通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
放課後のカリスマ 2 (IKKI COMIX) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ■通常24時間以内に発送可能です。■万が一コンディションに不備があった場合は、返金対応致します。丁寧にクリーニング・梱包をして、迅速に発送いたします。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

放課後のカリスマ 2 (IKKI COMIX) コミックス – 2009/5/29

5つ星のうち 4.6 5件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 607
¥ 607 ¥ 1
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


この商品には新版があります:

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 放課後のカリスマ 2 (IKKI COMIX)
  • +
  • 放課後のカリスマ 1 (IKKI COMIX)
総額: ¥1,214
ポイントの合計: 40pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

商品の説明

内容紹介

▼第7~12話

●主な登場人物/神矢史良(偉人のクローンのみが通うセントクレイオ学園において、唯一の“非クローン")
●あらすじ/セントクレイオ学園の“学術研究発表会"に合わせて、クローンを皆殺しにしようとする暗殺集団が、秘かにその準備を進めつつあった。そのころ神矢は、モーツァルトの首吊り事件に心を痛めていたが、“ドリー様"のおかげで一命をとりとめたというヒトラーの言葉に安堵する。“ドリー様"はクローンたちのお守りとしてどんどん広まっていくが…?(第7話)
●本巻の特徴/クローンとしての真価と成果が問われる“学術研究発表会"を前に、慌ただしい学園内。そんな中“ドリー様"の信憑性を疑う声が駆け巡り…!? 異色学園ファンタジー、急展開!!
●その他の登場人物/マリ・キュリー(キュリー夫人のクローン。音楽を学ぶために転校していったが…)、フロイト(ジークムント・フロイトのクローン)、ナポレオン(ナポレオン・ボナパルトのクローン)、一休(一休宗純のクローン)、エリザベス(エリザベス一世のクローン)、ナイチンゲール(フローレンス・ナイチンゲールのクローン)、モーツァルト(ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトのクローン)、ヒトラー(アドルフ・ヒトラーのクローン。史良とは仲がいい)、ロクスウェル(セントクレイオ学園の理事長)


登録情報

  • コミック: 196ページ
  • 出版社: 小学館 (2009/5/29)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4091884679
  • ISBN-13: 978-4091884671
  • 発売日: 2009/5/29
  • 梱包サイズ: 18 x 13 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
人騒がせな理事長が帰還して、主人公であるところの
史良クンはお世話係(?)を押し付けられあっちこっちに
振りまわされる。
それと同時進行でジワジワと、2巻は物語の核心ともいえる
テーマに迫っていきます。

偉人のクローンとして世を受けた人間達が、そのオリジナルが
生きた時間を追い越してしまった時どうすればいいのか。
そもそも越えて生きられるのか。
悩み恐怖するクローンを、ゆっくりと取り込んでいく大きな陰謀が
動きだすこの2巻は、先を読むのが怖くて、それでも知りたくて
最後まで一気に読みました。

最後の1ページ。
大きな衝撃でした。
3巻をただひたすらに待ちます。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
クローンを敵視する組織、理事長の登場、学園祭・・・
そして裏で進む陰謀。
一番衝撃的なのは最後の数ページ。
おそらく、主人公である史良もここから本格的に物語に巻き込まれていくのでしょう。
とにかく次の展開が見たい、そう思いました。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ライ 投稿日 2009/8/24
形式: コミック
歴史上の偉人たちが同級生として集まっているという設定は、
それだけでも十分楽しめる要素になるとは思います。
2巻は話の展開も進んできて、先が気になるとも思います。
ただ、クローンについての説明不足が気になります。
ドリーと同じように作られたクローンであるのならば、
まずオリジナルの細胞が必要不可欠なはずですが、
そうすると卑弥呼のクローンなどが存在することに納得できずモヤモヤします。
それ以外のクローンについても、日本の学校に存在できる理由がわかりません。
マンガに理詰めを追求するのもどうかとは思うのですが、
「ここにクローンがいます」だけで納得して読み進めるのも私には難しいです。
今後その説明があるかどうかによって判断したいので、今は星3で様子見です。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
それでもまだこの頃は前向きに励まし合う仲間がいました。嵐の前の静けさ。ここから次第に黒い展開へと向かっていきます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
漫画全体として面白くなってきました。キャラも魅力的です。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告