放課後 [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 350 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 きららタウン
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ブックレット付属。ジャケットに少々擦れがあります。再生は確認済みです。ケース・メディア共に状態は良好です。レンタル落ちではありません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

放課後 [DVD]

5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,860
価格: ¥ 3,759 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,101 (23%)
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)で放課後を今すぐ観る ¥ 300 より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • コンビニ・ATM・ネットバンキング・ 電子マネー払いは利用できませんのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 放課後 [DVD]
  • +
  • 夏の妹 [DVD]
総額: ¥8,340
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 栗田ひろみ, 地井武男, 宇津宮雅代, 宮本信子
  • 監督: 森谷司郎
  • 形式: Color, Dolby
  • 言語: 日本語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.33:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 東宝
  • 発売日 2006/05/26
  • 時間: 89 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000ENUYWM
  • JAN: 4988104034335
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 79,948位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   高校生の(栗田ひろみ)は隣に住む若夫婦の夫(地井武男)に惹かれ、やがて小悪魔のように彼を翻弄していく。青春映画の鬼才・森谷司郎監督が少女の残酷さを繊細に掬い取りながら、まるでファンタジーのように仕上げた傑作。1970年代の日本の青春映画を語る上で決して外せない代表作の1本でもある。栗田ひろみの妖精のごときはかなさと美しさの中に時折どきっとさせる魔性の存在感が実に素晴らしく、ラストで雨に打たれる彼女の姿に至っては涙が止まらないほどに衝撃的だ。また井上陽水の『夢の中へ』『いつのまにか少女は』などが実に効果的に用いられているなど、いつの時代に見ても古めかしさを感じさせない新鮮な魅力にあふれている稀有な作品ともいえる。翻弄される大人側の地井武男もいいが、その妻役の宮本信子が歯痛で大人のエロティシズムを感じさせるあたりもぞくぞくする。なお森谷監督はこれが最後の青春映画であり、この後彼は『日本沈没』『八甲田山』などの大作路線へと移行していくことになった。(増當竜也)

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『赤頭巾ちゃん気をつけて』の森谷司郎監督による青春の日々を描いたドラマ。地井武男演じる年上の男性に恋する女子高生が、大人と子供の世界の狭間で揺れ動く。井上陽水のテーマ曲「夢の中へ」と、ラストの雨に打たれる栗田ひろみの姿が話題となった。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
30年ほど前、中学生だった私が自分のお小遣いで初めて見た邦画でした。実はマークレスターの「卒業旅行」との2本立てで、本当はそっちが目当てだったのですが、あちらがまるで子供映画なのに、こちらのほうは大人っぽくてすごいインパクト。女子高校生たちの通学風景をバックにオープニングに流れる「夢の中へ」とエンディングの伸びやかにテニスをする栗田ひろみのまるでデモテープのような「いつのまにか少女は」はいまだに印象に残っています。ほかにも「かさがない」(だったと思う)のアルバムから何曲かが挿入されていて、それがまた映画のシーンにぴったり。大人になった今もう一度じっくり見たい!
コメント 46人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
少女が知る青春と人生の苦(にが)み。
森谷司郎監督らしく、明るいだけの青春映画ではない。地井武男や宮本信子が大人の狡さと悲しみを好演。
森谷司郎さんはこの年昭和48年末に「日本沈没」を撮り、一躍大作映画の作家イメージが定着するが、こういう地味な映画も上手く作る方でした。
願わくは、「首」もDVD化されんことを。東宝ビデオさんに期待しています。森谷監督ファンは少なくないですよ。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
中学生になって、初めての彼女(彼女の女友達二人と四人でのデート?)と観に行った思い出の映画。今でも井上陽水の[夢の中へ]を聴くと蘇ってくる。ラストに流れる[いつの間にか少女は]の曲は、だれしもが通り過ぎる青春そのものの様な歌だった。観終わった後に何故か涙がこみ上げてきた。このDVDは最高!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


関連商品を探す