通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
推計学のすすめ―決定と計画の科学 (ブルーバックス... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 ayari24
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 稀少の古い商品のわりには、良い方です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

推計学のすすめ―決定と計画の科学 (ブルーバックス) 新書 – 1968/5/25

5つ星のうち 4.6 13件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 929
¥ 929 ¥ 164

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 推計学のすすめ―決定と計画の科学 (ブルーバックス)
  • +
  • 統計でウソをつく法―数式を使わない統計学入門 (ブルーバックス)
総額: ¥1,879
ポイントの合計: 58pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

教養としての推計学的考え方!
《決定の理論》合理的判断への道すじ
《カンと経験》当てになるかどうか?
《品質管理》無駄を出さない方法
《比較と判定》とちらが上か?
《原因と結果》本当に薬がきいたのか?
《世論調査》正しい結果を出すには?

著者について

1927年、三重県生まれ。東大農学部農芸化学科卒。国税庁醸造試験所で長年、酒類の官能テストの研究に従事し、同テストに推計学を導入したパイオニア。「必要にかられて勉強し、役に立つから使う」という実戦的立場から推計学に取り組み、理論や手順より、そのもととなる考え方をひろめ、正しく活用されることに情熱をもやしている。84年、醸造試験所所長を退官。現在、東大講師の他、民間企業のコンサルタントを務める。


登録情報

  • 新書: 213ページ
  • 出版社: 講談社 (1968/5/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4061177168
  • ISBN-13: 978-4061177161
  • 発売日: 1968/5/25
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 11.4 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 13件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 217,564位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
 学生時代に読んだ本を機会があって再読。改めて本書のすごさを感じた。

 本書は、数式が苦手(理解できない)人でも統計学が分かるように手助
けする本ではない(そんな本は残念ながらないと思う)。統計学の基本書
でなんとかかんとか数式や理論を勉強した(抽象的理解)のだけど、なぜ
そうなっているのかといった感覚的な理解(具体的理解)を手助けする
ための本になっている。

 現実的に統計学を適用するとき、各種手法を数学的に理解するために、
具体的なイメージをもてるかどうかで理解のスピードも違えば、応用で
きるかどうかもずいぶんと違っていくることを実感できる。

 巷には「数式を使わない統計学」とか「文系でも分かる確率論」などと
いった本があるけれども、タイトルどおりに本質的な部分を説明しきった
本にはお目にかかったことがない。本書は、そういう意味からしても群を
抜いた一冊だと思う。

 なんと、昭和43年の本。
かれこれ40年の歳月を経てもまだまだ現役でいられる内容。
多くの本が廃刊になってしまっているこの当時のブルーバックスシリーズ
の中で、この本は今でも売られ続けているのも当然だと改めて納得。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
この本の初版を見ると1968年となっている。なんと、40年近く前の本なのである!それでいて、今でもその内容は色褪せてない。いや、色褪せるどころか、コンピュータが身近になり、情報が溢れている現代になって、これまで以上に本書を読むことに価値があるとも思えるくらいである。

本書の内容は、推測統計学、もとい推計学の本とあって、各種検定に関する解説がほとんどである。

流れとしては、簡単な確率と正規分布(中心極限定理)から始まり、「t検定」や「χ^2検定」,「F検定」といった各種検定の話に入っていく。そして、分散分析や相関の話を挟み、最終的に「計画の科学」を解説して終わる。どの手法も具体例を挙げて解説されているので大変分かりやすい。また、解説の流れが秀逸であり、自然な流れで推計学を理解することできると思われる。

推計学という学問は、横断的な学問で、幅広い分野で活用できる。例えば・・・農学,生物学,医学,栄養学,マーケティング,生産技術・・・と挙げればきりがない。したがって、本書は、多くの人に有用な本であることは間違いない。

最後に一点だけ気になったこと・・・それは、本書には索引がないということ。これは、用語を調べようとするときに不便かもしれない。まぁ、そういった点を差っ引いても、本書はお勧めの一冊であるが…。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
統計学、推計学の草分け的存在であられるとか...。
統計学の本なのに縦書きです。

統計学のイロハを手順として教えてくれるのではなく、「なぜ、このような計算が必要なのか」という理屈を現実のお話に例えてしっかりと説明してくれています。

もちろん、本当に理解するためには簡単な数学の知識は必要です。しかし、ハウツー本のようなものではなく、理屈をきちんと教えてくれる本は少ないと思います。

良書です。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 るかに トップ500レビュアー 投稿日 2013/5/30
形式: 新書
「推計学(最近では推測統計学という表記が一般的)」という、
最近の本では目にしない言葉が気になって手に取りました。
ブルーバックスの本でもかなり古い方ですが、未だに絶版にならずに売れ続けているすごい本です。

最近の文系向け入門書のように「数式なしで...」という訳ではないですが
具体的なお話と共に、統計学・推測統計学の本質的な考え方を分かりやすく順序立てて説明しています。
数式についても、アルファベットやギリシャ文字による変数は控えめで、想定読者に親切な記述になっています。

とはいえ、あくまで索引などのない読み物ですので、入門書・教科書として別に最近の書籍が必要かと思います。
私の場合、
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す