Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 740
ポイント : 21pt (2%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[藤沢数希]の損する結婚 儲かる離婚(新潮新書)
Kindle App Ad

損する結婚 儲かる離婚(新潮新書) Kindle版

5つ星のうち 4.1 17件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 740
新書
"もう一度試してください。"
¥ 799 ¥ 480

商品の説明

内容紹介

大人の男女にとって最大のリスクは「結婚相手」である。実際の結婚と離婚でどう金が動くのか、世間には驚くほど正確な情報が伝わっていない。知っているはずの弁護士も建前しか話さないのだ。しかし、結婚相手選びは株式投資と同じ。夫婦は、ゼロサムゲーム=お互い食うか食われるかの関係にある。そんな身もフタもない男女のマネーゲームの真相と、適切な結婚相手の選び方を、具体的なケースをもとに解き明かす。

内容(「BOOK」データベースより)

大人の男女にとって最大のリスクは「結婚相手」である。実際の結婚と離婚でどう金が動くのか、世間には驚くほど正確な情報が伝わっていない。知っているはずの弁護士も建前しか話さないのだ。しかし、結婚相手選びは株式投資と同じ。夫婦は、ゼロサムゲーム=お互い食うか食われるかの関係にある。そんな身もフタもない男女のマネーゲームの真相と、適切な結婚相手の選び方を、具体的なケースをもとに解き明かす。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 4927 KB
  • 紙の本の長さ: 157 ページ
  • 出版社: 新潮社 (2017/2/17)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01MUH9OBL
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 17件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 159位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
 家庭の大黒柱として日々勤労している人間には恐ろしい内容の本だが、一言で言うと、著者の意見には全く同感だ。

 正直、(おそらく誰もが)結婚という制度には何かおかしさを感じつつも、どうアプローチしてよいかわからない問題と感じていたところ、本書は結婚を金融商品と見立てることで新たな視点を提供している。

 私なりの結論を極論で述べると、ストックでなくフローでそれなりの稼ぎを得ている人間は、同じぐらい稼いでいる人としか結婚できない。
 現行の法制下では、稼いでない人間と結婚すると、結婚が破たんした場合に(相手の同意がないので)離婚はできず、たとえできたとしても、婚費という理不尽な仕組みで、下手すると全財産を渡しても離婚できない状況に陥るということだ。
 収入差が大きいほど収入がない側が結婚にしがみつく構造になっていることを考えれば、専業主婦を持つというのはリスクが発現したときに、最悪の泥沼に陥ることが容易に想像可能である。
 うまく言えないが、聡い人は、薄々、結婚とはホールドアップ問題であるという、この構造を見切っていたのではなかろうか。
 読後の感想として、結婚の署名は保証人の署名より恐ろしいというのには全く同感である。

 制度を理解すれば対策できる部分もあるかというと、結婚前に資産
...続きを読む ›
5 コメント 139人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
 著者の藤沢数希氏は、詳しい経歴を開示されていませんが、新潮社によると、外資系金融機関に勤めておられたそうで、
 それで結婚、離婚を金融商品に例えてお話を展開されていて、非常に説得力があります。
 例えば、結婚を「所得連動の債権」と考え、夫婦はゼロサムゲームとされています。
 なるほど考えてみれば確かにそうですね!!
 恥ずかしいことですが、私、この本を身につまされて読みました。実は、私も離婚を経験しています。
 原因は、妻の家事放棄、ということになるのでしょうが、1日にビール半ダース位飲みますし、洗濯、掃除、食事、殆どせず、
 起きてくるのは毎日昼の2時過ぎという状態でした。
 ほとほと困り果て、それで私が家を飛び出し、離婚を前提に別居したのですが、そこからが実に長くかかりました。
 弁護士に依頼、調停・・相手が出てこず当然不調・・・、そして裁判になったのですが、私の場合は、給料横領ということで、刑事告訴されました。
 結果は和解いうことになったわけですが、その間の年月、和解金・・・フェラーリが買える位です・・・、
 一番大変だったのは、オフィスに妻がやってきて、大声を張り上げ、全く仕事にならず、精神的にも金銭的にもほとほとどん底の状態に陥りました!
 この和解金は、財産
...続きを読む ›
コメント 68人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 アレン トップ1000レビュアー 投稿日 2017/3/24
形式: Kindle版 Amazonで購入
信者票のようなレビューとともに批判レビューもちらほら目につきますが、
「結婚を損得勘定でしか見れない著者は…」といった趣旨の意見は安直だと思います。
確かにタイトルには棘があり若干の嫌悪感も感じますが、
著者は本文の中で何度も「あくまで現実に即した情報を提供したいからこういうスタンスを取ってるのであって、愛やロマンのある結婚を否定していません」といった趣旨のことを述べられています。
そもそもモラルや道徳的規範を求めて読むような本じゃありませんし、
前作の「僕は愛を…」を引っ張ってきてレビューしている人にも呆れます(笑)
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
著者は弁護士ではなく、外資系金融機関を経て作家になったとのこと。金融マンの視点で、結婚相手を選ぶのは金融商品を選ぶのと同じと語る口調は独特で面白く読める本かもしれない。
繰り返し強調されるのは、結婚後の収入の半分は専業主婦の妻に離婚時に渡さねばならないということ。男性(あるいは女性)の中には結婚のリスクを過大に考え躊躇してしまう者がもしや生じるかもしれないと考え、少しだけ言わせていただく。
先ず、有名野球選手や創業者の場合も結婚後の収入の半分は専業主婦の妻に離婚時に渡さねばならないと本書では述べられているが、日本の実務においてそんなことはない。よく例として説明されるのがプロ野球選手だが、当人独自の優れた能力で稼いでいる場合、それは加味され、決して「内助の功で妻に半分」とはならない。また、幼い子どものいない妻なら「潜在稼働能力」というものが計算され、その分夫が払う婚費は少なくなると考えてもいい。
また、婚費は1度決めたものが絶対ではない。妻が働き始めたとか、夫の減収、失業などで決めなおすことはしばしばある。その際、口約束は危険なので(従前の婚費が調書になっていれば必ず)、家裁で調停調書にその金額を明示してもらおう。弁護士に依頼しなくても資料さえあればわずかな費用で本人ができることだ。
実際のところ、子どもがいなければ数年の別居で離婚できるので、
...続きを読む ›
コメント 52人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover