通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
支那人の日本侵略―排害主義者宣言 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ※通常24時間以内に発送可能です。■午後4時までのご注文は通常当日出荷。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。ff2660
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

支那人の日本侵略―排害主義者宣言 単行本 – 2011/10

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 400

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

在日支那(中国)人80万人の戦慄すべき実態!支那人に乗っ取られた街の現実を見れば、日本の未来が見える。行動する保守運動の若き旗手が、危機に無自覚な日本人に警告。赤い津波に備えよ。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

金友/隆幸
昭和六十年、岡山県生まれ。中学生時代に山口二矢烈士の義挙に感銘し民族主義思想に目覚める。平成16年、国士舘大学政経学部への入学。同時に学内の民族派系学生サークルに加盟し、民族派運動に参加。行動右翼、保守系団体、各政党など運動体の違いにこだわらず参加し、様々な手伝いをしながら勉強。平成20年、国士舘大学を卒業。平成22年、支那人朝鮮人による人口侵略と、反日勢力が跳梁跋扈する国難を前に、排害主義運動が台頭する必要性を痛感し、排害社を結成し代表に就く(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 242ページ
  • 出版社: 日新報道 (2011/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4817407301
  • ISBN-13: 978-4817407306
  • 発売日: 2011/10
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.9 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,056,351位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
2
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
著者たる金友隆幸氏は、もの心ついた折すでに、烈士山口二矢に畏敬の念を抱いていた。山口烈士とは、昭和35年(皇紀2620年)秋、かの浅沼代議士(もと社会党委員長)を日比谷公会堂に屠った日本男児である。その金友氏、同烈士を習ってまさに『国士』となるべく、国士舘大学へ入学した。平成16年(皇紀2664年)のことである。しかし、かつては民族派系大学の雄として鳴らした国士舘といえども、現代のうす淡いサヨク気質の世相はいかんともしがたく、かような学生気質の跋扈するキャンパスに同氏は幻滅、学内の民族派系サークルの一つ皇国史観研究会に属しながら、その一方で、在学中に維新政党・新風に入党したそうだ。先般、解散宣言を出した新攘夷運動の中核組織と銘打った「排害社」本部の前代表にして、現・新風の世田谷支部長であり、まさに七生報国そのままに、祖国日本における若き民族派の騎手として現在に至っているという。

国士金友氏による本著は、以下の3章から成立している。

序章:余は如何にして排害主義者となりしか
第一章:支那人問題の最前線から
第二章:支那人と如何に戦うか

序章は、いわずと知れた、内村鑑三先生の御著のタイトルを見事拝借したものにちがいない。なるほど、この章を読めば、同氏がそんじょそこらの“ただの”少年ではなかったことが認
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
裏社会物の雑誌が好きな主婦層にもお薦め出来る本である。著者は実際に現地に赴き、現状や法や行動に対して詳しく書いていると共に国際間の大きな問題や何故○○なのかの様な疑問を持つ、この問題を知らない人にも解る様、丁寧に克つ詳しく書いていてページを読み進む手が止まらなかった。
写真、会話、事例等で常に飽きさせず、また読み返したりしたいと思え、知識としても著者に感情移入出来、実際に体験した様な気持ちに慣れるドキュメンタリーとしても優れていると思える一冊であった。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告