この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

援助者必携 はじめての精神科 単行本 – 2004/3

5つ星のうち 4.6 24件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,052 ¥ 1,586
単行本, 2004/3
¥ 1

この商品には新版があります:

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

メディア掲載レビューほか

はじめての精神科
 患者や患者家族とどのように接していけばよいか、精神科医が自身の経験を交えながらまとめた援助者向けのアドバイス集。統合失調症や人格障害などの主要な疾患について、疾患概念や症候を解説。実践的に活用できるQ&A集もある。


(日経メディカル 2004/05/01 Copyright©2001 日経BP企画..All rights reserved.)
-- 日経BP企画

内容(「BOOK」データベースより)

「患者」「家族」でしんどくならないために、「地域」で疲れ果てないために、ラクになる言葉、役に立つヒントがてんこ盛り。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 243ページ
  • 出版社: 医学書院 (2004/03)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4260333283
  • ISBN-13: 978-4260333283
  • 発売日: 2004/03
  • 商品パッケージの寸法: 25.6 x 18.2 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 24件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 616,902位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
自分はあまり精神科領域は得意ではないしそもそも対象とはしていないけれど、それでも「精神科疾患」の札をぶら下げたり実は精神科疾患だったりする人がたまにやってくる。少ない精神科の知識と一般常識?をもって対峙しているけれど、「プロ」はどうやって対処するのか疑問に思って読んでみた。

タイトルの通りで精神疾患を持っている人たちに対して「援助」(具体的には保健師や介護職員などを想定しているのか?)をする視点で書いてある。

前版を読んでいないのでどこがどう変わったかはわからないけれど、この本を一言でまとめるなら「極端に現実的」ということになるだろう。「こうだったらいいな」といったマイルドな記載がなくそれが若干過激に映って、レビューで「経験不足の人は注意」とか「すべてを鵜呑みにしないこと」となっているのだろう。

共依存から解消するのに10年かかるのも「必要な時間」とし、誰かが犠牲にならないと事態は動かない、手を出さず必要とされるまでじっと待つ。

「無理なものは無理」という長い経験から辿り着いた一種の境地なのかもしれない。そこまではたどり着けないけれど、そういう考え方も「アリ」なのだと分かったのが収穫。

よくマニュアル本でも「説得を試みる」と書いてあって「ダメだったらどうするの??」と思うこ
...続きを読む ›
コメント 50人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 「援助者必携」と銘打ってあるが、精神医療に携わる医師、看護婦、保健婦、ケースワーカーなどにもお薦め。分裂病を中心に、うつ病、不安神経症、痴呆、薬物依存などの患者の心理をうまく表現していてグッド。むしろある程度の実経験がないと理解しにくいかもしれない(最初の教科書としてに手にするのは危険かも)。著者らしい、医療従事者の本音も書かれていてよい。手ごろな値段、装丁などはあきらかに中井久夫氏の「看護のための精神医学」を意識したもの。患者によりそう姿勢や分裂病患者の心のカラクリに独自の領域を開拓した中井氏に一歩近づこうという意欲は買える。小難しいだけの本はもういらない。
コメント 46人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
著者の実体験を元に過剰なほどに率直に書かれている。医療従事者がやっかいな問題と直面した時に間違いなく参考にできる本である。

この本を私の勤務する病院のスタッフに読ませたところ、「著者は医療職・援助者としては少し冷徹すぎるのではないか?」との感想が出た。だが私は反対の印象をもっている。私であれば「そんな人、放っておけばいいのに。」と言ってしまいそうな場面でも、著者は丁寧に介入しようとする。もしかすると著者は正義感が強すぎるために、他人(患者)の人生がよくない方向に流れそうになるのを見過ごせないのではなかろうか。そのため、時にはこの本に書かれているような対処法をせざるをえないし、こう対処していても、なんとなく、著者は日常の診療にかなり疲れているような印象を受ける。

著者には、援助者に救いをもたらす本を書いていただいたことに感謝するとともに、「春日先生、つぶれないでね。」と祈りたくなるような本である。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
随所にまぶしてある「毒」と「中腰の勧め」が妙味で、中井久夫先生の看護のための精神医学よりも実践的というか、現場向きの内容だと思う。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
長年高齢者の相談業務に就いてきた私にとって

とてもためになる本でした。

特に最近少し行き詰まっていたケースがあり、

援助のヒントが見えた気がしました。

ただこの本に書いてあることを全て同意する気には

なれませんでした。

援助職として利用者・近隣住民と最も近い立場にいる以上、

この本に書いてあることをそのまま実践してしまうと

とても危険なことが多々あると思います。

あくまでヒントと考えます。

また次の方には以下の理由でこの本は薦められません。

'@利用者の家族・親族

 記述内容が少しきついので、相当ショックを受けるかもしれません。

'A援助歴が少ない援助職

 記述内容を鵜呑みにするとえらい目にあいます。

 また内容によっては、自分の都合の良い様に解釈すると、

 援助放棄になりかねない記述もあります。

 相当経験を積んでからお読みください・
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー