この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

提督の決断―吼える四戦艦 (歴史キャラクターノベルズ) 単行本 – 1994/3

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
¥ 3,980
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

大東亜戦争も4年目に突入した年の瀬、横須賀港に沈黙したままの軍艦があった。時代に取り残されたといわれる超弩級戦艦『扶桑』である。そしてそれを見つめる男がひとり。大日本海軍提督・犬田文璽。彼も時代に取り残された存在だった。彼は『扶桑』と同じく活躍の場を失った『山城』、『伊勢』『日向』に「死に場所」を与えようと、極秘作戦を画策していた。それは行き詰まった戦局を打開する日本の最後の手段であったのだ。彼の元に組織からはみ出した無頼が集まった。アメリカ帰りの参謀・犬坂、次席司令官・犬村、天才飛行機乗り・犬飼、水雷屋・犬山、砲術屋・犬川、魚雷艇乗り・犬江、駆逐艦艦長・犬塚、そして次席参謀の金碗…。それぞれの思いが交錯するなか、四戦艦は太平洋へ乗り出す。物量で戦局をリードするアメリカ軍を相手に、はたして彼らは勝利を得ることができるのだろうか。戦艦マニアの著者が自信をもって描く迫力の海戦小説。読者興奮の歴史キャラクターノベルズ第2弾ここに登場。

内容(「MARC」データベースより)

大東亜戦争も4年目に突入した年の瀬、大日本海軍提督犬田は、時代に取り残された戦艦「扶桑」をはじめとする四戦艦に死に場所を与えようと、極秘作戦を画策していた…。戦艦マニアの著者が自信をもって描く迫力の海戦小説。


登録情報

  • 単行本: 245ページ
  • 出版社: 光栄 (1994/03)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4877190872
  • ISBN-13: 978-4877190873
  • 発売日: 1994/03
  • 梱包サイズ: 19.2 x 12.4 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 719,744位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(1)

トップカスタマーレビュー

2007年12月31日
形式: 単行本
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告