この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

放送開始30周年記念版 新 巨人の星 DVD PREMIUM BOX (Amazon.co.jp限定受注)

5つ星のうち 4.6 13件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:4¥ 94,800より 中古品の出品:3¥ 24,999より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック



登録情報

  • 出演: 加藤精三, 白石冬美, 古谷徹
  • 監督: 今沢哲男
  • 形式: Color
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • ディスク枚数: 13
  • 販売元: YTE
  • 発売日 2008/03/03
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 13件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000WGUSJA
  • EAN: 4580221420017
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 40,951位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

Amazon.co.jp限定受注商品
2008年2月25日受注締切!あの星飛雄馬がDVDで復活する…

スポ根アニメの金字塔「巨人の星」の続編「新 巨人の星」が放送開始30周年を記念し、初の映像商品化!
ファンの皆様からの熱い要望に応え、最新のデジタルリマスター技術によって甦ったシリーズ全75話を収録。
豪華ディスク13枚組プレミアムBOX(新 巨人の星+新 巨人の星II)+解説書付
Amazon.co.jpだけの完全予約限定生産にて緊急リリース!

新 巨人の星 (1977年10月1日~1978年9月30日読売テレビ・日本テレビ系 全52話放送)
昭和50年初夏-クリーン・ベースボールを謳う長嶋・巨人軍は見るも無残な敗北を喫していた。そんな巨人軍に陰ながら熱い男の涙を注ぐ青年がいた。かつての巨人軍の栄光の左腕投手、星飛雄馬だった。5年前の試合で左腕を壊して以来、忽然と野球界から姿を消し消息不明だったが、衰退していた巨人軍を見るに見かね少しでも力になりたいと山奥で人知れず秘かに打撃練習をしていたのだった。投手としては再起不可能だったが、結局野球から離れることの出来ない飛雄馬には、打者転向の道しかなかった。そして、ひょんなことから右腕で投げたボールにビルが注目、右投手としての未来が見えてくる・・・。

●スタッフ
原作:梶原一騎(作)、川崎のぼる(画)
脚本:金子裕、城山昇、荒木芳久、出崎哲 他
構成:今泉俊明
演出:今沢哲男、岡崎稔、出崎哲 他
作画監督:香西隆男、荒木伸吾
原画:前田実、鈴木欽一郎 他
美術監督:小林七郎
編集:鶴渕允寿、高橋和子
音楽:渡辺岳夫
協力:読売巨人軍

●声の出演
星飛雄馬:古谷徹, 星一徹:加藤精三, 花形明子:白石冬美, 花形満:井上真樹夫, 伴宙太:八奈見乗児, ビル・サンダー:内海賢二 他

●主題歌
『行け行け飛雄馬』 (作詞:東京ムービー企画部, 作曲:渡辺岳夫, 歌:ささきいさお、こおろぎ'73)
『よみがえれ飛雄馬』 (作詞:梶原一騎, 作曲:渡辺岳夫, 歌:ささきいさお、こおろぎ'73)

新 巨人の星II (1979年4月14日~1979年9月29日、読売テレビ・日本テレビ系全23話放送)
低迷する長嶋・巨人軍を見かねて、打者として、また右投手として見事復活を果たした星飛雄馬は再びかつてのライバル・左門豊作や、花形満との対決に闘志を燃やしていた。阪神にやって来たロメオ南条も、新ライバルとして飛雄馬の前に大きく立ちはだかる…

●スタッフ
原作:梶原一騎(作)、川崎のぼる(画)
脚本:金子裕、城山昇、荒木芳久
構成:今沢哲男
演出:今沢哲男、永丘昭典 他
作画監督:香西隆男、荒木伸吾
原画:前田実、鈴木欽一郎 他
美術監督:小林七郎
編集:鶴渕允寿、高橋和子

内容(「Oricon」データベースより)

スポ根アニメの金字塔「巨人の星」の続編「新 巨人の星」の放送開始30周年を記念し、これまでビデオ化されていなかったシリーズ全75話がHDデジタルリマスター版で登場!ディスク13枚、解説書付きの豪華プレミアム・ボックス。

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 まめ蔵 VINE メンバー 投稿日 2007/10/28
本放送S53〜55年以来殆ど再放送されず、昨年CSで放送された位しか
記憶にない作品です。キャラデザは荒木伸吾さんなので皆美形ですし
作品自身にも田淵、掛布、最後には時期巨人の星候補で当時話題になった
あの人まで出てきます。時代を感じますね。

しかし一徹とうちゃん、一気にふけたね。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
1977年の本放送以来、26年間一切再放送されていなかった「幻の」巨人の星。
週刊読売での原作漫画が最終的に打ち切りとなってしまったことを考えれば、アニメ「新巨人の星」はその長い物語をきっちりと終わらせた感が強い。(26年間再放送許諾が降りなかったのはそのせいもあるのか?)
原作者の梶原一騎はおそらくすでに関与していなかったであろうが、アニメスタッフ渾身の最終エピソード74,75話は、花形と星とのあの長い闘いを見て来た者なら涙なくしては観られないと思う。青春と決別する者、青春を生き続ける者。将来進む道は交わらずとも、分かちがたい一瞬を共に生きたことを誇りに思う男達の姿に「巨人の星」という物語の根幹に息づく「梶原魂」を感じることはできる。
長い物語だが、最後まで通して観たときにはきっと熱い思いが残る。三協映画に何があったのかは知らないが、とにかくDVD化してくれて本当にありがとう!!という気持ちでいっぱいだ。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ストーリー面では、謎の代打屋から始まり、大どんでん返し、テスト生での試練を経て再入団
を果たすまでが本作品の大きな部分を占めていますので、初放映当時は本当に飛雄馬が復帰
できるか心配だったものです。
その分、巨人軍復帰を果たした後は、旧作ほどのド根性物の色合い(作画を含めて)がない
ため、通常の野球作品めいてしまいます。

作画面では、何回かごとに荒木伸吾氏が作監を担当されている回で、原画を姫野美智女史・
本橋秀之氏が描いており、その美形キャラぶりとメリハリある動きが素晴らしく、必見です。
(パート2では、その傾向が更に強くなります。)

反面、他の回では全体的に作画レベルは高いと言えず、オリジナル・ストーリーの回では画面
を早送りしたくなるかもしれません。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ザビー 投稿日 2008/3/14
Amazonで購入
花形がギブスをつけたり、飛雄馬がメジャーに行ったりは原作には無くTVアニメ版ならではの描写で楽しめたが、再放送も少なく待望の発売です。

マスタリングを施しいじっている為、絵が綺麗です。

オールスターでの右外野返球、新背番号3ユニフォームでの長嶋の手紙などキーポイントは時間をかけてしっかりと描かれており、中でも最後に大リーグボール1〜3号、そして蜃気楼魔球を父に向け投げる星、それを見ながら死にゆく一徹の場面は心を抉る。

根性、バカ極めモノが今の時代に受け入れられないとは思うが、野球馬鹿もここまでくると拍手したい。

が、最後の船出だけはちょっとなぁ〜

飛行機で行けよっ…
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 鈴木 投稿日 2011/6/26
前半は、おそらく原作に追いつきそうになったためか、追いつくのを阻止するための時間稼ぎ用アニメオリジナルはいくつかあるけど、基本は原作に忠実です。
2の途中からは完全アニメオリジナルですけど、これがなかなか良作です。
原作から離れてアニメオリジナルになると作品の質が急激に低下するのはよくあることですが、これは良作でした。
 飛雄馬は打たれても前作程動揺しなくなり、魔球を打たれてからも投げ続けています。さらに、前作の失踪癖もなくなり、左門に速球や魔球打たれた後もすぐ気持ちを切り替えて練習に取り組みます。これは飛雄馬の成長を描きたかったのでしょう。 
 原作と異なり、飛雄馬と花形の最終対決や蜃気楼ボールの原理も描いてあり、話もきちんと完結して最終回では次期巨人の星候補のあの人物が出てきます。後BGMも見事に合ってましたね。
 アニメオリジナルになっても失われてなかったこの作品の良いところは、二つのあつさを感じたことですね。 野球に対する熱さと、情に対する厚さですね。飛雄馬の野球に対する熱さとその飛雄馬を倒そうとする花形や左門の真面目さは見るものを引き付ける力があります。飛雄馬の巨人に対する思いと苦悩もしっかりとかけていました。
 ただ一つ残念だったのが、丸目が打者として覚醒するシーンがなかったこと。打者としての才能があるから巨人
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック