通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
攻殻機動隊 (2) KCデラックス がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■中古品になりますので経年劣化、使用感のある場合がございます。本の状態は良好です。(複数購入での送料割引は御座いません。)■ご注文確認後、水濡れ防止にて丁寧に梱包し、迅速に発送させて頂きます。■配送形態は、基本的に日本郵便のゆうメールのみとさせて頂きます。但し、重さ、サイズ、金額によりゆうパックでの配送となる場合がございますので、予めご了承下さいませ。ご不明な点がございましたら、メールにてご連絡下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

攻殻機動隊 (2) KCデラックス コミックス – 2001/6/28

5つ星のうち 3.7 68件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 260
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 攻殻機動隊 (2)    KCデラックス
  • +
  • 攻殻機動隊 (1)    KCデラックス
  • +
  • 攻殻機動隊1.5 HUMAN ERROR PROCESSER (KCデラックス ヤングマガジン)
総額: ¥4,520
ポイントの合計: 138pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

西暦2029年。より複雑化していく犯罪に対抗すべく結成された特殊部隊……公安9課に所属するその組織の名は、攻殻機動隊と呼ばれた。


登録情報

  • コミック: 304ページ
  • 出版社: 講談社 (2001/6/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 406334441X
  • ISBN-13: 978-4063344417
  • 発売日: 2001/6/28
  • 商品パッケージの寸法: 21.2 x 15 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 68件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 Amazonカスタマー  トップ1000レビュアー 投稿日 2017/2/7
形式: コミック Amazonで購入
いわゆる攻殻機動隊の登場人物やストーリーを期待すると肩すかしになるかもしれません。
SFが好きでとくにAIやネットワークなど現代的なテクノロジーを交えたものが好きなら、この巻だけを読んでも(難解ではありますが)楽しめるように思います。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
第1巻の続きかと思ったら、全く別の話だった。期待はずれ。最近ファンになった人は読まなくてもいいかなぁ。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
5時間かけてじっくり読みました。

個人的な結論から言うと、1巻の方が面白かった。
でもそれは仕方のないこと。この2巻は公安9課としての
草薙素子ではなく、1巻から4年後の草薙素子(荒巻素子と
名乗っている)のインターフェイスを活躍の場に移した
ものだからだ。だから素子はほとんど口で喋らず、
電脳を通して会話をしているシーンがほとんどだし
(電脳を使って喋っているので口は動いていない)、
アクションシーンも1巻と比べて激減している。

そういう訳で、確かに話は面白かったけれど、漫画的に
観ると、1巻の方が見応えはあったように思う。彼女が
話しをしているシーンは、ほとんどが口をつむったままなので、
実際の所本当に口で話しているのか、それとも電脳を使って
話しているのか分かり辛い。

2巻は確かに電脳世界で活躍する素子の話で、それを
承知で買って読んでみたけれど、これはこれでまあ
良いのではないかと思う。ただ前述したように、
もう少し拳銃や格闘の入ったアクションシーンがあれば
良かったなと、個人的には思った。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
難解です(笑)
でも、それがイイんですね、きっと。

むずかし面白い
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
2017/01/16 の現在、
AI、シンギュラリティという言葉が流行っている時代です。
やっと完全にこの作品及び士郎正宗さんを理解しました。
ヤングマガジンの連載時(リアルタイム)に読んだのが最初だったので、
約18年経つのだな~
と思います。
士郎正宗さんは真の意味で創造をしている。

今は国家ではなく地域でもなく個人が主役です。
1人の人間がもの凄い影響を与えるのは
appleのスティーブ・ジョブズさん
Googleのラリー・ペイジさんとセルゲイ・ブリンさん
Facebookのマーク・ザッカーバーグさん
を見れば分る事です。

ですがAIの登場で主役は
AIを使う個人だけが主役になります。
AIを使いこなせない者は何ら影響を及ばすことができなくなります。
その主役達が主権争いをした場合、
一人だけが宇宙のあらゆる物を完全に永遠に支配してしまいます。
一度支配してしまうと、後はパワーゲームなので、
永遠に支配されてしまいます。

この攻殻機動隊 (2)は
AIを使う者の主権争いの
話です。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
どうも前作やアニメと比べるとウケが悪いようですが
ネットと融合した「その後の素子」を想像、発展させれば必然的な作品だと思います。
もちろん本作、読み手にもそれなりの学びと想像の姿勢が求められることは言うまでもありません。

「Ghost in the shell」で作者が見せてくれた革新的な世界観と表現は
本作においてしっかりとアップデートされてることは間違いないので
世間の知や感受性が早く追いついてくれることを願うばかりです。

電脳空間の核にある、古来より多くの宗教者たちが感知してきた「3」という究極のモチーフ。
個人的には一番痺れたポイントです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 take_d VINE メンバー 投稿日 2007/8/20
形式: コミック
攻殻1の行動意思は荒巻が握っています。良くも悪くも、国家という後ろ楯のある、他人より少し能力の高いメンバーが、その悪に対して闘うアクションもの。そして、荒巻の代行者としての主人公の素子さんを主軸に描いています。
しかし攻殻2は、攻殻1のラストで、他人の正義の代行者である事を棄て、複数の意思として存在する事になった素子さんの、内在的な正義の葛藤を描いている様です。
自分の中に複数の自分がおり、その複数の意思は全身義体という3次元化ツールを使って、主意思の決定権を争うゲームを始めます。
最後に残った二つの意思は、新たな生命の誕生を見守り、未来必ず起こるであろう、二つの意思の新たな闘争を予感させつつ幕となります。
士郎正宗が続編を書くとしたら、その新たな生命の取扱いを書かないといけなくなる為、二つの意志が棚上げしたように、作者である士郎正宗も棚上げしたと感じられ、後年に出た1.5の後書きで、もう続きは書かない宣言しています。メインテーマの出し逃げとも言うw
ただ、自分の中の複数意志が具現化して物理的に人様に迷惑をかけまくるというギャグを、大真面目にコンピュータグラフィックとアナログ技術を融合させた躍動感あるマンガでオブラートに包み、イラストレーションとしても楽しめる唯一無二なコンテンツともなっています。
初版から10年たちますが、このマンガの思想にまだまだ全く時代が追い付く気配が微塵も感じられないのが面白いですね。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー