Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,080

¥ 648の割引 (38%)

ポイント : 155pt (14%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[石田 晴久, 青山 幹雄, 安達 淳, 塩田 紳二, 山田 伸一郎]の改訂新版 コンピュータの名著・古典 100冊
Kindle App Ad

改訂新版 コンピュータの名著・古典 100冊 Kindle版

5つ星のうち 3.8 6件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,080

【50%ポイント還元】GW文春祭り
現在、GW期間限定で「GW文春祭り」を実施中。3,300タイトルが対象の大幅セール。この機会にお得な情報をチェック! 今すぐチェック

【Kindle試し読み増量対象商品】:こちらは、試し読み増量商品です。試し読みは商品詳細ページの「今すぐ無料サンプルを送信」をクリック。 その他の対象商品をチェックする。 ※シリーズタイトル全作品の無料サンプルがすべて増量されているとは限りません。※Amazon.co.jp は本キャンペーンを予告なく変更または終了する権利を保有します。


商品の説明

内容紹介

コンピュータがおもしろくなる! 偉大な先達からのメッセージ
永遠に色あせない不朽の名著ベスト100冊のエッセンスをまるごと紹介!
「コンピュータ名著読書委員会」が、コンピュータ出版史に残る歴史的名著を選出。
今だからこそ読む価値がある-「コンピュータを読み解く」ためのブックガイドの最新版
・Winny作者の金子勇氏、SoftEather作者の登大遊氏、「100冊」選出書の「Javaによるデザインパターン入門」著者の結城浩氏ほか、豪華メンバーのゲストコラムを新たに収録!
・巻末付録「名著・古典100冊入門ガイド-名著を読むにはまずこの10冊から-」で、専門知識がなくても古典的名著に入門できる!

内容(「BOOK」データベースより)

コンピュータの本質を理解するための基本図書100冊を分野別に徹底紹介。紹介書籍を読むための入門ガイドや、先輩エンジニアの読書術などコラムも充実。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 1842 KB
  • 紙の本の長さ: 288 ページ
  • 出版社: インプレス; 改訂新版版 (2006/9/22)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B009NQ7MIA
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 42,815位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版
昔、本屋で立ち読みしているうちに、惹きこまれて購入しました。
この本が電子化されて、また日の目を見ようとは。
そのうえ、値段も安くなってるし。

標題の如く、コンピュータの名著・古典を紹介する書評本です。
紹介されている本のうち、何冊かは、私も読んだことがありますが、
著名な書評執筆者の見方と、自分自身の考えを比較できるのも楽しみの一つ。
ただの書評としてだけでなく、コンピュータ分野の一般教養を得られる読み物としても秀逸です。
いずれの名著もいつか読みたい気持ちにさせるという意味で、この本は成功しているのでしょう。
ただ、読んでもいないのに読んだ気にさせる副作用もありますね。
それだけ書評に力があるのでしょう。

手に入らない絶版書の紹介を多く含みますが、いつの日か、全て電子化されて蘇る日が来ることを望みます。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
コンピューターの名著・古典を選定するためにわざわざ委員会を組織し、その道のプロを5人集め選んだコンピューター関係の書籍100冊の紹介となっています。

コンピューターの成り立ちを歴史、思想、ドキュメンタリーといった専門家で無くても興味深く読める視点から選んだものや、OS、コンパイラ、プログラミング、アルゴリズムといったおそらく職業SEでも一筋縄では理解出来ない様な専門的な書籍まで幅広く紹介しています。

各章毎にこの業界での著名人である、結城浩氏や登大遊氏等のコラムも挿まれていて、書籍の紹介も概要をわかりやすく紹介しているためこの本のターゲットの若手SEから一般のコンピュータに興味ある方にも手に取りやすくなっているのではないかと思います。

個人的に本書の中の山形浩生氏のコラムが非常に印象に残った。プログラミングという僅か50年強程の歴史の無い行為が、社会内にハードウェアと共に次々にシステムを作り出して、
物理的実在と等しい存在となっている。この事は自然法則と同様にその存在すら疑われないという事で政治権力以上の権力作用を包含するという指摘は周囲を見回すと思わず納得。著作権関連の話も絡めて上記の様に言っていますが、その点に ついても自覚的になるべきだと思った。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ROKU 投稿日 2006/10/17
形式: 単行本(ソフトカバー)
この本は、昔ながらできの良い古典などを集めてどういった本なのかを説明している本です。

コンピュータの勉強をしたいけど、何を読んだらいいのかわからない人や学生が1つのガイドブックとして使うのに良いと思います。中には結構新しい本もあるので別に時代にあってないというわけではありません。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover