通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
放射線像 放射能を可視化する がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 帯なし。大変綺麗です。2015年、第2刷発行 【日本郵便ゆうメール福岡中央郵便局の集荷で毎日発送】 他サイトでも出品してますが併売はしておりませんので、在庫は確保されております 【管理番号B5】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

放射線像 放射能を可視化する 単行本 – 2015/2/26

5つ星のうち 4.5 21件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,944
¥ 1,944 ¥ 1,506

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 放射線像 放射能を可視化する
  • +
  • 終わりなき危機~日本のメディアが伝えない、世界の科学者による福島原発事故研究報告書~
  • +
  • 見捨てられた初期被曝 (岩波科学ライブラリー)
総額: ¥5,292
ポイントの合計: 138pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

見えないなら、見えるようにすればいい——。

歴史上初めて放射能汚染を可視化し、記録した写真集。
動植物(ヘビ、桜など)から日用生活品(軍手・長ぐつなど)まで、60点余りを掲載。

音もなく、臭いもなく、目にも見えない放射能。これを可視化する「オートラジオグラフィ―」という手法がある。
この手法によってサンプルを撮像すると、白黒の像が浮かび上がる。これが「放射線像」である。一見、墨絵のようにみえるが、黒い部分が放射能汚染を受けた箇所だ。より黒い部分は、より強く汚染されていることを意味する。
本書は、福島第一原発事故で汚染されたサンプルを対象にした「放射線像」の記録である。
全ての像に、採取地と詳細な解説があり、サンプルの実物写真も掲載している。
これだけの量の放射線像が、書籍として一度に公開されるのは、今回が初めて。

出版社からのコメント

「将来のため、放射能汚染をなんとか視覚的な記録として残したい」
福島第一原発事故による汚染を放射線像として残す、というこの「放射線像プロジェクト」は加賀谷雅道氏の強い使命感から始まりました。長くこの分野の第一人者であった東京大学・森敏名誉教授と共にサンプルをあつめ、撮像を繰り返してきました。
2014年には、国内外で8回の展示を行いました。なかでも品川の古民家ギャラリーで開かれた「放射線像展」は注目を集め、東京新聞やロイター通信で取り上げられて話題を呼びました。 本書は、「放射線像」の初めての書籍であると同時に、汚染実態を可視化するという、森名誉教授と加賀谷氏の「放射線像プロジェクト」挑戦の記録でもあります。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 112ページ
  • 出版社: 皓星社 (2015/2/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4774404985
  • ISBN-13: 978-4774404981
  • 発売日: 2015/2/26
  • 商品パッケージの寸法: 25.7 x 2 x 18.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 21件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 116,036位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
 東京新聞を見て読了。「見えないなら、見えるようにすればいい...。」から始まります。1990年代後半からの"オートラジオグラフィ"という方法で、サンプルを最低1週間、イメージングプレートに感光させ、BASという装置により読み取る方法。セシウム134/137のようなβ崩壊が写るよう。2011-14年の測定写真が多数掲載されています。

小生の印象に残った点は以下です。
・締め切った部屋にも、放射性物質は人の出入りで飛来。
・雨/雪に直接当たらなくても付着。
・鉄錆/樹皮のように凹凸があると残りやすい。
・成長の進む部位に放射性セシウムは集まりやすい。放射性でないセシウムは均等。
・植物では、根から吸い上げられて内部被ばくする。
・動物は、腎臓や肝臓に溜まりやすい。
・東京にも飛来している。

 東大農学部農芸化学科で放射性同位元素により植物を調べ、25年間助手だった森氏は、放射性同位元素施設を潰そうとする分子生化学者らを突っぱね、東大農学部8号館に1000m2の実験設備を残し、それが今回フル稼働したとのこと。1941年生まれの森・東大名誉教授と、「植物以外も測定して」とサンプルを集めたフリーの写真家とのコラボレーションで、貴重な映像が残りました。「原発事故の起こる確率は100%」という森氏の言葉が印象的です。
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
当時見たかったという思いもあるが、4年経った今だからこそ、思い出させるには良いタイミングかも?

「汚染の可視化」は大変素晴らしいことだと思う。科学的なことに全く素人な一般市民には「目で見える」ことが何より納得できる。

いくら「ちゃんと測ってます」と数値を出されても信用できないのが本音だ。ガイガーカウンターで野菜の外側だけ測って「問題ない」と表示してあった店もあったしね。

ただ、市民の生活に役に立つ内容ではないのが残念。食物でこれをやったら東日本の経済や流通が本気で危うくなるかもね…

あと、人間でやったらどう出るのかな?とすごく思った。

あー、ほんと、イヤだね。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
これは多数の人たちに見てもらいたい本で、もっと廉価にならないか、と考えました。電子書籍にしたらどうでしょうか?噂によりますと、この本は、東電など原子力村が買いあさって、世間に広く出回らないようにしているそうです。確かに、中古本など高値がすでに出ていますね。

Kindleにすれば、安くなるし、品不足になることもありません。この本の関係者の方、ぜひ検討してみてください!
1 コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
2014年4月に目黒のギャラリーで見た写真展。今でもあの衝撃を忘れていません。写真集となり、手にすることができるようになりましたが、あまりに生々しくて、ページに触ることが恐ろしいぐらいです。

仕事で、エックス線写真などを撮ることがあるので、どうやって撮ったのか、見せるためのテクニックなどにも興味がありましたが、やはり、理屈ではない、得も言われぬ現実を直視させられること、それが大きなインパクトの理由だと思います。是非、手にとって欲しい写真集です。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
 4年は人間にとって長い時間だけれど、物理学的、天文学的にはごく短時間でしかない。
 フィルムを「感光」させるエネルギーを4年たっても発し続ける物質が、黒く写っている。見えない「毒物」を私たちは見たくないのではないか。
 「みんな」が、「安全に生き続けられる権利」を第一に考えられればよいが、今日明日の生活もある。原発も、人間にどう生きるか、選びようのない選択肢を突き付けてくる。「見ない」で生活していくのか。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
放射線を目で見えるようにするというアイディアは
とても良い事だと思います。政府や国の原子力政策の
信用がとても低いからです。

しかし、比較対象が無く、単に福島地域の動植物の
放射線写真を載せているだけ。消費者が主に知りたいのは
食品に関する情報だと思います。日本政府の情報統制の中、
正しい、情報を得るのは非常に困難だと思います。

少なくとも、関東で売られている、スーパーの魚や米などの
放射線写真や、西日本地区で売られているものとの比較など
そうした、情報が欲しかったと思います。

スグ、発禁になりそうな書物ですので、欲しい人は早めに
GETをお勧めします。著者の人が自殺に見せかけて、xされたり
出版社が何故か突然、銀行から融資を受けられなくなり、
倒産とならない事を願ってやみません。

あと、これは要望ですが、出版社の方も、ここを見てると
思いますので、日本語のみでなく英語説明も併用して
欲しかったです。日本の現状を、外国人観光客などに
知らせる良い資料になります。尚、届いた物は初版本でした。

サイズ的には、B5版サイズ。紙質は割りと上質なものが
...続きを読む ›
コメント 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック