¥ 1,080
通常配送無料 詳細
通常1~4週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

放射能生活の注意事項―一億人のために 単行本(ソフトカバー) – 2011/8/22

5つ星のうち 4.5 20件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,080
¥ 1,080 ¥ 228

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 放射能生活の注意事項―一億人のために
  • +
  • 発酵マニアの天然工房
  • +
  • 飯山一郎の世界の読み方、身の守り方― 23世紀の新日本人へ向けて、私たちの命をつなげ!
総額: ¥3,996
ポイントの合計: 121pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



村上春樹の最新作が発売開始!
新作長編「騎士団長殺し」が発売開始しました。「第1部 顕れるイデア編」「第2部 遷ろうメタファー編」の全2冊で構成。 第1部を今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

「日本列島はすでに放射能に汚染されてしまった」「低量被曝こそ人体に与える影響が大きい」という、マスコミが直視しようとしない前提から、本書はスタートしています。
内部被曝はもう避けることができません。
だからこそ、本書のテーマは「堂々と恐れましょう」となっています。
そのうえで、放射能に具体的にどう対処すればいいのかをまとめました。
生活を守る上で大切な「放射能対策ブック」の決定版です。


その内容は――
1.ネット上で話題の乳酸菌による放射能対策を、著者が実践し、結果を報告。
2.味噌、ビタミンC、リンゴ・ペクチン、水素水など、マスコミでも取り上げられた放射能対策の真偽を検証。
生活上可能な実践の仕方を提案。
3.炭食、ローフードなど、あまり一般的ではないものの、放射能対策に著効がある対策も紹介。
4.内部被曝&低量被曝の本当の問題点をわかりやすく解説。

……今後、放射能対策として具体的に何をしたらよいのかと迷っている市民の方にとって、今すぐに使える本です。

内容(「BOOK」データベースより)

コメ・ニク・サカナ…内部被曝が、これからの大問題!「放射能は身体に入れない!」「身体に入った放射能は出す!」どうするのか?これ1冊で、決定版。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 144ページ
  • 出版社: 三五館 (2011/8/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4883205401
  • ISBN-13: 978-4883205400
  • 発売日: 2011/8/22
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 14.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 20件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 107,578位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
 前半は放射能の危険性について具体例を挙げて説明されています。法律的な根拠も示されているので、放射能に対して「なるほどこれほど厳しい法律的制約があるのか」と新しい知識に触れることができました。

 後半はその対策編と考えればよいかと思いますが、免疫力を高めることがガンの予防になるというのは私も賛成で、そのために食生活の改善をしなくてはいけないことも確かです。

 しかしその方策については、前半あれほど法律的かつ科学的に根拠をしめして放射線の危険性を説明した割りに、後半では確かに詳しい説明はあるもの、どうしてそれが効くのか、どのようなメカニズムなのか、実際にやってみて効果があったのか(やってみて問題はなかったという記述はありますが、放射能予防効果はあったのかと言う点については曖昧です)、という部分で不満を覚えました。

 「何々が何とかに良い」と言うのは、誰もが考えることで、問題はそれを実証的に確かめたのかどうかと言うことです。その記述がない場合は、こういったことが効果がありそうだ、としか書けません。

 特に乳酸菌については、空中に噴霧すればそれを吸い込み、体内の免疫がそれを異物と感知し、免疫反応が始まり痰が出るのは当たり前で、その中に果たしてセシウムが吸着されているのかというのが問題だと感じました。
コメント 58人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
内容的には同著者の既刊「早く肉をやめないか?」「こんな食品だったらお金を出したい!」「ガンにならないゾ!宣言」といった書とかなり重複している。

即ち、

1.肉食の危険性の強調と、玄米菜食の勧め。
2.ファストフードをやめて、いわゆる「スローフード」の勧め。

といったことが基本である。

今回はそれに加えて、現在ネット上で話題沸騰の、飯山一郎氏による「米とぎ汁乳酸菌活用法」が取り入れられていることが本書の大きな特長と言える。

また、長崎で自らも被曝しながら、多くの患者や病院従業員の命を救ったことで知られる秋月辰一郎医師の逸話や著書もふんだんに引用していることも特長である。

総合すれば、人体自体の「免疫力強化」がこの放射能汚染された日本で生き抜くためのカギと主張していると言える。

それにしても、同著者が長年訴えてきた「玄米菜食」が、この放射能汚染された日本においてより切実な意味を持ってくるとは、長年の愛読者の一人としても夢にも思わない事態だった。まさに船瀬俊介氏こそ「警世のジャーナリスト」と呼ぶべきであろう。
コメント 81人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Cineman トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2011/8/25
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
放射能によって低下した免疫力を、食事の改善や微生物の力を借りて向上させ、結果、放射能の被害を軽減させるという考え方はとてもよく理解できました。また、具体的な方法も明示されていますので、あとは読者の行動力次第だと思います。特に妊娠されている方や、お子さんがいる方は試してみる価値は大きいのではないでしょうか。

蛇足ですが、微生物自体が放射能除去に有効であるとする考え方もあり、それを研究対象にしている人もいます。そのような微生物を特定し除染することと、ヒマワリなどの植物の力で除染をすることを並行して全国レベルで行えば、日本の国土はきれいになります。自然を蔑ろにしてきたツケを、自然の力を借りて±0に戻す取り組みは、今後の人類の一番大きな課題だと思います。
コメント 60人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
飯山一朗さんのブログから、この本が出版されることを知り、早速読んでみました! 「米研ぎ汁を発酵させるだなんて、食中毒になってしまう!危険だ!」と、ネット上でも賛否両論です。 でも、個人的に実践していますが、お腹は大丈夫です(^-^)(もちろん、ちゃんと発酵に成功している乳酸菌を利用) その他にも、具体的な放射能対策や、日本の現状など、情報も新しく、政府やテレビは言わない真実が、しっかりと、読みやすく書かれてあり、著者の誠実さと、この本に対する想いを感じました。 家庭のお母さんはもちろん、これから子育てされる若い世代のみなさんに、どんどん読んで頂きたい良書です!
コメント 64人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
職場がホットスポットと呼ばれる場所にあり、日に日にひどくなる肺の痛み、どうにもできず悩んでいた時、藁にもすがる思いで、この本の米のとぎ汁乳酸菌を吸い込んだところ、咳とともに、舌がびりびりとしびれるプルトニュウム入りの痰が、1月半の間、毎日、驚くほど出続けて、2月後には、あれほど痛くて深呼吸をすることができなかった肺の痛みが、消失しました。 
この本に出合っていなかったら体調不良で辞職をしていました。
元気に現在働けているのはこの本のお陰です。
放射能対策はほんとうに、大切。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック