¥1,944
通常配送無料 詳細
残り8点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
改訂2版 「無形の強み」の活かし方 (現代産業選書... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

改訂2版 「無形の強み」の活かし方 (現代産業選書) 単行本 – 2015/8/24


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 2015/8/24
¥1,944
¥1,944 ¥3,507

ブックマイレージカード
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


本はまとめ買いでポイント増量!
2冊を購入はクーポンコード「2BOOKS」、3冊以上は「MATOME」の入力で最大4~10%ポイント還元 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

企業には、何かしらの「強み」が存在します。

しかし、自社の強みを社長や社員が気づいていない場合も多くみられます。この「見えない強み」を可視化することにより、企業は多様な経営戦略を検討することができます。本書はこの「見えない強み」である「知的資産」を理解し活用するためのバイブル的存在として刊行致しました。

なぜ、社長や社員も気づかない強みが存在するのでしょうか。企業の強みである人材、技術、組織力、顧客とのネットワーク、ブランド等は、自社にとって身近である場合も多いのです。何より財務諸表には表れないため、それが資産だと気づくことが少ないのです。しかもこれらの強みは単独ではもちろん、複数が互いに関係しあって企業の価値を高めています。企業を経営していく上で、知的資産は無視できない存在といえます。

知的資産を経営に活かすには、まず自社にどのような知的資産があるのか把握することが重要となってきます。本書では、知的資産を把握するために必要となる可視化のためのプロセスや、独自の分析手法が紹介されています。可視化した強みは、内部では経営戦略の検討や人材教育に、外部では顧客の開拓や連携先の確保、融資、事業承継等へと活用の幅は広がります。このような幅広い開示先それぞれに合わせた、強みを表現する方法も収載されています。

知的資産を経営に活かす手法は企業だけに限ったことではありません。生き残りをかける地方にとっても、点在する強みを掘り起しつなぎ合わせ、より魅力のある地域を設計する際に有効となります。

本書は、このような強みの分析、表現方法が、著者のかかわった多くの事例をもとに検証された実践的内容となっています。知的資産の抽出と関係性の把握は、経営者や地域が自らの経営を見直す絶好の機会です。知的資産を経営に活かしたい会社経営者、企業や地域のプロジェクトリーダー、コンサルティング業など様々な企業関係者に読んでいただきたい書です。

内容(「BOOK」データベースより)

「知的資産」をどのように経営に活かすのか。事例をもとに独自の分析方法、表現方法を紹介。知的資産経営の手法を体系的・論理的に解説。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 231ページ
  • 出版社: 経済産業調査会; 改訂2版 (2015/8/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4806529591
  • ISBN-13: 978-4806529590
  • 発売日: 2015/8/24
  • 梱包サイズ: 19 x 12.8 x 1.4 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 590,857位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

まだカスタマーレビューはありません


この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう