¥ 4,968
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
政党政治の制度分析 - マルチレベルの政治競争にお... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

政党政治の制度分析 - マルチレベルの政治競争における政党組織 単行本 – 2017/10/4


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2017/10/4
¥ 4,968
¥ 4,968 ¥ 6,803
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 政党政治の制度分析 - マルチレベルの政治競争における政党組織
  • +
  • 分裂と統合の日本政治 - 統治機構改革と政党システムの変容
総額: ¥8,856
ポイントの合計: 87pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

日本の政治機構改革が、参議院と地方政治のために、その効果を抑制されたことを実証し、衆議院に偏ってきた日本の選挙・政党研究に新たな知見を示す。

出版社からのコメント

▼1990年代に進められた2つの統治機構改革のうち、衆議院への小選挙区(比例代表)制導入は、政権与党であった自民党の組織を集権化させ、日本のリーダーシップを強化した。しかし地方政治や参議院という政治の舞台では、集権化は主たる目標たりえず、結果的にこれらの制度配置は選挙制度改革の効果を抑制する方向に働いた。▼従来の政治学が分析を単純化するために置き去りにしてきた参議院や地方政治から統治機構改革の実相を再確認し、国政と地方政治の場を往復する政治家たちの競争に着目することで、自民党の党組織(中央地方関係)に対する通説的理解を覆す。▼衆議院を過度に重視した研究では見えなかった日本の政党政治の構造と代議制民主主義の行方を探る最新成果。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 261ページ
  • 出版社: 千倉書房 (2017/10/4)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4805111194
  • ISBN-13: 978-4805111192
  • 発売日: 2017/10/4
  • 梱包サイズ: 22 x 15.6 x 2.3 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 226,040位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る


カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。うどん 乾麺