中古品
¥ 337
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ■通常24時間以内に発送可能です。■午後4時までのご注文は通常当日出荷。■クリーニング済み。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

改訂版 東京外為市場25時 伝説のディーラー 単行本 – 2005/2/19

5つ星のうち 3.3 6件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,944 ¥ 337
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

非情なまでのディーリングの実態。ディーラーの生態をドラマとして描き、一般の人たちにもわかる読み物。


登録情報

  • 単行本: 394ページ
  • 出版社: 徳間書店; 改訂版 (2005/2/19)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4198619808
  • ISBN-13: 978-4198619800
  • 発売日: 2005/2/19
  • 梱包サイズ: 19.2 x 12.6 x 3.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 460,554位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
この本は、作者が実際のディーラーを綿密に取材して書き上げた力作である。しかし、市場がまだまだ未成熟で、少しのことで乱高下していた時代の話。現在の実情を知っているものにとっては、ちょっと違うなと感じる内容だ。たとえば、取引のシステムなどは当時は電話を使っていたが、現在は電子ブローキングに移行している。主人公のキャラクターも時代を感じさせる。自分が相場も、女も、周囲にいる人間も全て支配しようと考えているような人間はいくらディーラーという特殊な職業であっても、今は絶無であると思う。懐かしさを感じる作品だ。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2005/3/12
形式: 単行本
細部までこだわった為替ディーラーの息遣いが聞こえてきそうな秀作。主人公北原一輝のモデルで実在の人物であるチャーリー中山氏のマーケットに対する見方には常々感服している。「ディーラーの生き様」の一端に触れるという意味では、この本で北原の兄貴分の海部のモデルとなっている堀内昭利氏が自らのディーリング半生を記した「市場の神々」が双璧と思われる。どちらの作品も、極限の緊張状態に晒されつつ東京外為市場で一時代を築いた個性豊かな外為ディーラー達の生き様が熱くリアリティを持って語られている。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カズゴン 投稿日 2005/10/21
形式: 単行本
仮名ではあるが実在のディーラーをモデルにした作品。為替取引を描いたものであるが、勝ち負けの話で終わってしまいある意味自慢話。主人公を取り巻く多くの登場人物も横のつながりはなくバラバラでなんとなく奥行きが感じられない。もっと小説的な脚色があれば外為になじみのない人も読めるのではないでしょうか。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告