攻殻機動隊ARISE 4 [Blu-ray] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 4,950
通常配送無料 詳細
発売元: SHONAN Seaside Shop
カートに入れる
¥ 4,950
通常配送無料 詳細
発売元: エスアンドエスコーポレーション
カートに入れる
¥ 5,033
通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

攻殻機動隊ARISE 4 [Blu-ray]

5つ星のうち 2.9 14件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 7,344
価格: ¥ 4,950 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 2,394 (33%)
ポイント: 1pt  (0%)  詳細はこちら
残り2点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、ベルコリーヌ書店☆おかげさまで3周年☆700の高評価を頂いております。が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:18¥ 4,600より 中古品の出品:11¥ 2,734より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【バンダイビジュアルショップ】 ガンダム・ラブライブ!・ガールズ&パンツァーほか最新シリーズ、お買い得情報など 今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 攻殻機動隊ARISE 4 [Blu-ray]
  • +
  • 攻殻機動隊ARISE (GHOST IN THE SHELL ARISE) 3 [Blu-ray]
  • +
  • 攻殻機動隊ARISE (GHOST IN THE SHELL ARISE) 2 [Blu-ray]
総額: ¥11,899
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 坂本真綾, 塾一久, 松田健一郎
  • 監督: 黄瀬和哉
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • 字幕: 日本語, 英語, 北京語
  • リージョンコード: リージョンフリー(全世界共通)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: バンダイビジュアル
  • 発売日 2014/09/24
  • 時間: 92 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.9 14件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00LA3OVVA
  • JAN: 4934569357427
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 21,289位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

全米ビルボード1位、ソフト売上累計550万枚を記録。全世界を震撼させた「攻殻機動隊」シリーズ最新作
士郎正宗×黄瀬和哉×冲方丁×コーネリアス、最高のスタッフが集結!!
アニメーション制作:プロダクションI.Gが贈るSFクライムアクションの最高峰!!
全ての電脳が侵される時、そのゴーストは目覚める――。 SFサイバーアクション、完結の第4部!!
攻殻機動隊、起動――


◎仕様◎
【特典】
■特製ブックレット(オールカラー):作品世界をナビゲート&解説、新規インタビューetc.
【映像特典】
■ロジコマ・ルート
■劇場予告編
■border:3 Ghost Tears プロモーション映像
■border:3 Ghost Tears 劇場上映 CM
■攻殻機動隊ARISE 3 Blu-ray Disc & DVD CM
■攻殻機動隊ARISE border:less project
【『FORESEEING 2027』(監督:笹口悦民)/『memory』(監督:山口淳太)/『COLOR』(監督:尾野慎太郎)/
『島村ユキは田中ケンジを忘れない』(監督:山岡大祐)/『WORKING HIGH』(監督:梅脇かおり)】
【他、仕様】
■黄瀬和哉(総監督・キャラクターデザイン)描き下ろしジャケット
■特製スリーブケース


◎内容◎
【1話収録】
■「border:4 Ghost Stands Alone」
戦後復興の兆しある2028年冬――。国外カルテルの利権を巡るデモ活動が激化するニューポートシティで起きた警備の機動隊による無差別発砲事件。
全てはファイア・スターターによる電脳感染が引き金だった。草薙素子率いる独立攻性部隊は己の正義を自らのゴーストに委ねて事態の制圧を図る。
事件の裏に潜む“ブリキの少女"エマと“カカシの男"ブリンダJr.。事件を追う草薙はその二つのゴーストが求めるものに迫る――。


◎キャスト◎
草薙素子:坂本真綾/荒巻大輔:塾一久/バトー:松田健一郎/トグサ:新垣樽助/イシカワ:咲野俊介/サイト―:中國卓郎/パズ:上田燿司
ボーマ:中井和哉/ロジコマ:沢城みゆき/エマ:茅野愛衣/ブリンダJr.:小野賢章/クルツ:浅野まゆみ/ホヅミ:慶長佑香/サイード:久川綾

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

「攻殻機動隊」シリーズにおける“公安9課”誕生前のエピソードを描いたSFアニメ第4巻。電脳感染を引き金に起きた無差別発砲事件。草薙素子率いる独立攻性部隊は、己の正義を自らのゴーストに委ね事態の制圧を計る。最終第4話と特典映像を収録。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
まったく嬉しくない。なんなの、この実写作品。
面白くもなければ、無駄に長くて冗長が過ぎる。シリーズの最後の特典に、なんでこんなのブチ込むの? まったく攻殻と関係ないものまであるし、これもう悪ふざけの領域だよね??
大学の映研なの? いい大人で、まっとうなプロが集まって、なんで発表会みたいなノリにしたの??
これで行こうと思った奴らも、これで行けると思った奴らも、これにGOサイン出した奴らも――関係者全員のことが大っ嫌いになれた。いっそ清々しくすらあるよ。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
脚本がへんに複雑すぎる。
長ったらしい説明描写もクドい。いろんなものを詰めこみすぎてるし、
いくつもの関係者が入り乱れていて、いったい何が何だか一回の鑑賞では分かりづらい。

電脳での会議中、クザンやハリマダラの説明をするときにその映像を流してやればいいのに、
ずっとエマの顔だけをながし、長いセリフでもって全体の流れを説明しようとするし、
シロマサ版のように欄外に説明を付けられるマンガならピッタリとマッチしそうだけど、アニメでは見ていてキツイし、
アニメの意味がない。

イノセンスにあったような押井版の独特の雰囲気や、SSSやテレビ版にあるような軽快なエンタメ要素もみられず、
「ぼくの考えた攻殻であって攻殻でない攻殻」をただ見せつけられている印象がする。
キャラの過去や背景がストーリーに絡む印象もあまりないから、他の人もいっているが、攻殻でやる必要があったのかとヒドく疑問だ。

だからArise版の少佐が「そう囁くのよ、わたしのゴーストが」といわれても、うーんと唸りたくなる。
「誰かの物まねしてるんすか?」と言いたいくらい、コレジャナイ感が強いのだ。
(ただし少佐の声はすごくピッタリで、これがまだ救いかも。しかしバトーは、まるでボーマかと思うくらい声に芯がない)
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
今までの攻殻機動隊の登場人物のキャラが変わっている。

沖丁攻殻はなんかキャラが甘い感じがして今までのシビアさやストイックさが全編通して前作と比較して減少したような。

最終話の第4話は話としては良かったけど。

声優変えて、監督変えるくらいならば、もう、攻殻機動隊であっても、草薙素子ではなく、いっそ、次世代の攻殻にして世界観は一緒で、登場人物を変えて沖丁作品のオマージュにした方がよかったのでは?と思ってしまった。
コメント 39人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
見終わった瞬間に思いました。これで終わりなの?と。
単体の話としては面白かったです、これがシリーズの完結でなければ。
回収しきれていない部分があり、シリーズラストとしては盛り上がりも足りません。
見た時は2015年の劇場版のことを知らなかったのでがっくりきました。
劇場版が続編になるかは知りませんが、アライズはアライズできっちり完結させて欲しいです。
冲方脚本ということで、劇場版マルドゥック並のものを期待していましたが、これでは全然及びません。

シリーズの途中の一話であるのなら満足できます。
是非続きを作って欲しいです。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
観終った後に思わず口を突いて出た言葉に自分自身笑いました。
さすがに「恐ろしいほど」は言い過ぎだとは思いますが、キャラがことごとく薄口の
魅力のない連中と化していたことは間違いないと思います。
ここまで見てきましたが、まあ、もうこのシリーズは2度と見ないでしょうね。
コメント 43人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 仙人掌 投稿日 2016/9/13
キャラクターデザインや声優の変更について不満を述べるつもりはない。
仮にみんな大好き古き良きSACの外見と声で製作したとしても、この演出と脚本と音楽ではやはり酷評されていたと思う。
そして私も他の方の意見に同意。話が複雑で展開が急すぎる。その難解さが魅力的なサイバーパンクの世界観の演出に貢献しているともいえない。
ただ無意味に複雑で不用意に急展開。
見せ方・説明方法を工夫すれば簡単に説明できる単純な本質を、隠喩で装飾されたセリフを多用して、
焦点をぼかしているだけであって、事件の構造やテーマは難解なわけではない。
音楽について点数をつけるなら80点としたい。もしこれが攻殻機動隊ではなく普通のアニメでしようされたなら十分満足できたのかもしれない。
しかし当然本作品を評価する時、攻殻シリーズの他作品と比較してしまうわけで、
その場合80点では物足りず、やはり音楽も不満要因のひとつになっている。
疾走感や緊迫感が加速しないし、叙情的感情を刺激されるわけでもない。
菅野よう子氏の偉大さを再認識出来たことが収穫でした。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す