通常配送無料 詳細
残り17点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
政治家の殺し方 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆非常にきれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

政治家の殺し方 単行本 – 2011/10/26

5つ星のうち 3.9 102件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,028
¥ 1,028 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 政治家の殺し方
  • +
  • やっと自虐史観のアホらしさに気づいた日本人
総額: ¥2,648
ポイントの合計: 80pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

前横浜市長は「女性スキャンダルまみれ」で「ハレンチ市長」と命名された。
悩み苦しんで「白髪頭」となり、「死」を考えたこともあった。
魑魅魍魎が跋扈する政界の隠された裏側を告白する、衝撃の書!

37歳という若さで横浜市長となった。だが、事実上、政治家として殺された。ある日、突然襲った謂れのないスキャンダルの嵐。その身の潔白は、すべての裁判で勝訴をおさめたことで証明された。では、いったいなぜそのようなことが起こったのか?裏には何があったのか?「政治家を殺すのに刃物はいらない。スキャンダルをでっち上げればいい。」彼を追い落とした人間は、いまも平然と生きながらえ、何の罪にも問われていない。地方自治をはじめとする政治のアブナイ世界だけにとどまらず、「史上最悪の人生」を味わった著者の実態にも迫る。これほどの生き地獄を味わった政治家は他にいるか?禁断の告白書!

内容(「BOOK」データベースより)

ハレンチ市長と呼ばれ、ストレスで髪が真っ白に。死を考えたこともあった。前横浜市長がすべてを赤裸々に語った激白の書。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 202ページ
  • 出版社: 幻冬舎 (2011/10/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4344020855
  • ISBN-13: 978-4344020856
  • 発売日: 2011/10/26
  • 商品パッケージの寸法: 17 x 11.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 102件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 217,055位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
元衆議院議員で、前横浜市長でもある、中田宏氏が昨年出版し、利権の構造と、身をもって経験されたスキャンダルの作られ方を綿密に描いた、話題の書。

スキャンダルがいかに作られるのか、またスキャンダルが全て作り話だと証明されてもいかに意味が無いか(著者は裁判では完全勝利したが、既に悪いイメージが付き、ネットにも罵詈雑言が溢れている)、に関しては、本人の経験だけに、かなりの臨場感がある。結果として裁判で負けなかったが、実質的にには「冤罪」になったも同然。

また、スキャンダルの捏造を公然と手伝う議員がいること(しかも罰せられない)、裏付け無しに報道しても罰を受けないマスコミには、怒りを覚える。また、普通の会社では考えられない、上司に「死ね」というメールを実名で送りつける公務員の存在や、徒歩手当や特殊勤務手当を始めとする地方公務員の厚遇は、驚愕に値する。

ただ一方で、中田前横浜市長の周りにいた方で、決して彼を良く言わない知り合いがいるのも事実。多分、実際に横浜市の財政健全化等をした等、「ビジネスパーソン」として彼の実力は確かなのかもしれないが、本人も「あとがき」で述べているが、「人徳による説得に欠けた」のが、彼がその実力にも関わらず主流の政治家になりきれない要因なのかもしれない。人徳の大切さは、普通の会社のマネジメントにも当てはま
...続きを読む ›
コメント 52人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ある事ない事をかき立てて、在任中の中田市長を苦しめた「週刊現代」を初めとする週刊誌や地方新聞。彼らはそれで部数が増えて売上アップすれば、たまに訴訟で負けて数百万円払っても痛くも痒くもない。ガセに基づくスキャンダルネタで儲けた出版社は、敗訴した瞬間にそれによって儲けたお金をすべて被害者に払うようにし、スキャンダル記事と同じ文書量で謝罪記事を書くようにしなければ、この構造的問題は解決しそうにないなと感じる。

また市長に対して局内LAN経由で脅迫メールを送る職員が何人もいるという事に衝撃を受けた。もちろん全体としては、まともな職員が多数を占めると思うが、こういうとんでもない職員を排斥する(首にする)仕組みないと、悪貨が良貨を駆逐する状態になってしまう。
1 コメント 45人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
悪徳マスメディアが日本をダメにしている実体。
悪徳自治体が税金を無駄遣いしている実体。
政治家という実体験から、記述された内容に深く納得が出来ました。
他人のことを考えているような振りに騙されないようにしたいと考えさせられました。

社会主義が跋扈している現在、自助努力を怠る国民へのメッセージも伝わってきました。
マスコミをマスゴミと考えている方や、地方自治、官僚が腐っていると考えているといらっしゃったら一読することをお勧めします(全員が全員、ダメだとは思っていません。念のため)。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ツィーターでの評判を知って読んでみた。
恐ろしいタイトルだが、目次をみると面白そうだった。

第1章 次世代のホープ、一晩でハレンチ市長になる
第2章 日本をダメにするマスコミの正体
第3章 魑魅魍魎が跋扈する地方自治体の危ない世界
第4章 市場最悪の市長に振り回された人々

なぜスキャンダルにまみれたか、なぜ任期途中で辞任したか、マスコミの正体は、地方自治体の実態は、公務員の実態は、中田宏という人物は、と言ったことがらについて書かれている。暴露本ではない、役所内の実態、改革の難しさ、地方議会の実態、議員の実態、公務員の実態、どれをとっても知らないことばかり、驚きの連続だ。

こうした事実は政治を目指す人ばかりでなく、役所に勤めたことのない一般市民もよく知っておく必要があると思う。

この本から、日本の悪しき構造的問題を横浜市を例に具体的に理解した。同様な構造が各地の役所、議会にあることを認識し、改善していくことが必要であり、そこから逃げないで、継続して改善していく重要性を学んだ。

数時間で読めるので、ぜひ多くの人に読んで欲しい。そして一人ひとりが自立し、日本を少しでもマトモな国にしたい。
コメント 251人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
必死に家族のために働いているつもりだが、私に限らず普通の労働者なら程度の差はあれど皆そうだろうと思っていた。
ところが、この本を読んでその認識は的はずれだということがわかった。

特に公務員の実態の酷さに憤慨した。
退職の前日に昇給して退職金を増額する。細かいところでは、役所では特別手当というものが当時55種類あり、例えば住民票を発行する戸籍課窓口の職員が発行手続きをするだけで「登録事務従事手当」をもらっているという、羨ましい限りの第二のお給料があるのだ。横浜から東京へ行くだけでも出張手当が出ているという。
真面目に仕事をしているのがバカらしくなる。

その見直しだけでも29億円もの経費削減ができた。このようなさまざまな改革をした中田宏・前横浜市長だが、賞賛をうけるどころか、ねつ造記事の餌食になっていた。いったい、日本はどうなっているんだ?

横浜市の例はほんの氷山の一角なのだろう。自分が住んでいる地域でもこのようなことが行われているのかと思うと、怒りがおさまらない。

この本を読んで世の中の実態を知った。
こんなおかしな社会が続かないことを願うばかりだ。
コメント 287人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック