通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
救い出される (新潮文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーあり。本体・カバーに若干の使用感、スレ、小折れ等がございますが、概ね良好な状態でございます。詳細が気になる方は、お手数ですが、お問い合わせ頂きます様お願い致します。毎日発送、14時までのご注文は、当日中に発送手続きさせて頂きます。防水の為、ビニール袋に入れ、クラフト紙で包む二重梱包でお届けします。出荷前に必ず商品チェックを行いますが、出品時の状態と差異がある場合はご相談させて頂く場合がございます。※店頭併売の為、売切の場合がございます。その際はどうかご了承下さいませ。▼万一、書き込みなど見逃しており、ご不満の場合は評価をされる前に、ご一報下さいます様、お願い致します。お値引等で、即刻対応させていただきます▼
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

救い出される (新潮文庫) 文庫 – 2016/8/27

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫, 2016/8/27
"もう一度試してください。"
¥ 810
¥ 810 ¥ 376

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 救い出される (新潮文庫)
  • +
  • アリバイ・アイク: ラードナー傑作選 (新潮文庫)
  • +
  • 呪われた腕: ハーディ傑作選 (新潮文庫)
総額: ¥2,301
ポイントの合計: 222pt (10%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



『君の名は。』、星野源『いのちの車窓から』、『ダンジョン飯』ほか、
KADOKAWA全品10%ポイント還元中。この機会をお見逃しなく! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

日常の倦怠から逃れ出て、カヌーで激流の川下りに向かう四人の男たち。だが、山の無法者との闘いの中で、一本の矢が放たれた。暴力、鮮血、死。奥地を流れる川が猛々しい貌を見せ始める。果たして四人は「川」から脱出できるのか――南部を舞台に凄惨な出来事と人間の蘇生を鋭い文体で描き切った米国のベストセラー小説! 『わが心の川』を復刊・改題。≪村上柴田翻訳堂≫シリーズ

内容(「BOOK」データベースより)

日常の倦怠から逃れ出て、カヌーで激流の川下りに向かう四人の男たち。だが、山の無法者との闘いの中で、一本の矢が放たれた。暴力、鮮血、死。奥地を流れる川が猛々しい貌を見せ始める。果たして四人は「川」から脱出できるのか―南部を舞台に凄惨な出来事と人間の蘇生を鋭い文体で描き切った米国のベストセラー小説!“村上柴田翻訳堂”シリーズ。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 468ページ
  • 出版社: 新潮社 (2016/8/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4102200711
  • ISBN-13: 978-4102200711
  • 発売日: 2016/8/27
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 336,869位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
2
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 フォート・リー トップ1000レビュアー 投稿日 2016/9/29
いい年の(中年の)男四人がつるんで、少年のように川下りをする。

そのときに思いがけない災難に出会うという、大人の(冒険?)小説です。
そんな大人げない話です。

「心」の中を流れる「川」の物語です。
男心の「川」はむずかしい、女には理解困難、一言で言えば、バカなんです。
だから、訳者酒本氏は本書の邦題を『わが心の川』と意訳したのです。

四人は仲のいい友達。
大人ですから、もちろん『トム・ソーヤーの冒険』の主人公たちとは違っています。
違っていて当たり前。ですよね。
しかし、心の底では、いつまでたっても少年のまま、子どもと同じ心をいまだに引きずって
男は毎日を退屈に過ごしているんです。

妻たち(女)には理解困難な気持ちではないでしょうか。最近は、男も女もありませんけど。
いいおとなに成った今でも、人生の流れに身を任せ、漂いながらの毎日、こんな人生には
飽き足らんとです。おいどん、男なんですから。週末くらいは男だけで冒険ごっこしたい男たち。

時々、日常の退屈な生活から抜け出たくなり、そうかといって川の流れに掉さすこともなく、
ただひたすら重力のまま落ちていき、酔いつぶれて、浮かばれ
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
原題“Deliverance”を、訳者は「・・・思うところあって、かりに『わが心の川』としてみた・・・」(訳者あとがき)

思うところ、がなんなのか教えてほしいものだが、本書を読んでもその答えはどこにもない。

四人の男が川下りに行き、三人だけが戻ってきた、そんな話だ。

語り手は、倦怠のなかにおり、さまざまなオブセッションのなかにいる。

文庫化の新題が『救い出される』となったのは、村上春樹の提案だというが(解説セッション◇村上春樹×柴田元幸)、語り手を含む四人は、ひたすら川を下り、そうすることで自らの罪からも浄化されようとする、とわたしには思えた。

男たちにとっては、悪や罪や災いは外からやってくるものなのだろうか。退屈や束縛を司るのは、家庭とそこにいる女なのだろうか。

それなら、というわけではないだろうが(わたしにはそうとしか思えないのだが)、四人は受けた暴力に報復し、殺人を犯す。

わたしは、これは通過儀礼(イニシエーション)を経ずに、身体だけが大きくなった男の話と理解した。
後半で、禅の話が語られるのもさもありなん。
悪いことはすべて外からやってくる、だから犯した殺人には口をつぐみ、自然に身をまかせるのだ、と。<
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告