通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
放射線を科学的に理解する 基礎からわかる東大教養の... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 見た限り書き込みありません。古本のため多少の使用感やスレ・キズ・傷みなどあることもございますが全体的に概ね良好な状態です。通常2営業日以内で迅速丁寧に発送させていただきます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

放射線を科学的に理解する 基礎からわかる東大教養の講義 単行本(ソフトカバー) – 2012/10/18

5つ星のうち 4.3 8件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 2,700
¥ 2,700 ¥ 2,198

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 放射線を科学的に理解する 基礎からわかる東大教養の講義
  • +
  • 知っておきたい放射能の基礎知識 (サイエンス・アイ新書)
  • +
  • 絵とき 放射線のやさしい知識
総額: ¥6,536
ポイントの合計: 197pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

福島第一原発事故後の放射線に関する科学的知識へのニーズの高まりを受けて、
2011年度後期に開講した東京大学教養学部授業(1-2年生対象)をまとめたもの。
粒子線物理学、生命環境応答学、環境放射化学の先生方を中心に、原子力工学、
放射線医学、放射線と農業も含めて、放射線全般について、分野を越えて多角的に
学べるよう配慮。
「放射線」について、大学で体系的な講義がされているところはほとんどない現状で、
諸分野から最低限必要な知見の得られる内容となっている。
広く高校生や一般読者も読めるようやさしくていねいに解説している
「Q&A」では、講演会で寄せられた質問等を元に、日常生活や原発事故にかかわる
具体的な事項について解説。

内容(「BOOK」データベースより)

「放射線とは何か」から説き起こし、その性質や、測定の仕方、人体や生物・農業への影響と防護、有効な利用の仕方まで、日常生活や原発事故にかかわる具体的な例をあげながら解説。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 256ページ
  • 出版社: 丸善出版 (2012/10/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4621085972
  • ISBN-13: 978-4621085974
  • 発売日: 2012/10/18
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 15.2 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 194,098位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
いきなりえらそうなタイトルで申し訳ございません。
発信される立場にある人,マスコミ報道の方と,小中学校の先生,この本を教科書にして勉強してはいかがでしょう。

東大生向けの「放射線」講義を一般向けにまとめた「教科書」です。東大では,福島原発の事故のあと,1,2年生対象に「放射線」講義が始まりました。その講義プレゼンのパワーポイント(Keynote)がベースとなっています。物理,化学,生物,医学の視点で講義されており,俯瞰的な内容になっています。
・放射線の基礎,放射線と放射能の違い(物理)
・土壌汚染とは(化学)
・人間の体にはどんな影響があるか(医学)
・植物への影響は(生物)
・そして今までの講義や市民講座から出た質問をまとめたQ&A

さて,放射線は,みなさん,どこで勉強しましたか?
実は習っていないんです。
現行課程で学んだ人(ゆとり)は,高校の物理で,原子分野は「選択」です。多くの学校では原子は選択していません。旧課程で学んだ理系は高校物理で多少学んでいますが,半減期とかごく基本的なことしか学んでいません。理系ですら物理の一部しか学んでおらず,文系の人はゆとりであれ,昔の人であれ全く放射線を学んでいないのです。生物学的視点,化学的視点,医学的視点では全く
...続きを読む ›
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
東大講義と書かれていますが、あくまで「文系学生を含めた学生向けの一般教養」です。
その対象向けとしては大変よくまとまっていると思います。
その範囲を超えて、原子力の是非について議論するにあたっては、もっと専門的な書物の勉強が必要でしょうし、
日本語の情報は少ないですので、当然英語の情報を多数当たる必要があると思います。
(研究者は英語の専門書や論文を読むのは日常当然のことです)

一つ注意しなければいけない点は、放射線、放射性物質などについては書かれていますが、
「原子力発電所」について詳しく述べられているわけではない点です。
福島の事故は未曽有のものでしたが、奇跡的に「最悪の事態」は避けられたとも言えます。
その、「最悪の事態」についてどう考えるか、は未だにタブーとされている気がします。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
とにかく分かりやすく解説されています。本質的な部分を興味深く理解できるように科学されています。
放射線取扱における限定的な事象だけでなく、放射線を理解しようとする様々な立場に立つ読者に対して、親切な内容にまとめられている…と感じました。

文系学生も臆すること無く、哲学や真理を探究する参考書として有用な図書です。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
第7章の放射線生物学に関する記載は、20年前に書かれたものと言っても通用する。最近の知見が全く反映されていない。相同組換えによる修復は、分裂していない細胞では働かない。非相同末端結合により修復される。DNA損傷を修復できない病態もあり、またDNA修復能には個人差があると考えられている。だからこそ、放射線治療の副作用にも個人差がある。
日本のDNA修復研究のレベルは高く、natureやCellと言った一流雑誌にも多くの論文が掲載されている。しかしながら、大学生教育に自分たちの修復研究がいかに反映されるべきか、反省する時期に来ている。本書は、日本のDNA修復研究者に読んでもらいたい。社会に対して責任を果たすのは自分達だと自覚すべきだ。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告