事もあり、彼は限りなく「クロ」に近いとの印象をこれまで持っていました。まさしくマスコミの報道を鵜呑みにして・・。ですが本書を読み、こうした考えが全く誤りだったことが分かりました。マイケルの無実を晴らしたいとの一心からこの本を書いた著者の勇気と熱意に敬服します。

そもそもこの事件が全くの金目当ての「でっちあげ」であり、マスコミの報道や検察の捜査・対応が公正さを欠いたものであったかが詳細に語られており、私のようにマイケルが「有罪」だったと考えている多くの人々に是非読んでもらいたい1冊です。そして今は亡きスーパースターがどれほど恵まれない子供たちのために尽くしたか、そしてこの「濡れ衣」とはまったく対極の存在だったかを知ってほしいと思いました。

内容的には訴訟や裁判関連の法律用語が多く読み進むのに少し忍耐が必要ですが、事件の全容を把握には必要不可欠な記述だと思います。日本でも検察が考えたストーリーに沿って無実の公務員を起訴するなどの事件が起こり、改めて、どの国にも検察や警察が必ずしも公正に動いてくれないケースがあるという事実に怖さを覚えました。
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー