通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
損する結婚 儲かる離婚 (新潮新書) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【外観】良好です。【内観】本文は問題なくお読み頂けます。 ご注文お受け次第丁寧・迅速に発送致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

損する結婚 儲かる離婚 (新潮新書) 新書 – 2017/2/16

5つ星のうち 4.1 23件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 799
¥ 799 ¥ 477

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 損する結婚 儲かる離婚 (新潮新書)
  • +
  • 究極の男磨き道 ナンパ
総額: ¥2,527
ポイントの合計: 24pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



レビュー100件以上ストア開設!
レビュー件数が100件以上で、★★★★以上の自己啓発・英語・レシピ本などが探せます。 >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

結婚の「損得勘定」 知らなかったら地獄を見ます。
「恋」だの「愛」だのといったキレイゴトに騙されるな!
結婚相手選びは株式投資と同じ。夫婦は食うか食われるかの関係にある。
そんな男女の「損得勘定」と、適切な結婚相手の選び方を具体的なケースを元に解き明かす。


目次
まえがき

第1章 金融商品の取引としての結婚
結婚と離婚で動く3つのお金/コンピ地獄/結婚とは「所得連動型の債券」という金融商品である/婚姻費用・養育費の算定式

第2章 離婚裁判の実際
長いほど妻に都合がいい離婚裁判/1年間書面で罵り合う/裁判官が和解話を持ちかける理由/じつは話し合いや調停より楽な裁判/尋問は役者の才能が問われる/いよいよ判決の日/裁判所で認められる5つの離婚原因/有責主義から破綻主義へ

第3章 有名人の結婚と離婚に関するケーススタディ
プライバシーののぞき見は筆者の本意ではない/ダルビッシュ有投手と紗栄子さん/益若つばささん/神田うの夫妻/高嶋政伸さんと美元さん/矢口真里さんと中村昌也さん/サイバーエージェント藤田CEOと奥菜恵さん/マーク・ザッカーバーグとプリシラ・チャン/紗栄子さんとZOZOTOWN前澤社長/川谷絵音さんとベッキー/ジョニー・デップとアンバー・ハード/ファンキー加藤さんのW不倫/往々にしてマスコミのゴシップ報道はデタラメである

第4章 結婚相手の選び方は株式投資と同じ
結婚はゼロサムゲーム/ストックよりもフロー/スポーツ選手もボンボンも美味しくない/安定した将来キャッシュフローが重要/優良銘柄は大企業の正社員、弁護士、医師/起業家はハイリスク・ハイリターン/いいところのお嬢さんは危険/飛び抜けたボンボンならコンピ地獄も/やむにやまれず結婚するならボーナス支給後/離婚することを決意したらすぐに別居/貧乏な男と結婚するメリットはゼロではなくマイナス/結婚詐欺師は本当に結婚したほうが儲かる/子供がいるなら専業主婦も可/金持ちの男の愛人という選択肢/愛人でも報われるための損益分岐点/未婚で子供を生むためのルールオブサム/事実婚に関するいくつかの反論

第5章 時代遅れの法律と社会規範
男は自分の子供が本当に自分の子供かわからない/妻の浮気でできた子供であっても夫は養育費を支払う/いまどき婚前交渉しない人はいない/婚姻届に判を押すのは借金の連帯保証人になるより怖い/ビジネスマンにとって妻の内助の功なんてない/政治の仕事をすればいい欧州と性道徳まで問われる日本/世界の中で異常に低い日本の婚外子比率/所得が上がると女性は結婚しない/少子化の原因は結婚という金融商品の欠陥

第6章 古くて新しい家族のあり方を考える
一夫一妻制は自然な形なのか/現実の恋愛市場は一夫多妻制/結婚制度で誰が得をしているのか/女性が社会進出すると婚外子が増える/動物の子殺しから考える父系制社会の影/理論的には母系制社会のほうが幸福/子供を産む=結婚という文化的制約/結婚以外の男女交際と家庭の作り方/多様な家族の形が認められる豊かな社会へ

あとがき

内容(「BOOK」データベースより)

大人の男女にとって最大のリスクは「結婚相手」である。実際の結婚と離婚でどう金が動くのか、世間には驚くほど正確な情報が伝わっていない。知っているはずの弁護士も建前しか話さないのだ。しかし、結婚相手選びは株式投資と同じ。夫婦は、ゼロサムゲーム=お互い食うか食われるかの関係にある。そんな身もフタもない男女のマネーゲームの真相と、適切な結婚相手の選び方を、具体的なケースをもとに解き明かす。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 208ページ
  • 出版社: 新潮社 (2017/2/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4106107066
  • ISBN-13: 978-4106107061
  • 発売日: 2017/2/16
  • 商品パッケージの寸法: 18.2 x 11.3 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 23件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,268位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
独身男です。友人の離婚がきっかけで読むようになりました。結婚とはまさに博打だなと思いました。ほとんどの人が意味を知らずに結婚・離婚しているんだなと実感しました。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
 家庭の大黒柱として日々勤労している人間には恐ろしい内容の本だが、一言で言うと、著者の意見には全く同感だ。

 正直、(おそらく誰もが)結婚という制度には何かおかしさを感じつつも、どうアプローチしてよいかわからない問題と感じていたところ、本書は結婚を金融商品と見立てることで新たな視点を提供している。

 私なりの結論を極論で述べると、ストックでなくフローでそれなりの稼ぎを得ている人間は、同じぐらい稼いでいる人としか結婚できない。
 現行の法制下では、稼いでない人間と結婚すると、結婚が破たんした場合に(相手の同意がないので)離婚はできず、たとえできたとしても、婚費という理不尽な仕組みで、下手すると全財産を渡しても離婚できない状況に陥るということだ。
 収入差が大きいほど収入がない側が結婚にしがみつく構造になっていることを考えれば、専業主婦を持つというのはリスクが発現したときに、最悪の泥沼に陥ることが容易に想像可能である。
 うまく言えないが、聡い人は、薄々、結婚とはホールドアップ問題であるという、この構造を見切っていたのではなかろうか。
 読後の感想として、結婚の署名は保証人の署名より恐ろしいというのには全く同感である。

 制度を理解すれば対策できる部分もあるかというと、結婚前に資産
...続きを読む ›
5 コメント 165人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
とても参考になりました。
この本を読んで、配偶者(とその家族)をきちんと選ぶ人が増えてほしいです
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 アレン トップ1000レビュアー 投稿日 2017/3/24
形式: Kindle版 Amazonで購入
信者票のようなレビューとともに批判レビューもちらほら目につきますが、
「結婚を損得勘定でしか見れない著者は…」といった趣旨の意見は安直だと思います。
確かにタイトルには棘があり若干の嫌悪感も感じますが、
著者は本文の中で何度も「あくまで現実に即した情報を提供したいからこういうスタンスを取ってるのであって、愛やロマンのある結婚を否定していません」といった趣旨のことを述べられています。
そもそもモラルや道徳的規範を求めて読むような本じゃありませんし、
前作の「僕は愛を…」を引っ張ってきてレビューしている人にも呆れます(笑)
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
お金という観点から、結婚制度を考えさせてくれる。新しい家族の形を模索するのに大いに参考になる。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
知らなかったことばかりで非常に興味深く読めた。
前半は結婚の値段について、後半はそれを踏まえた結婚制度に関する考察となっている。

後半で筆者は、ヒトは本来緩やかな一夫多妻制が自然な状態であり、結婚制度を通して一夫一妻制に矯正していると指摘している。
結婚は「本来少数の男性が女性を独占するところを、より下位の男性に女性が行き渡るようにする制度」と捉えられる。
逆に、上位の女性は最上位の男性を独占できるということでもある。
結婚制度は中間層の男性と上位層の女性に有利な制度ということだ。
こういった歪みのある制度が認知され、諸外国では婚外子比率が爆発的に増加していることも指摘がある
(アメリカでは現在約40%、日本は2%)。
今後女性の社会的な進出や文化的な理解が日本でも進み、結婚制度から離れていく流れが加速する可能性がある。

本書にはこのような指摘以外にも様々な示唆がある。
少子化問題等、日本の将来を考える際にも読むべき一冊ではないだろうか。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
 著者の藤沢数希氏は、詳しい経歴を開示されていませんが、新潮社によると、外資系金融機関に勤めておられたそうで、
 それで結婚、離婚を金融商品に例えてお話を展開されていて、非常に説得力があります。
 例えば、結婚を「所得連動の債権」と考え、夫婦はゼロサムゲームとされています。
 なるほど考えてみれば確かにそうですね!!
 恥ずかしいことですが、私、この本を身につまされて読みました。実は、私も離婚を経験しています。
 原因は、妻の家事放棄、ということになるのでしょうが、1日にビール半ダース位飲みますし、洗濯、掃除、食事、殆どせず、
 起きてくるのは毎日昼の2時過ぎという状態でした。
 ほとほと困り果て、それで私が家を飛び出し、離婚を前提に別居したのですが、そこからが実に長くかかりました。
 弁護士に依頼、調停・・相手が出てこず当然不調・・・、そして裁判になったのですが、私の場合は、給料横領ということで、刑事告訴されました。
 結果は和解いうことになったわけですが、その間の年月、和解金・・・フェラーリが買える位です・・・、
 一番大変だったのは、オフィスに妻がやってきて、大声を張り上げ、全く仕事にならず、精神的にも金銭的にもほとほとどん底の状態に陥りました!
 この和解金は、財産
...続きを読む ›
コメント 87人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー