通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
改訂版 「働き方改革法」の実務 がカートに入りました
+ ¥400 配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯あり。経年による使用感はありますが、特に大きな損傷や大きな汚れ等なく概ね良好です。全品検品をしておりますが見落としによる書き込み、汚れ等ある場合がございます。付属品付の商品の場合別途記載がなければ付属品が付いていない場合がございますので詳細をお問い合わせください。少量の書き込みあり。コンディションガイドラインに明確に違反している場合には返金をいたします。御注文確定後、2営業日以内にゆうメールにて発送します。地域により予定配達日を数日経過する場合がございます。200227
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

改訂版 「働き方改革法」の実務 (日本語) 単行本 – 2019/2/20


その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
単行本
¥3,080
¥3,080 ¥2,258
この商品の特別キャンペーン プライム会員限定 最大5%ポイント還元中。 2 件
  • プライム会員限定 最大5%ポイント還元中。
    プライム会員限定最大5%ポイント還元 まとめて買うと最大15%ポイント還元。 特設ページはこちら 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)
  • SUUMO住宅情報誌と対象の本の同時購入で合計金額から260円OFF。
    【*期間限定なし*この商品の特典】Amazon.co.jpが販売する【A】SUUMO住宅情報誌と【B】対象の本をまとめて同時にご購入いただくと、注文確定時に合計金額から260円OFFに。詳しくは こちら 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)


ブックマイレージカード
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • プライム会員限定最大5%ポイント還元 まとめて買うと最大15%ポイント還元。 特設ページはこちら 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)
  • 【*期間限定なし*この商品の特典】Amazon.co.jpが販売する【A】SUUMO住宅情報誌と【B】対象の本をまとめて同時にご購入いただくと、注文確定時に合計金額から260円OFFに。詳しくは こちら 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

よく一緒に購入されている商品

  • 改訂版 「働き方改革法」の実務
  • +
  • サクッと早わかり! 働き方改革法で労務管理はこう変わる (2019年4月から順次施行!)
総額: ¥4,290
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

無料で使えるブックカバー
好きなデザインを選んで取り付けよう! 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

今年の4月から順次施行される働き方改革関連法は、
労働時間外の上限規制や同一労働同一賃金、勤務間インターバル制度等が、
労基法や安衛法、パートタイム法等の様々な法律の改正に関連することから、
企業や実務家にとって大きな影響を与えることになる。

本書は政府が政策として進める「働き方改革」を項目ごとに取り上げ、
関連する法改正事項や既存の法制度について解説し、
法案成立後に公表された省令や通達、ガイドライン等を網羅した改訂版。
企業の人事労務の実務にどのような影響をもたらすか、
どのような対応をすればよいか、
ポイントや問題点を挙げて社労士の目線で検証する。

第1章 労働時間(時間外労働の上限規制等)
1 本章について
2 働き方改革と労働時間
3 労働時間の考え方
(1)労働時間の適正な把握のために使用者が講ずべき措置に関するガイドライン
(2)労働時間の定義
(3)労働時間を適正に把握する責務
(4)労働時間把握の対象となる労働者
4 法改正以前の労働時間規制
(1)働き方改革以前の労働時間規制
(2)二重の例外とその問題点
5 時間外労働の上限規制
(1)時間外労働の上限規制によって変わること
(2)時間外労働の上限規制と36協定
(3)時間外労働の上限規制における4つの上限
(4)時間外労働の上限規制と法定休日労働
(5)時間外労働の上限規制の例外
(6)時間外労働の上限規制まとめ
6 使用者による年次有給休暇の時季指定
(1)年次有給休暇の改革
(2)使用者による年次有給休暇の時季指定
(3)使用者による時季指定と基準日
(4)使用者による年次有給休暇の時季指定の実務
(5)計画的付与の利用も考慮
(6)その他注意点
(7)経過措置
7 フレックスタイム制の改正
(1)フレックスタイム制の概要
(2)フレックスタイム制と労働時間
(3)フレックスタイム制の法改正事項
8 その他の労働基準法等の改正
(1)中小事業主にも拡大される60時間超え5割以上の割増率
(2)新設される特定高度専門業務・成果型労働制
(3)労働条件の明示
9 働き方改革におけるその他法令の改正
(1)安全衛生法の改正
(2)労働時間等の設定の改善に関する特別措置法の改正

第2章 同一労働同一賃金
1 本章について
2 働き方改革と同一労働同一賃金
(1)同一労働同一賃金とは
(2)働き方改革における位置づけ
3 同一労働同一賃金に向けて
(1)同一労働同一賃金と職務給
(2)法改正の主題は「正規」と「非正規」の格差是正
(3)同一労働同一賃金推進法
(4)法律上の正規と非正規
4 同一労働同一賃金と法改正
(1)改正される法律
5 短時間・有期雇用労働者の同一労働同一賃金
(1)パートタイム労働法の改正
(2)通常の労働者と短時間・有期雇用労働者の待遇差
(3)まとめ
6 派遣労働者の同一労働同一賃金
(1)労働者派遣法の改正
7 同一労働同一賃金ガイドライン
(1)同一労働同一賃金ガイドライン
(2)我が国が目指す同一労働同一賃金
(3)同一労働同一賃金ガイドラインの特徴
(4)短時間・有期雇用労働者と同一労働同一賃金ガイドライン
(5)派遣労働者と同一労働同一賃金ガイドライン
(6)ハマキョウレックス事件と同一労働同一賃金
8 同一労働同一賃金への対応まとめ
(1)同一労働同一賃金の達成に向けて
(2)政府の考える同一労働同一賃金からの脱却の検討

第3章 勤務間インターバル制度
1 本章について
2 働き方改革と勤務間インターバル制度
(1)勤務間インターバル制度とは
(2)働き方改革における位置づけ
(3)勤務間インターバル制度がもたらす労務管理への影響
(4)日本における勤務間インターバル制度の現状
(5)勤務間インターバル制度と法改正
3 勤務間インターバル制度の導入に当たって
(1)制度の導入・運用には会社の主体性が求められる
(2)勤務間インターバル制度の構築
4 勤務間インターバル制度の運用に当たって
(1)スムーズな運用に向けて

第4章 テレワーク
1 本章について
2 働き方改革におけるテレワーク
(1)テレワークとは
(2)日本におけるテレワークの現状
(3)働き方改革における位置づけと労務管理への影響
(4)テレワークのメリットと課題
3 テレワークと労働時間
(1)複数考えられるテレワーク勤務者の労働時間管理方法
(2)その他テレワークと労働時間について
(3)テレワークと評価制度
4 その他労働法上の留意点
(1)労働条件の明示
(2)テレワークに掛かる費用
5 テレワークと情報通信機器
(1)ICTによって低くなったテレワークのハードル
(2)情報通信機器の扱い
6 テレワークとセキュリティ
(1)テレワーク時のセキュリティ上の脅威
(2)労働者側の意図的な漏洩
7 テレワーク導入に向けて
(1)導入の流れ
(2)始めるのは管理職から
(3)週1回、月1回でも構わない

第5章 副業・兼業
1 本章について
2 働き方改革と副業・兼業
(1)副業・兼業の現状
(2)働き方改革における副業・兼業の位置づけ
(3)会社に求められる原則禁止からの転換
(4)副業・兼業の課題
3 副業・兼業の形態
(1)自営・フリーランス型とダブルワーク型
(2)ダブルワーク型副業の構造
4 副業・兼業と公的保険
(1)副業・兼業する労働者のほうが不利になる現行の公的保険制度
(2)まとめ
5 副業・兼業と労働時間
(1)労働時間の通算
(2)36協定の提出
(3)時間外手当
(4)時間外手当の具体例
(5)時間外労働の上限規制と労働時間の通算
(6)制度上、通算する必要のないもの
6 労働時間通算による弊害
(1)労働時間の通算は働き方改革につながるか
(2)大きい副業側の負担
(3)統一されたルールがない中で労働時間管理は可能か
(4)副業先の労働時間の把握義務
(5)無理のある制度がモラルハザードを生む
7 副業・兼業解禁の実務
(1)改定されたモデル就業規則
(2)副業・兼業の解禁方法
(3)労働者側に求められる対応

第6章 女性・若者の活躍
1 本章について
2 女性の活躍
(1)働き方改革における女性の活躍
(2)配偶者控除と社会保険
(3)リカレント教育など個人の学び直しへの支援
(4)女性活躍推進法
3 若者の活躍
(1)働き方改革における若者の活躍
(2)職業安定法の改正

第7章 病気の治療、子育て・介護等と仕事の両立、障害者就労の推進
1 本章について
2 病気の治療と仕事の両立
(1)働き方改革における病気の治療と仕事の両立
(2)企業文化の抜本改革
(3)トライアングル型サポート
3 子育て・介護等と仕事の両立
(1)働き方改革における子育て・介護等と仕事の両立
(2)「くるみん」及び「プラチナくるみん」認定
(3)直近の育児・介護休業法等の改正内容
4 障害者就労の推進
(1)改善傾向にある障害者の就労状況
(2)働き方改革と障害者就労
(3)障害者雇用促進法
(4)法定雇用率

第8章 高齢者の就業促進
1 働き方改革における高齢者の就業促進
(1)2020年度までは環境整備
(2)長澤運輸事件最高裁判決
2 高年齢労働者に関連する諸法令の最近の動向
(1)高年齢者雇用安定法
(2)雇用保険法
3 長澤運輸事件最高裁判決と定年後再雇用の労働条件の見直し
(1)見直しが求められる定年後再雇用者の労務管理
10(2)長澤運輸事件最高裁判決
(3)現行の再雇用制度の問題点
(4)定年後再雇用者の労働条件の決定方法とその流れ

第9章 外国人材の受入れ
1 働き方改革と外国人材の受入れ
(1)外国人材の受入れに向けた動き
(2)二極化する外国人材の活用
2 外国人技能実習制度
(1)技能実習制度の規制強化
(2)優良な実習実施者への規制緩和

巻末資料
1 「働き方改革実行計画」全文
2 「働き方改革実行計画」工程表
3 情報通信技術を利用した事業場外勤務の適切な導入及び実施のためのガイドライン
4 副業・兼業の促進に関するガイドライン

内容(「BOOK」データベースより)

企業がいかに実践すべきか、影響や問題点を徹底検証!

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

川嶋/英明
社会保険労務士。2013年に愛知県名古屋市にて社会保険労務士川嶋事務所を開業。労務相談や就業規則の作成といった社労士業務を行う傍ら、「名古屋のブロガー社労士日記」で積極的な情報発信を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


出版社より

就業規則
【DVD】社労士が絶対におさえておきたい 就業規則策定・変更の仕方
こちらもおすすめです。画像クリックで詳細をご覧いただけます。 本DVDでは、企業や社労士から就業規則や労務トラブルの相談を、 実際に多数受けている岡崎弁護士が、 就業規則策定の基本的な考え方や留意点などをわかりやすく解説し、 また、実際の規定等を用いて、どの部分が問題なのかを具体的に洗い出し、 的確な規定を策定する方法を解説しています。
外国人雇用 HRテクノロジー 就業規則 パワハラ 労使協定 実用会社規程大全
外国人雇用 書式・手続マニュアル 日本一わかりやすい HRテクノロジー活用の教科書 条文の役割から考える ベーシック就業規則作成の実務 上司が萎縮しないパワハラ対策 ―パワハラ新法への上手な対応― 改訂版 労使協定・労働協約 完全実務ハンドブック 実用会社規程大全
こちらもおすすめです。画像クリックで詳細をご覧いただけます。 企業が外国人を雇用する際に必要となる実務と手続きを 在留資格の取得から労務管理に至るまで詳しく解説。 企業の現場において具体的にHRテクノロジーを活用するための、初めての実務書。 IT関連は苦手という方でもわかりやすいよう、可能な限り専門用語を使わず、 日常用語での平易な言葉を使って、HRテクノロジーとはどんなものか、 具体的にどのようなサービスがあるかを紹介。 本書の目指す就業規則は、法的要件を満たし、 コンプライアンス上のリスクを抑えることを大前提に、 重要度の低い規定を減らしたシンプルなものである。 また、条文ごとにその必要性や作成時の注意点、 法的な解説を盛り込んでいるため はじめて就業規則を作る人にもわかりやすい構成となっている。CD-ROM付。 防止措置の義務化で、会社対応待ったナシ  ●「パワハラ」と「適正な指導」はココが違う! ●「一方的」がすべてのハラスメントのキーワード ●米軍も採用するパワハラ防止対策とは? 労使協定に関わる制度の変更ないし新たな制度の創設を踏まえた全面改訂版。 育児介護休業法等、平成22年の初版発行以後の諸改正にも対応。 今日の企業経営の上では必要不可欠である規程の整備を行う上での参考となるよう、 経験豊富な弁護士が自らのノウハウに基づいて規程例を作成・提示した。 「現代のニーズに応える」という視点で必要となる規程をすべて網羅して収録。
7訂版 リスク回避型就業規則・諸規程作成マニュアル 社内諸規程 職務分析 不利益変更 働き方改革 就業規則
7訂版 リスク回避型就業規則・諸規程作成マニュアル 3訂版 社内諸規程作成・見直しマニュアル 同一労働同一賃金を実現する 職務分析・職務評価と賃金の決め方 就業規則の変更による労働条件不利益変更の手法と実務 働き方改革対応! パートタイマーの労務管理と就業規則 改訂版 使用者側弁護士からみた 標準 中小企業のモデル就業規則策定マニュアル
こちらもおすすめです。画像クリックで詳細をご覧いただけます。 採用、異動、服務規律、労働時間、休暇、賃金、休職及び復職、 解雇、退職、安全衛生、災害補償といった労働関係の中で考えられるステージごとに、 複雑な法令体系を解きほぐしながら、就業規則の規程例とその作成のポイント、 個別規程例、労使協定・書式例を豊富に提示。 企業にとって必須というべき21のモデル規程と、 その策定や見直しをするうえで必要となる視点やポイントを、根拠となる法律や指針等を示しながら解説する。 職務分析の第一人者である西村聡氏が、 「職務分析」「職務評価」「職務給」について、 基礎的な理論から、その背景、効能、実践のための具体的手法、 業務改善への活かし方をわかりやすく解説。 裁判例の分析に基づき、合理性が肯定されるためには、 どのような手順で、どのような事実を積み重ねて実務を進めればよいかを解説。 重要性の高い労働条件から低い労働条件まで、 労働条件ごとに分析、解説。 パートタイマーを雇用する中小企業が押さえておくべき労働法と 労務の知識や考え方(採用から退職まで、社会・労働保険、安全衛生、人事評価)と、 それを踏まえたパートタイマー用就業規則の規定例を解説。 自社の体力に見合った就業規則とするための策定例を、わかりやすく、簡潔に例示。 改訂版では、働き方改革関連法により新たに規定すべきこととなった 「年休の確実な取得」「勤務間インターバル制度の導入」「労働時間状況の把握」に関する規定のほか、 改正労働契約法、改正パート労働法に対応した無期転換等に関する規定等を盛り込んで内容を刷新。

登録情報

  • 単行本: 480ページ
  • 出版社: 日本法令; 改訂版 (2019/2/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4539726609
  • ISBN-13: 978-4539726600
  • 発売日: 2019/2/20
  • 梱包サイズ: 21 x 15.2 x 3.1 cm
  • カスタマーレビュー: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 427,985位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

まだカスタマーレビューはありません