新品:
¥2,640
ポイント: 72pt  (3%)  詳細はこちら
無料配送: 9月18日 - 19日 詳細を見る
最速の配達日: 明日9月 17日, 8AM-12PMの間にお届けします。 購入手続き画面でご都合のよい時間帯を選択してください。
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
Kindle版は、無料のKindleアプリがあればお持ちの端末で今すぐお読みいただけます。
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元 Amazon.co.jp
販売元 Amazon.co.jp
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
政治に口出しする女はお嫌いですか?: スタール夫人... がカートに入りました
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

政治に口出しする女はお嫌いですか?: スタール夫人の言論vs.ナポレオンの独裁 (けいそうブックス) 単行本 – 2018/12/26

5つ星のうち3.8 3個の評価

価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
単行本
¥2,640
¥2,640 ¥2,303

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

女性は参政権をもたず良家の子女は男性同伴でしか外出できなかった時代、「男性=公共圏=政治」「女性=親密圏=家庭」という近代的なジェンダー秩序に斬りこみ、両者をつなぐ「インターフェイス=社会=ソシエテ」としてのサロンを主宰。政治家、貴族、軍人、知識人を交流させ、本を書き、自らの声を政治に反映させた女性たちを、スタール夫人を中心に描く。

著者について

工藤 庸子(くどう ようこ)
フランス文学, ヨーロッパ地域文化研究. 東京大学名誉教授. 主要著書に, 『恋愛小説のレトリック――『ボヴァリー夫人』を読む』(1998年), 『ヨーロッパ文明批判序説――植民地・共和国・オリエンタリズム』(2003年), 『近代ヨーロッパ宗教文化論――姦通小説・ナポレオン法典・政教分離』(2013年), 『評伝 スタール夫人と近代ヨーロッパ――フランス革命とナポレオン独裁を生きぬいた自由主義の母』(いずれも東京大学出版会, 2016年), 主要な訳書に, 『いま読むペロー「昔話」』訳・解説(羽鳥書店, 2013年), マルグリット・デュラス『ヒロシマ・モナムール』(河出書房新社, 2014年). 編著に, 『論集 蓮實重彦』(羽鳥書店, 2016年)など, 共著に『〈淫靡さ〉について』(羽鳥書店, 2017年)など.

登録情報

  • 出版社 ‏ : ‎ 勁草書房 (2018/12/26)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2018/12/26
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • 単行本 ‏ : ‎ 216ページ
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 4326654171
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4326654178
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち3.8 3個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.8
星5つ中の3.8
3 件のグローバル評価
星5つ
42%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ
58%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2019年3月24日に日本でレビュー済み
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年3月19日に日本でレビュー済み
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告