中古品
¥ 316
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ●ページは良好な状態です。●カバーなどの外観は、中古のため多少の使用感や擦れ、ヨレ、細かな傷があることがありますが、良好です。●帯なし
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

放尿 単行本(ソフトカバー) – 2012/3/28

5つ星のうち 2.8 6件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2012/3/28
"もう一度試してください。"
¥ 1,620 ¥ 59
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

すべてを出し切り、洗い流した時、再び立ち上がる力とともに。出たよ!我のみ知る道、愛をもって。すべてをさらけ出した自伝&語録集。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

窪塚/洋介
神奈川県出身。1995年俳優デビュー。2000年TVドラマ「池袋ウエストゲートパーク」の怪演で注目される。2001年公開映画「GO」で第25回日本アカデミー賞新人賞、最優秀主演男優賞を史上最年少で受賞。2006年より卍LINE(マンジライン)名義でレゲエDeejayとして音楽活動を開始(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 256ページ
  • 出版社: サンクチュアリ出版 (2012/3/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 486113319X
  • ISBN-13: 978-4861133190
  • 発売日: 2012/3/28
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.8 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 183,687位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
まず、「自伝&語録集」なんて紹介がされてますが、
9割は数行からなる語録集です。「自伝」なんて意識は捨てたほうがいい。
「本」とか「文章」を期待して買うと、完全に裏切られます。
モノクロの写真を背景に、短い文章がどーんと乗ってるページだらけ。
紙面を無駄に使ってるかのようなシンプルな内容です。
神がどうとか、TV(メディア)の愚かさがどうとか、バビロンがどうとか、
相変わらずの彼の節(ぶし)が炸裂してますので、
そういう窪塚を受け入れてる人でないと、多分この本は買って損すると思う。
相当なコアなファンでもない限り厳しいかと…
でもそんな評価などお構いなく自分の節(ぶし)をぶつけまくったこの本を出した彼は、
そこは信念が一貫してるというか、「らしい」ということは言えるかもしれません。

マンションから落ちたエピソードとかも多少語ってますが、本当にわずかな量に過ぎません。
それもけっきょく、神さんがどうとかにも結びつけてますし、飛び降りた理由すらも解らずじまい。
ハイハイする子供を見てて→ワカメの味噌汁飲んでて→次の記憶は病院のベッドの上だったと。
いやいや記憶が飛び過ぎにも程があるだろ…  読んでるほうとしては興ざめです。
<
...続きを読む ›
コメント 46人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
自伝なんて言うから買ってはみたものの、生い立ちなんて書いてありゃしない。
窪塚語録を切り取って写真のページに張り付けただけの本です。
ゲーノーカイに入ったきっかけは書いてありますが、そんだけ。
「本」を読みたかった人にはおススメしません。

飛び降りのことも、断片的、客観的事実のみ。
「神ごと」にはまったのはわかった。でっていう感じ。フツーの人が知りたがってたことは書いてません。
世の中のことも書いてある。これも彼目線でのこと。
自伝、つまりこれまでの「成り」が読みたかった人にはまったくの期待はずれです。
7〜8割は、現在の彼の今について書かれています。
ここにたどり着くまでの彼のことについて知りたがっていたファンにはがっかりです。

この本を出版するにあたり彼が「これで嫌われるなら本望だ」と語ってますが、そのとおりだと思う。
彼の信念、不満、生き方が「語録」としてぶちまけられているから。
彼のライフスタイルを肌で感じたい人にはおススメです。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 tmktmkt 投稿日 2012/10/10
よみました〜。

半分写真収集のような要素もあって、

窪塚ワールドここにありという感じでした。

窪塚ブームの10年位前…

そのころとはまた違う彼を感じることができました。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック