¥ 1,620
通常配送無料 詳細
通常1~2か月以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
放浪 (旅学BOOKS) がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

放浪 (旅学BOOKS) 単行本 – 2011/6/10

5つ星のうち 3.7 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 133

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 放浪 (旅学BOOKS)
  • +
  • 放尿
  • +
  • 放流
総額: ¥4,860
ポイントの合計: 49pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

すべての旅には、旅人の知らない目的がいくつかある。

子供のころから夢だった地、エジプトへ。
ピラミッド、ファラオのミイラ、古代神殿…。
窪塚洋介が彷徨った先で見たものとは。

世界中の遺跡の三分の一が存在する国エジプト。
カイロからレンタカーをドライブし、行き当たりばったり2500km。
ピラミッドに身震いし、王家の谷で奇跡に見舞われ、
監視員に補導され、騙され、ボラれながら旅した、
窪塚洋介2週間の放浪の記。

内容(「BOOK」データベースより)

子どものころから夢だった地、エジプトへ。ピラミッド、ファラオのミイラ、古代神殿…窪塚洋介が彷徨った先で見たものとは。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 222ページ
  • 出版社: サンクチュアリ出版 (2011/6/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4861133165
  • ISBN-13: 978-4861133169
  • 発売日: 2011/6/10
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 12.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 43,173位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
同行したライターさんの文が主にページを占めていて所どころ(少ないわけじゃない)に窪塚さんの日記やポエムや写真が散りばめられている本。
後半に、ボリュームはちょっとですが不思議体験も書かれています。ライターさんの文章もわかりやすく窪塚洋介と行く旅行記として読むことでエジプト珍道中を追体験できます。窪塚さんが好きな人は読んでみてはいかがでしょうか?
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
状態はかなり良好。
プライス的にかなりお得にゲット出来ました!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ほとんどライターさんの文書が主体です。
窪塚洋介くんが表紙のわりには
窪塚くん主体じゃない気がします。

あくまで、個人の意見ですが
窪塚くん好きな人は満足しないと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック