中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

握りの真髄―江戸前寿司の三職人が語る (文春文庫―ビジュアル版) 文庫 – 1994/4

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

本書は握りを天職と考える職人の“芸談集”である。春夏秋冬、刻々変化するスシダネを、職人がどう握り分けているのか、客はどう賞味すべきか、彼らは、その真髄を余すところなく語ってくれた。


登録情報

  • 文庫: 247ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (1994/04)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4168112195
  • ISBN-13: 978-4168112195
  • 発売日: 1994/04
  • 梱包サイズ: 15.6 x 11 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 748,665位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
1
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 志村真幸 トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2011/5/21
形式: 文庫
 文春文庫ビジュアル版の一冊。
 寿司の写真がカラーでふんだんに納められており、見ていて楽しい本だ。
 都内の名店3軒を一年間にわたって取材しており、季節ごとのネタの移り変わりがわかるようになっている。
 店の歴史、ご主人の修業時代から現在まで、扱っているネタ、値段の付け方、どの季節に何が美味しいのかといったことが書かれている。
 銀座のすきやばし次郎を井田真木子さんが取材している。ご主人が寿司を握り始めたのは戦争からの復員後の27才というのが意外。そんなに遅いスタートでも大成できるとは。マグロへのこだわりがすごい。ただ、井田さんの文章がかなり悪文。気負いすぎ、気取りすぎている。
 八重洲のおけい寿司を左近寺修さんが担当。先代からの味をいかに守っていくかがご主人の基本路線らしい。しかし、そのなかでいまふうに変えている部分もあり、葛藤と自負が見え隠れする。
 麹町のはしぐちを井上喜久子さんが執筆。若くて革新的なご主人で、寿司にも工夫がある。独立して当初は流行らなかったのが、次第に客が付き始めるあたりは成功物語を読むようで楽しい。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告